4Kモニターは32インチが使いやすいよ → 理由を解説・おすすめ機種を紹介

4Kモニターは27インチ~42インチぐらいが主流だけど、最もバランスがいいのは32インチだ。

よく4Kモニターの便利さを例えるときに「フルHDモニター4枚分の情報量です」なんて言うけど、27インチの4Kモニターは文字が小さすぎるので拡大表示が必須になる。だから実質的にはフルHDモニター4枚分の情報量なんて表示できない。

その点32インチは拡大表示をしなくてもちゃんと文字が読める。4K解像度をフル活用して広いデスクトップで作業をしたいなら、32インチ以上の大きさを買うべきだ。

当記事は、そんな32インチ4Kモニターのおすすめモデルをランキング形式で紹介する。

目次

32インチ4Kモニターが使いやすい理由

PA279CV レビュー
27インチ4Kモニターの文字サイズ

27インチの4Kモニターは「等倍」で使うのがほぼ不可能。
4Kの良さを活かすには最低32インチは必要。

上記は27インチ4Kモニターを等倍(拡大表示オフ)で使っている様子。
iPhoneの電池残量の文字「61%」と、ブラウザのURL欄「google.com/~~」の文字がほぼ同じ大きさなのが分かるだろうか。こんな小さい文字、よほど視力がよくない限り画面に思いっきり近寄らないとまともに読めない。

なので27インチの4Kモニターは「拡大表示」がほぼ必須になってしまう。

でも当たり前だけど、表示を拡大すればするほど「画面に表示できる情報量」は減ってしまう。

  • 文書を大量に表示したい
  • 動画編集ソフトをもっと広い画面で使いたい
  • 株のチャートを大量に並べたい

このような目的で4Kモニターを検討してるなら、拡大表示をするなんてのは解像度を下げるに等しい行為。せっかく4Kモニターを買っても拡大なんてしたら実質的な作業エリアは狭くなってしまう。

広大なデスクトップで悠々と作業したいなら、拡大しなくても文字が読める32インチ以上がマストだと思ってほしい。

32インチ4Kモニターのデメリット

27 32 compari 1

32インチのデメリット

  • 机が狭いと置けない
  • ゲームをするときは画面が大きいと不利

とはいえ、32インチはPCモニターにしてはかなり巨大だ。いくら便利でもデスクに置けなければ元も子もない。なのでまずは上記の画像を参考に「置けるかどうか」を測ってみてほしい。

あとはゲーマーも要注意。FPSのようにどこから敵が来るのかをキョロキョロ探すようなゲームだと、32インチは視線移動が大きすぎて疲れるだろう。ゲームの快適性を重視するなら27インチのほうがおすすめだ。

つまるところ、32インチ4Kモニターは「仕事・作業を快適にしたい人向けのサイズ」だと思ったほうがいいかもしれない。

もし今「27インチのほうがいいかも…」と感じたなら、無理に32インチを買う必要はない。27インチの4Kモニターは下記で解説しているので、よければ参考にしてほしい。

おすすめの32インチ4Kモニターランキング

ここからは32インチ4Kモニターのおすすめモデルをランキング形式で紹介する。

画質・応答速度・コスパ・接続性・デザインの5項目で現行機種を比較した結果、おすすめランキングTOP3は以下の結果となった。

第1位「BenQ EW3280U」

ew3280u graph

HDR系の機能が充実したモデル。ゲームや映画などのエンタメ用途に特化してるけど、USB-C対応なのでMacbookでも使える万能機。当ブログでもレビューしてるけど、HDRをオンにしてPC版デス・ストランディングをプレイした時は画質の良さに鳥肌が立った…。しかも部屋の明るさに応じて自動で輝度を調節してくれる「明るさセンサー」が搭載されていて目にも優しい。攻守最強。

« EW3280Uのレビュー記事をチェック

スクロールできます
画質IPSパネル
sRGBカバー率100%
DCI-P3カバー率95%
応答速度5ms(GtoG)
コスパAmazon価格:92,727円
3年間保証サービス付き
接続性HDMI2.0 x2
DisplayPort1.4 x1
USB-C(60W給電可能)
オーディオ端子 x1
デザインブロンズ系の色味が渋いデザイン
リモコンで操作できる
総合評価

第2位「ASUS VP32UQ」

vp32uq graph 1

色合いの良さが特徴のモデル。sRGBカバー率はなんと100%!入出力端子の少なさや、便利機能の少なさは気になるが、そのぶん性能のわりに価格が安い。円安の影響で値上げする商品が多い中、5万円台でこの品質は明らかにお買い得。シンプルでコスパの良い機種を探している人におすすめ。

« VP32UQのレビュー記事をチェック

スクロールできます
画質IPSパネル
sRGBカバー率100%
DCI-P3カバー率96%
応答速度4ms(GtoG)
コスパAmazon価格:55,182円
3年間保証サービス付き
接続性HDMI x1
DP x1
オーディオ端子 x1
デザイン黒一色のシンプルなデザイン
ジョイスティック1つですべての操作が完結する
総合評価

第3位「LG 32UN500-W」

32un500 w graph

1位、2位には劣るけどそこそこ画質も綺麗。何より32インチ4Kモニターの中では最強に低価格なので初心者におすすめ。HDRにも対応しており、ゲームや映画を楽しむだけなら十分な性能。LGは保証内容がショボいのがネックだが、そのぶん価格が非常に安いので仕方ない面もあるかなと。

スクロールできます
画質VAパネル
sRGBカバー率99%
DCI-P3カバー率90%
応答速度4ms(GtoG)
コスパAmazon価格:45,800円
3年間保証サービス付き(ドット欠けは保証外)
接続性HDMI2.0 x2
DisplayPort1.4 x1
オーディオ端子 x1
デザイン白を基調とした清潔感のあるデザイン
総合評価

まとめ

VP32UQ 部屋に設置してみた様子

4Kモニターを買うなら表示スケール100%のまま使える32インチが便利。

ちなみに筆者は1位のEW3280Uが個人的にも好き。仕事もゲームも万能にこなせるので、これを手に入れてからステイホームが苦じゃなくなった。今の時代にピッタリだ。

ランキングをもう一度振り返りたい人は下記のリンクからどうぞ。

» ランキング1位へ戻る

32インチに限らず、4Kモニターの総合的なおすすめモデルが知りたい方は下記の記事を参考にしてほしい。

この記事をSNSでシェアする

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次