【実機レビュー多数】4Kモニターの選び方・おすすめ機種まとめ

4Kモニターの選び方 おすすめ機種 解説

4K対応コンテンツを視聴したり4Kゲームをプレイするためには4Kモニターが必須。
また、仕事の効率を上げたい方画質の良いモニターでPC作業をしたい方にも4Kモニターはおすすめです。

当ページは、4Kモニターを何台も買い替えまくっている筆者が、

  • 4Kモニターの選び方
  • 具体的にどのモデルがおすすめなのか

について、初心者向けに分かりやすく解説します。

4Kモニターを初めて買おうと思っている方は、この記事を上から順に読んでみてください。
どんなことに気をつけて機種を選べば良いのか、どのモデルを買えば良いのかが一通り分かるようになっています。

すでに4Kモニターのイメージが分かっている方は、序盤の解説部分は読まなくてもOK。
解説のあとに4Kモニターのおすすめモデルを解説していますので、そちらが参考になるかと思います。

解説を飛ばしたい人はこちら

上からすべて読んでも3分ほどで読み切れる内容です。
4Kモニター選びで失敗したくない人はぜひ参考にしてくださいね。

目次

そもそも「4Kモニター」とは?

4Kモニターとは「解像度が3840×2160のモニターのこと」です。

4Kモニター 解像度 比較
解像度の比較

解像度の横幅が約4000なので、4Kモニターと呼ばれています。

画面の広さが魅力

4Kモニターのメリットは、なんといってもデスクトップ画面の広さ!

4Kモニターでの作業風景

4K(3840×2160)はフルHD(1920×1080)を4つ並べたのと同じ解像度なので、初めて4Kモニターを購入するとデスクトップの広さに感動するでしょう。

あと、文字や画像がクッキリ表示されるのも大きな魅力です。

通称画素数(横×縦)画素数(合計)
フルHD1920×10802,073,600
WQHD2560×14403,686,400
4K3840×21608,294,400
8K7680×432033,177,600
よくある解像度と画素数

フルHDモニターから4Kモニターに買い換えると、まるでガラケーからiPhoneに買い替えたかのような衝撃を受けるはず。
「今までのモニターは何だったの…?」と思ってしまうほど一気に画質が良くなりますよ。

PCへの負荷が高いのがデメリット

ただしデメリットとして、解像度の大きなモニターを接続するとPCに掛かる負荷は増えます。

どれぐらい重くなるかは使っているPCのスペックによって違うので一概には言えませんが、

動画編集ソフト・高負荷なゲームをフルスクリーン表示ハイスペPC必須
たまに4K動画を見る一番安いMacbook AirとかでもOK
エクセルを開いたりネットを見たり低スペPCでもOK

↑ざっくり書くとこんなイメージでしょうか。

▲参考になるサイトを見つけたのでリンクを貼らせていただきました。
4Kでゲームを起動すると、フルHDの3分の1程度までフレームレートが下がるタイトルもあるようです。

あとはAdobe Premiere Proのような動画編集ソフトも、4Kモニターでフルスクリーン表示するとめちゃくちゃ重いですね。

4Kモニターを使って重たい作業をする予定の方は、PCのスペックも合わせてアップグレードする必要があるかもしれません。

4Kモニターの選び方

ここからは4Kモニターの選び方をご紹介します。
初めて4Kモニターを買う人は、下記のポイントに気をつけて選べば失敗する確率がグッと下がるはずです。

画面のサイズ(インチ数)

4Kモニターは画素数がとても多いので、画面サイズはある程度大きいほうが使いやすいです。

人によって好みはあると思いますが、初めて4Kモニターを買う人は下記を表を目安に選んでみるのがおすすめ。

サイズどんな人におすすめ?
27インチ高精細な映りを楽しみたい人向け。ゲーム・写真・動画鑑賞に最適。
32インチ情報量重視の人向け。ウィンドウをたくさん並べるのに最適。
40インチ以上首が痛くなってもいいから大きな画面が欲しい人向け。
サイズ選びの目安

参考になる画像を用意したのでご覧ください。
これは27インチの4Kモニターを拡大なし(スケーリング100%)の状態で使っている様子。

PA279CV レビュー
27インチ4Kモニターを等倍で使っている様子

Google ChromeのURLバーの文字サイズが、iPhoneの電池残量「61%」の文字とほぼ同じ大きさですね。
画面に顔を近づけないとまともに読めないレベル!
このままだと文字が小さすぎるので、文字サイズを拡大する必要がありますね。

ですが、文字を拡大すると「あるデメリット」が生じてしまうんです。

それは、拡大倍率を上げれば上げるほど表示できる情報量が減ってしまうという点。
文字のサイズを拡大するということは、せっかくの広大な解像度をわざと狭めるという事になりますから。

「ウィンドウをたくさん並べて効率よく作業したい!」と思うなら、出来ればスケーリングは100%のままか、せいぜい125%ぐらいで運用したいところですね。

そのため、4Kモニターを買うなら最低でも27インチを買うことをおすすめします。
これより小さいサイズはスケーリングを150%や175%にしないとまともに文字が読めないからです。

4Kモニターの選び方 おすすめ機種 解説
筆者のデスク周り

▲ちなみに筆者が愛用しているのは32インチの4Kモニターです。
32インチならスケーリング100%でもちゃんと文字が読めますので、色々試してこのサイズがベストという結論に至りました。

ウィンドウをたくさん並べて作業効率を上げたい人には32インチを購入するのが良いと思います。

パネルの種類

PCモニターは液晶パネルの種類(駆動方式)によって画質や反応速度がぜんぜん違います。

自分の使い方に向いているパネルを選ぶことで、購入後の満足度が大きく変わってきますよ。

TNパネルの特徴

TNパネルは「遅延・残像が少なくてゲームに最適

TNパネルは応答速度が速い(遅延が少ない)という特徴があり、動きの早い映像やゲームをするのに最適です。

FPSやレースゲーなど、画面の動きが激しいゲームを遊ぶならTNパネルを選んでおけば間違いないです!

とはいえ、最近はIPSパネルを採用したモニターが大半を占めるようになってきました。
結局、万能型のIPSパネルが一番売れるんでしょうね。

USB-C接続に対応しているかどうか

Macを愛用している人にはUSB-C接続に対応した4Kモニターがおすすめ。

PA279CV レビュー

USB-C対応のモニターを使えば、MacbookのUSB-Cポートとモニターを直接つなぐだけでOK。
映像端子をつなぐためのアダプタを用意する必要がありません。

しかも「USB-C給電」に対応しているモニターの場合、モニターに繋いでいるケーブルからMacbookを充電することも出来ちゃうんです。

逆に言うと、USB-C接続に対応していないモニターをMacbookで使おうと思ったらUSB-CをDisplayPortかHDMIに変換するアダプタが必須で、映像出力とは別で充電用にケーブルをもう1本差さないといけません。ポートを2つ専有してしまいますし、配線周りがゴチャゴチャになって見た目も悪いです…

このように使い勝手に雲泥の差が出てしまうので、Macユーザーは「USB-C対応かどうか」を最重要視して選んでもいいくらいだと思います。

レビュアー厳選おすすめ4Kモニター

さてここからは、様々な4Kモニターをレビューしてきた筆者がおすすめする4Kモニターを紹介します。

用途に合わせて項目をわけて紹介していきますね。

MacユーザーにおすすめのUSB-C対応モデル

まずはUSB-C対応のおすすめ4Kモニターをご紹介します。
筆者のおすすめモデルは以下の4つです。

【おすすめのUSB-C対応4Kモニター

ASUS PA279CV

パネル27インチ IPSパネル
リフレッシュレート60Hz
応答時間5ms (GtoG)
入力端子USB-C x1
USB-C電源供給: 65W
DisplayPort 1.2 x1
HDMI(v2.0) x2
USB3.1 x4
イヤホンジャック: 搭載
おすすめポイントsRGB 100%とRec. 709 100%の広い色域をカバー
Calman Verified認証済みの優れた色精度 (∆E <2)
65WのPower Delivery対応のUSB-C
Adaptive-Sync(FreeSync)に対応
ピボット(縦モニター化)に対応
ブルーライトカットモードあり

【画質よし!コスパよし!迷ったらこれ

2020年末に発売されて以降、品薄が続いているASUSの人気商品。
sRGBカバー率100%という色域の広さと色精度の高さが特徴のクリエイター向けモデル。

簡単に言うと「発色がキレイなモニター」ですね!

USB-C 65W給電に対応しており、モニターに接続したMacbookを充電することが可能。おまけに特にUSBポートが4つも付いていて、モニターをUSBハブ代わりに使うことも出来るんです。

マウスやキーボードのアダプタをモニター側に接続しておけばMacbook側には何も繋がなくて良くなるので、配線がとてもスッキリしますね。

その割には価格は5万円台。
同様のスペックを他社で探すともう一回り価格が高くなるので、コスパはかなり優秀と言えます!
現時点で最もおすすめできる4Kモニターのひとつです。

レビュー記事も書いてます!

Dell U2720QM

パネル27インチ IPSパネル
リフレッシュレート60Hz
応答時間5ms (GtoG)
入力端子DPx1
HDMIx1
USB-Cアップストリームx1
USB-Cダウンストリームx1
USB3.0ダウンストリームx3
オーディオラインアウトx1
USB-C電源供給:90W
おすすめポイントVESA Display HDR 400対応
sRGBカバー率99%, DCI-P3カバー率95%
3年間無輝点交換保証
ピボット(縦モニター化)に対応
ブルーライトカットモードあり

【DisplayHDR400対応!保障の手厚さも魅力

DELLの高画質4Kモニター「U2720Q」のAmazon限定バージョン、U2720QMです。
性能はU2720Qと変わりませんが、Amazon限定モデルにだけHDMIケーブルが付属するのでちょっとだけお得!

このモニターはDisplayHDR400に対応しているのが特徴。
明暗差を繊細に表現する能力が高いので、映画やゲームを楽しむのに最適です。

USB-Cの給電能力は90Wで、さきほど紹介したASUS PA279CVよりも優秀!
ただしこちらはUSBポートが3つ。端子の数では少しだけ劣りますね。

ただしこのモニターには「3年間無輝点交換保証」という強力なおまけが付いてます。
3年間はドット欠けをしても無料で交換しますよーという内容なのですが、些細なドット欠けではそもそも交換に応じてくれないメーカーもあるので、これはかなり良心的なサービスだと思いました!

HDRの性能、保証の手厚さを重視する方におすすめのモニターです。

BenQ EW3280U

パネル32インチ IPSパネル
リフレッシュレート60Hz
応答時間5ms (GtoG)
入力端子USB-C x1
USB-C電源供給: 60W
DisplayPort 1.4 x1
HDMI(v2.0) x2
イヤホンジャック: 搭載
おすすめポイント4K HDR10対応 / BenQ独自のHDRi技術搭載
輝度自動調整機能B.I.+
高音質 2.1ch treVolo スピーカー内蔵
音量調節ダイヤル付き
リモコン付き
AMD FreeSync対応

【アイケア機能が充実。便利なリモコン付き

32インチの4Kモニター「EW3280U」はアイケア機能が充実した4Kモニターです。
ベゼル中央に搭載された明るさセンサーが特徴的。

部屋の明るさに応じて輝度を自動的に調節してくれる「B.I.+」という機能を搭載。部屋が明るいときには明るく、暗いときには暗く…を自動的に調整してくれるため、眼精疲労が少ないと感じました。

また、「HDRi」というBenQ独自のHDR強化システムにも対応。これは部屋の明るさやコンテンツ自体の明るさを自動で調節し、常に最適な視聴環境を維持してくれるという機能です。この機能を使ってPC版デス・ストランディングを4Kでプレイしたときは、あまりの綺麗さに鳥肌が立ちました…!

PCモニターには珍しくリモコンが付属しているのも魅力。
リモコン付きモニターって意外に少ないんですよ。

レビュー記事も書いてます!

EIZO FlexScan EV3285-BK

パネル31.5インチ IPSパネル
リフレッシュレート60Hz
応答時間5ms (GtoG)
入力端子HDMI2.0 x2
DisplayPort1.4 x1
USB Type-C x1
おすすめポイントUSB-C 60W給電対応
目に優しいフリッカーフリー仕様
ブルーライトカット機能あり
周囲の明るさに応じて輝度を自動調整するEcoView機能
HDCP2.2対応
Screen InStyle対応
国内工場で1台ずつ色調整して出荷
スペック情報

【圧倒的信頼性!国産高品質モニター】

EIZOといえば、日本を代表するディスプレイメーカーです。
公式サイトの導入事例を見れば、いかに世界中から信頼されているのかが分かりますね。

さて、このモデルはIPSパネルを採用した高画質な4Kモニターで、USB-C 60W給電にも対応しているモデルです。

特徴としては…なんとゲーム向け機能が一切付いていません!

その代わりブルーライトを最大80%カットできる機能や、周囲の明るさに応じて輝度を自動調整する機能など、とにかく「目に優しく作業をする」ことに特化しているモニターですね。あとはなんと言ってもEIZO製なので、言わずもがな画質は極上です!

また、Screen InStyleというEIZO独自のソフトウェアに対応しているのもポイント。
アプリごとに別々のカラープロファイルを適用したり、ワンタッチで入力端子を切り替えることができたり、家で使うというよりはどちらかと言うとオフィスで使うのを想定したような機能が満載です。

仕事用に”ちゃんとしたモニター”が欲しい人は、ぜひEIZOを手に入れてみてください!

EIZO
¥142,627 (2021/04/12 01:45:17時点 Amazon調べ-詳細)

PS4Pro/PS5におすすめのゲーミングモデル

ここからはPS4ProやPS5を遊ぶのに最適なゲーミング4Kモニターをご紹介します。
筆者のオススメは以下の3モデル。

【おすすめゲーミング4Kモニター】

BenQ EW2870U

パネル27.9インチ TNパネル
リフレッシュレート60Hz
応答時間1ms (GtoG)
入力端子HDMI2.0 x2
DisplayPort1.4 x1
おすすめポイントHDRモード搭載
AMD FreeSync対応
ブルーライト軽減機能あり
輝度自動調節機能あり

【4Kデビューに最適!シンプルだけどコスパが優秀】

TNパネルを採用した応答速度に優れた4Kモニターです。
HDRにも対応しており、PS4Pro、PS5を美麗グラフィックで遊びたい人にはうってつけのモデルですね。

ブルーライトカット機能が搭載されているので、普段のPC作業も目を労りなら行うことが出来ます。

とはいえ、この製品の最大の魅力は価格の安さだと思います。

PS5本体よりも高い4Kモニターを購入するのはなかなかハードルが高いですし、ゲーム機で使うだけならゴチャゴチャと色んな機能が搭載されていてもほとんど使わないと思います。

なので、機能はシンプルだけど価格が安く、なおかつレビュー評価も高いEW2870Uはゲーム用4Kモニターとして最適だと思います!

コスパよく4Kデビューしたい人におすすめです。

ベンキュージャパン
¥38,181 (2021/04/12 01:45:18時点 Amazon調べ-詳細)

Dell S2721QS

パネル27インチ IPSパネル
リフレッシュレート60Hz
応答時間4ms (GtoG)
入力端子HDMI2.0 x2
DisplayPort1.4 x1
おすすめポイント目の疲れを防止するフリッカーフリー仕様
ブルーライト軽減機能
Dell Display Manager対応
スペック情報

【画質重視モデル。グラフィックの綺麗さを堪能できる】

IPSパネルを採用した画質の良い4Kモニターです。
HDRには対応していませんが根本的なパネルの色合いが綺麗なので、HDR非対応ゲームをプレイするならむしろ先ほど紹介したEL2870Uよりも画質がいいです。

ただしその代わり応答速度が4msと少し遅めなので、FPSやレースゲームをプレイすると映像のちらつき(残像)がきになるかもしれません。

また、Dell Display Managerというユーティリティソフトに対応しているのもポイント。
これはウィンドウの配置を補助してくれたり画面の輝度や色合いをPC上から操作することができるソフトで、複数のウィンドウを画面上に綺麗に配置して効率よく作業を進めたい人には重宝するでしょう。

価格が安いのも魅力ですね!

Dell
¥36,800 (2021/04/12 00:57:55時点 Amazon調べ-詳細)

Asus ROG STRIX XG27UQ

パネル27インチ IPSパネル
リフレッシュレート144Hz
応答時間1ms (MPRT)
入力端子HDMI2.0 x2
DisplayPort1.4 x2
USB3.0(1U2D)
おすすめポイントAMD FreeSync対応
NVIDIA G-Sync Compatible対応
HDR10対応
DisplayHDR400対応
DCI-P3カバー率90%の色域
ブルーライトカット機能あり
フリッカーフリー仕様
映像のブレを抑制するExtreme Low Motion Blur技術
入力遅延をなくすGameFast Input技術
暗所を明るく補正表示するShadow Boost機能
スペック情報

【最強のハイエンド!その分PCスペックのハードルも激高】

4Kモニターでありながらリフレッシュレート144Hzに対応したモンスターモデルです!

G-SYNC Compatibleにもしっかり対応。
GeForceグラフィックボードを搭載したゲーミングPCで4Kゲーミングを楽しむのに適していますね。

それ以外にもFPSやレースゲームに役立つ映像のブレ防止機能や、遅延抑制機能などなど…ゲーマーに役立つ機能がこれでもかと搭載されています。

それでいて価格は10万円前後。
スペックを考えると別に高くはない…というかむしろ安いのではないでしょうか?
ベゼルが太くてデザインがちょっと無骨なので、外装デザインに掛ける予算を削って内部性能に振り切っているのかもしれませんね。

ただしこのモニターのポテンシャルを活かすためには、RTX3000番代のグラフィックボードを積んだゲーミングPCを持っているのが必須条件になるでしょう。

4Kで144fpsなんて、そんじょそこらのPCじゃ動かせません…w

まとめ

4Kモニターの選び方 おすすめ機種 解説

この記事のまとめ

  • 4KモニターはPCへの負荷が大きいが、作業性が格段に上がる!
  • 買うなら27インチ以上のサイズがオススメ
  • パネルの種類は、迷ったらIPSパネルにしておけば間違いない
おすすめモデルまとめ

Macに最適なUSB-C対応4Kモニター

PS4Pro/PS5に最適なゲーミング4Kモニター

4Kモニターの選び方と、筆者おすすめのモデルをご紹介しました。

ぼくがはじめて4Kモニターを買ったときは、画質が飛躍的に向上したことに感動したことをよく覚えています。

ぜひ4Kモニターの画質を体感してみてください!

おまけ:4Kモニターに関する疑問に答えます

当ブログのコメント欄や筆者のTwitterにはちょくちょく質問が寄せられるのですが、その中で特に頻出する質問を以下にまとめてみました。

気になる疑問があれば、開いて読んでみてくださいね!

4Kモニターをもっと深く知りたい人向けの関連記事

この記事は「4Kモニターがどんなものかザックリと分かる」というコンセプトで書いてみました。

そのため細かい部分については、説明が不十分なところもあったかと思います。
もし、もう少し詳しく知りたかったな…という方は、下記の記事を参考にしてみてください!

サイズ別のおすすめ機種

24インチの4Kモニターってどうなの?モニターオタクが注意点を解説

27インチ4Kモニターのおすすめ機種ランキング【注意点あり】

【2020年】32インチのおすすめ4Kモニターを3つ厳選してみた

40インチ4Kモニターのおすすめ機種ランキング【デカすぎ注意】

機能別のおすすめ機種

【高画質】HDR対応4Kモニターのおすすめ機種ランキング

【Macに最適】USB-Cケーブル1本で給電も可能な4Kモニターおすすめ3選

【2020年】ゲーミング4Kモニターのおすすめランキング【TOP3】

144Hz駆動の4Kモニターおすすめランキング【注意点あり】

【2020年】PS4 Proに最適な4Kモニターおすすめランキング【4万円から】

4Kモニターを賢く使う方法

【簡単】4Kモニターできれいにウィンドウを分割表示する方法

「低スぺPC+4Kモニター」でFF14をプレイする方法【GTX1060で快適】

「4Kモニター文字小さい問題」を解決する絶妙な設定思いついた

32インチ4Kモニターでデュアルモニターやってみた。EW3270Uの2か月レビュー。

【注意点あり】モニターアームの選び方 & おすすめ機種を厳選したよ

関連記事

4Kモニターの選び方 おすすめ機種 解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットブロガーのKessyです。
デスク周りが快適になるガジェットが大好物。
初心者でもサクッと理解できるような分かりやすい記事を書くように心がけています。

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる