【違いを解説】HDMIとDisplayPort、どっちが良い?→迷ったらHDMIがいいよ

hdmi displayport 違い

HDMI と DisplayPortって、どう違うの?

どっちが良いとかあるの??

 

という方のために、技術的な話は抜きにして、簡単に違いを解説します。

結論から言うと性能以外に決定的に使い勝手が違うポイントが1つだけあり、

  • PCをスリープにして、席を離れることがある人。
  • モニターの電源だけ切って、席を離れることがある人。

上記に当てはまる人は、HDMIを使うのをおすすめします。

その理由は、これから解説していきますね。

HDMIとDisplayPortには、決定的な違いが1つある

HDMI DisplayPort 違い

HDMIとDisplayPort。
どちらもPCとモニターをつなぐケーブルで、フツーに使っている限りは性能的に差を感じることはありません。

じゃあどっちでも良いよね?

と思うかもしれませんが、決定的に違う部分が1つだけあります。

それは、

  • DisplayPort:モニターの電源を切ると、PCとの接続が失われる
  • HDMI:モニターの電源を切っても、PCとの接続は生きたまま

という違いです。

DisplayPortを使っている方は、あぁ、そういうことだったの…と気づいた方もいるかもしれません。

では、このDisplayPortの性質がどういう不便を巻き起こすのか、いくつか例を上げていきます。


DisplayPortの不便なところ

DisplayPortの「モニターの電源を切ると、PCとの接続が失われる」という仕様がどのような不便を巻き起こすのか。
分かりやすい例を3つ挙げていきますね。

モニターの電源を切ると、ウィンドウの配置が勝手に変わる。

離席するときにパソコンをつけっぱなしにしてモニターの電源だけ切る人、いますよね?

そういう人は要注意です。

DisplayPortで接続されたモニターは、電源をオフにした瞬間にウィンドウの配置がリセットされます。

どういう事かというと、例えば下記のようにウィンドウを配置していたとしましょう。

これが…

このように頑張ってウィンドウを並べても、一度モニターの電源を切って再度電源をオンにすると…

こうなる!

こんな感じで、勝手に配置が変わります。
要するに、モニターの電源を落とした瞬間にウィンドウの配置情報がリセットされてしまうのです。

これ、地味に不便なんですよ…。

ぼくも初めはなんでこうなるのか原因が分からず…めちゃめちゃググってようやく原因を掴みました。
DisplayPortがおイタをしていたのです。

特にモニターを何枚も使っている場合はひどいですよ。

全部のウィンドウが1枚目のモニターに集まります。

モニターの電源を切ると、DirectXを使っているアプリが落ちる。

ゲーマーの人は要注意です。

DisplayPortで接続されたモニターは、電源をオフにするとDirectXで動いてるアプリが落ちます。

ぼくがプレイしているFF14というネットゲームがまさにそうで、ちょっと離席すると何故か毎回クライアントが落ちてたんですよね…。

んーなんでだろう…放置しちゃだめってことかな…。

とか色々考えていたのですが、調べてみるとこれもDisplayPortの仕業とのこと。

MMORPGなどをよくプレイする方は、ゲームをつけっぱなしにしたままお風呂に入ったりコンビニに行ったりすると思います。

そういう人は、ディスプレイの電源を付けっぱなしにするか、もしくはHDMIケーブルを使うのをおすすめします。

モニターの電源を切ると、デスクトップアイコンの配置すらもデタラメになる。

ウィンドウの配置がリセットされるという点で察した方もいるかも知れませんが、デスクトップアイコンを変則的な置き方にしている人も注意が必要です。

DisplayPortで接続されたモニターは、電源をオフにした瞬間、デスクトップアイコンが全部左寄せになったりします。

よし、ぼくが考えたさいきょうのアイコン配置がついに完成したぞ!

これもまた、一旦モニターの電源を落としてしまうと…

おいーーーー!!なめてんのかーーーー!!!

言わずもがなですが、複数のモニターを使っている場合は、全部のアイコンが1枚目のモニターに集まります。

ただし、100%発生するわけではないみたい

ただし、DisplayPortを使っているからと言って上記のような不具合が必ず発生するかというと、そういうわけでも無いみたいです。

実際ぼくの環境でも、その日によってウィンドウがリセットされたりされなかったり、ゲームのクライアントが落ちたり落ちなかったりします。

まぁ…だからこそDisplayPortの不具合だと気づくのが困難なんですけどね。
(あれ?とは思っても、見過ごしている人が大半だと思う)

DisplayPortの不具合を何とかする方法

DisplayPortの不具合

DisplayPortが不便なのは分かったが、どうしてもDisplayPortを使わねばならない事情があるのだ…

という方のために、DisplayPortの不便さを解決できる手法をいくつかご紹介します。

  1. DisplayPortの端子を分解してホットプラグ信号がオフにならないように改造する
  2. ホットプラグ信号を維持する改造を施した中継アダプタを買う
  3. ウィンドウ情報がリセットされないようにレジストリを改変する
  4. DisplayPortの不具合に対応したモニターを買う

ちなみにぼくは以前、ヤフオクで怪しい中継アダプタを購入したことがあります。
が、やはり手作り品なので数ヶ月したら壊れてしまいました。

というか、たまたま優良な販売者さんから購入できたから良いものの、改造品なのでPCが壊れても自己責任です。
変なウィルスや盗聴器が仕込まれたアダプタを掴まされる可能性がゼロとは言えませんし、あまり人におすすめできる方法ではありませんね。

書いておいて恐縮ですが、1〜3番の対策は、言ってしまえば付け焼き刃的な方法。
「運が良ければ」ウィンドウが再配置されなくなるかもしれない…
程度の荒治療だと思ってください。

一番確実な対策:対策されたモニターを買う

安全かつ確実に対策をするなら、HDMIで接続するか、もしくは4番の「DisplayPortの不具合に対応したモニターを買う」しか方法はありません。

取り急ぎググってみた情報だと、EIZOのFlexScanシリーズとColorEdgeシリーズには「Compatibilityモード」というDisplayPortの不具合を無効化する機能が付いているみたいです。

EIZO以外のメーカーにも対策モニターはあるようですが、メーカー各社の公式ホームページを見た程度では特定できませんでした。
当記事をここまで読んで、「えっ?何のこと?DisplayPortでつないでるけど、そんな不具合に遭ったことなんてないよ」という方は、運よく対策モニターを使っているのかもしれません。


なぜ世の中のグラボはDisplayPortばかり積んでいるのか?

ここまで読んでくれた方なら薄々気付いてるはずですが、DisplayPortはHDMIよりも使い勝手が悪いですよね。
HDMIにはこんな不具合ないんですから。

ではなぜ世の中のグラボやモニターはDisplayPort端子ばかり搭載しているんでしょうか…
その理由は、Wikipediaに書いてありました。

HDMI規格を採用するためには、年会費およびロイヤリティ(使用料)を支払う必要がある[21]。HDMIはそれ自体がHDMI Licensing, LLCの登録商標(日本の商標登録番号はそれぞれ第4768872号、第2664032号ほか1件)である。

年会費:参加企業は年間販売台数が1万台以上の企業は年間10,000米ドル、年間販売台数が1万台未満の企業は年間5,000米ドル(なお、2006年7月以前は年間15,000米ドルだった[22])
ロイヤリティ:一製品あたり0.15米ドル
HDMIロゴ表示により0.05米ドルに値下げ
HDCPに対応させた場合は、さらに0.04米ドルに値下げ
製品に課されるロイヤリティは部品単位ではなく、最終製品に対して課金される。例えば液晶テレビを製品として売る場合、同梱のケーブルメーカーやHDMIのICメーカーはロイヤリティを支払う必要はなく最終製品を売る液晶テレビのメーカーがロイヤリティを支払うことになる。ケーブル単体を最終製品として売る場合は、ケーブルを売るメーカーがロイヤリティを支払う。

Wikipedia「HDMI #年会費とロイヤリティ」より引用

要約すると、HDMIポートを搭載するためにはHDMI Licensing, LLC兄貴にみかじめ料を払わないといけないというわけですね。

では、DisplayPortはどうでしょうか。

ライセンス料が必要なHDMIに対して、VESAはDisplayPortを無償で使用できるように策定していた[5][2]。2015年になってMPEG LA社がDisplayPortライセンスを策定しライセンス料の支払いを要求している[6]がVESAは認めていない[7]。VESAの公式サイトのFAQによれば、2017年10月現在、ライセンス料は支払われていないようである。
MPEG LAのプレスリリースによれば、MPEG LAライセンスプールの一つ以上の特許が含まれている地域で製造または販売された場合、1製品当たり0.20ドルのライセンス料が発生するとしている[6]。2015年9月現在、MPEG LAのライセンスには日立マクセル、Philips、ラティスセミコンダクター、Rambus、Sonyの特許が含まれる[8]。
またDisplayPortはケーブルの両端に制御ICが必要なため、ケーブルの製造コストはHDMIより高い。
DisplayPort規格は無料で利用できるが、規格へのアクセスにVESAの会員資格を必要とし[9]年会費は安い場合で5,000ドルである。

Wikipedia「DisplayPort #特徴」より引用

DisplayPortを提供しているVESAという団体はライセンス料を求めていませんが、MPEG LAという特許屋さんに目を付けられるとそちらにライセンス料を払う必要があるみたいです。

とはいえ、必ずライセンス料を払わないといけないHDMIと比べると、恐らく使用料金は安いのではないでしょうか。

ぼくは製造業界のことを知らない完全に外野の人間ですが、個人的にはこのライセンス周りのゴタゴタのせいでHDMIが少ないのでは…と思っています。

まあこの手の既得権益を無くすのは無理だと思うので、だったらDisplayPortさん仕様変更してくれないかなあ…と願うばかりですねw

まとめ

AFK

当記事の内容を簡単にまとめるとこんな感じです。

  • スリープ機能をよく使う
  • モニターの電源だけ落としてよく離席する
  • ↑に当てはまる人は、HDMIを使ったほうが良い

最新の規格(HDMI2.1 / DisplayPort1.4)同士なら性能的にも互角です。

グラボにDisplayPortの端子しか付いてない…などの事情がない限り、HDMIにしておいたほうが無難でしょう。

 

【関連記事】【2020年】4Kモニターの選び方・おすすめ機種まとめ

【関連記事】【2020年】ゲーミングモニターの選び方を解説 & おすすめ機種まとめ!

4Kモニターの選び方 完全ガイド【2020年】4Kモニターの選び方・おすすめ機種まとめ

5 COMMENTS

Yura

DPの問題は、決して簡単に解決できるものではないことがよくわかりました。
ただし、グラフィックボードは、そんなDPの端子をやたら沢山積んでくるんです。
HDMI 1個に対して、DP 3個なんてざらですよ。
HDMI 2個とDP 2個の優等生もありますが少数派です。
DPってなぜ廃れないんですかね?

返信する
keshizumi

Wikipediaによると、HDMIポートを自社製品に搭載したい企業は、HDMI Licencing, LLCという会社にライセンス料と年会費を払わないといけないそうです。
その使用料が「1個体/1ポートごとにいくら」みたいな従量課金制らしく、それがHDMIポートが少ない原因だと思われます。

ちなみにDisplayPortはVESAという団体が無償で解放しているため、特にどこかにお金を払う必要はないみたいです。

カエル

この記事では説明されていませんでしたがDP端子の場合240hz以上を出せるのですがHDMIの場合120hzまでしか出せないのです。なので家庭用のゲーム機等ではHDMIが使われ240hzまで出せるハイエンドPCではDP端子が使われているのではないかと思います

返信する
Kessy

HDMI 2.0 / 2.1なら1080p 240Hzに対応しています。
(ソース→ https://en.wikipedia.org/wiki/HDMI#Refresh_frequency_limits_for_standard_video

ただしグラボ・モニター・ケーブルのすべてがHDMI 2.0に対応している必要があるので、確かにDPよりも仕様的に敷居が高いと言えるかもしれませんね!

とは言えGeForceならGTX1000番台の時代からHDMI2.0に対応していますし、240HzモニターもZOWIE XL2546など主要な機種はだいたいHDMI2.0に対応しています。
数年前ならまだしも、今となっては事実上DPとHDMIで性能差を感じる場面はほぼ無いと思います。

カエル

そうなんですか!自分が勘違いをしていましたすみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください