40インチ4Kモニターのおすすめ機種ランキング【デカすぎ注意】

4Kモニター 40インチ

4Kモニターを買おうと思うんだけど、思い切って40インチくらいにしようかな…

大きな買い物だから、失敗したくない…

詳しい人の意見を聞きたい…

 

そんな人のための記事です。

ちなみに、モニターに「40インチ」というサイズはあまりなく、「43インチ」が多いです。

なのでこの記事も「43インチの4Kモニター」について書いてます。

 

ぼくは半年ほど前に32インチの4Kモニターを買ったのですが、正直「思い切ってもっとデカいのにしとけばよかったな〜」と思う場面も多々あります…w

そんなぼくが思う「43インチの4Kモニターのメリット」みたいな考察を交えつつ、実際に4Kモニターを買ったからこそ分かる意見を反映させた「おすすめ機種ランキング」も書いていこうと思います。

40インチの4Kモニターを買おうか検討している」という方の参考になれば幸いです。

43インチの4Kモニターはどのくらいデカい?

43インチってモニターというよりもはやテレビですが、実際どれくらい大きいか知っていますか?

モニターで言う43インチとは「ヨコ95.02cm、タテ53.52cm」の大きさのことで、画面部分だけでこの大きさがあります。

モニターのスタンド部分も大きさに含めると、だいたいタテは70cmを超えますw

モニター サイズ 比較

▲図で説明するとこんな感じになります。13インチのMacBook何台分だよ…もはや数えたくないです。

控えめに言ってクソデカいので、一般的なPCデスク(幅120cm)だと、モニターを置いたらその左右には何も置けません

PCスピーカーを設置している人だと、机を変えるなり、スピーカースタンドを導入するなりの対策が必要になってしまいますね…。

そのくらいの大きさなので、購入する際にはまず「自分の部屋に置けるのか」をよくシミュレーションしておく必要がありますね。

40インチ4Kモニターならではのメリット

拡大表示しなくてOK→作業スペースの広さを100%享受できる。

フルHD 4K 比較

ぼくは32インチの4Kモニターを持っているのですが、32インチですらOSの文字サイズを拡大なしで表示していると字が小さいと感じます。

しかし安易にOSで拡大表示すると、UIすべてが拡大されるのでせっかくの広い作業スペースが狭くなるというデメリットがあり、悩ましいんですよ…。

その点、43インチって単純に「21インチのモニター4枚分くらい」の大きさがあり、このくらい大きければ文字サイズは拡大しなくても十分見えると思います。

つまり作業スペースの拡大を狙って4Kモニターを買う場合、40インチ前後が一番効率がいいです。

50インチだと今度はでかすぎて見上げる感じになってしまうと思うので。

ぼくは「拡大したら負け」だと思って、半ば意地で拡大表示せずに32インチ4Kモニターを使っていますが、40インチにしとけばよかったなぁ…と週に1回くらいは思っていますw

40インチ4Kモニターならではのデメリット

デカくて重い

▲例えばこういったPCデスクとかだと、モニターがデカすぎて多分置けないです。

それに重量10キロを超えてきますので、デスク天板の反りに注意したり、モニターアームの耐荷重に注意したりする必要が出てきます。

多くの場合、今までの環境のままポンッとモニターだけ交換…というわけにはいかなそうですね。

 

以上のメリット・デメリットを理解した上で、「それでも40インチの4Kモニターが気になる」という方は、以下のおすすめ機種ランキングをご査収ください!

40インチ4Kモニターのおすすめ機種ランキング

第1位:Acer DM431Kbmiiipx

このモニターの特徴

  • 43インチIPSパネル
  • 応答速度:5ms
  • HDR10対応
  • 入力端子:D-Sub x1、HDMI1.4 x2、HDMI2.0 x1、DisplayPort x1
  • フリッカーフリー対応
  • ブルーライトカット対応
  • VESAマウント対応
  • リモコンあり

Acerのこちらは、応答速度5msHDR10対応と、ゲーミング映画鑑賞にも十分使えるスペックを備えています。

43インチ級の大きさだと、視野角の広さが重要になってきます。

TNパネルだとおそらく色変化が酷すぎると思うので、IPSパネルは必須ですね。

大きな4Kモニターで、全力で趣味を楽しみたい」という方にピッタリのモニターです。

第2位:IODATA EX-LD4K431DB

アイオーデータ EX-LD4K431DB [4K対応43型(可視領域42.5型) ワイド液晶ディスプレイ]

このモニターの特徴

  • 43インチADSパネル
  • 重量:9.1kg
  • 最大消費電力:115W
  • 応徳速度:8ms(オーバードライブ時6ms)
  • 入力端子:D-Sub x1、HDMI x3、DisplayPort x1
  • フリッカーフリー機能あり
  • リモコン付き
  • VESAマウント対応

「IODATA版のIPSパネル」こと「ADSパネル」を採用した43インチの4Kモニターです。

IPSパネルはLGの商標なので、ライセンス料を払わない場合は名称をずらす必要があるみたいですねw(その分安いので良し)

大きさの割に軽く、VESA穴も空いているのでモニターアームも問題なく使用できます。

ただし、応答速度が若干遅めでHDR10機能もついてませんので、ゲームにはあまり向かなそうです。

とはいえ、この値段で43インチの4Kモニターが手に入るのはコスパが高すぎますねw

あと地味に「リモコン付き」というのもポイントが高く、モニターの設定ボタンってだいたいめっちゃ押しにくいところにあるので、長く使うならリモコン付きのほうが絶対にいいです!

色再現性やゲームのグラフィックはそこまで重要じゃない」という方には、むしろこちらが最適解かなと思います。

第3位:フィリップス 436M6VBRAB/11

このモニターの特徴

  • 42.51インチMVAパネル
  • 重量:12.72kg
  • 最大消費電力:180W
  • 応答速度:8ms(SmartResponse時:4ms)
  • 入力端子:D-Sub x1、HDMI2.0 x2、USB Type-C x1、DisplayPort x1
  • HDR10、DisplayHDR400対応
  • フリッカーフリー対応
  • リモコン付き

DisplayHDR400というVESAが策定したHDR規格に対応したモニターです。

HDR400というのは規格の中でも最もベーシックなランクなので特別凄いというわけではないのですが、それでも外部機関が定めた基準に沿って作られたモニターというのは、表示される色に「お墨付き」があるということなので、ゲームや映画本来の色味を安心して楽しむことが出来ますね。

ただその分、消費電力180Wと高めです。…でもこれは、「USB-C端子対応」というのが関係しているのかもしれません。

USB-C端子対応って、つまりモニターでMacBookが充電できる(ケーブル1本で映像出力+充電に対応)ということです。

ぼくはMacBook Proを使用しているので、モニターから電源が取れるってめっちゃソソられます…!

キレイな映像にこだわりたいMacBookユーザー」の方には特におすすめですね。

アップルが公式で提唱している5Kモニターはいくらなんでも高すぎですので…w

まとめ:43インチ4Kモニターを買う際は、ちゃんと置けるかよく確認しよう

なんせ横幅1m級のモニターです。

箱も当然デカいですので覚悟しときましょうね…w

購入することを決断した方には、これまでにない最高の作業効率を提供してくれるモニターですので、「置ける…置けるぞ…!」という方は是非検討してみてください。

 

では今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

記事内で紹介したモニターリスト

 

【関連記事】【2019年】4Kモニターの選び方・おすすめ機種まとめ

4Kモニターの選び方 完全ガイド【2019年】4Kモニターの選び方・おすすめ機種まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください