【違いを解説】HDMIとDisplayPort、どっちが良い?→迷ったらHDMIがいいよ

HDMI と DisplayPortって、どう違うの?

どっちが良いとかあるの??

という方のために、技術的な話は抜きにして、簡単に違いを解説します。

結論から言うと性能以外に決定的に使い勝手が違うポイントが1つだけあり、

  • PCをスリープにして、席を離れることがある人。
  • モニターの電源だけ切って、席を離れることがある人。

上記に当てはまる人は、HDMIを使うのをおすすめします。

その理由は、これから解説していきますね。

目次

HDMIとDisplayPortには、決定的な違いが1つある

HDMI DisplayPort 違い

HDMIとDisplayPort。
どちらもPCとモニターをつなぐケーブルで、フツーに使っている限りは性能的に差を感じることはありません。

じゃあどっちでも良いよね?

と思うかもしれませんが、決定的に違う部分が1つだけあります。

それは、

  • DisplayPort:モニターの電源を切ると、PCとの接続が失われる
  • HDMI:モニターの電源を切っても、PCとの接続は生きたまま

という違いです。

DisplayPortを使っている方は、あぁ、そういうことだったの…と気づいた方もいるかもしれません。

では、このDisplayPortの性質がどういう不便を巻き起こすのか、いくつか例を上げていきます。

DisplayPortの不便なところ

DisplayPortの「モニターの電源を切ると、PCとの接続が失われる」という仕様がどのような不便を巻き起こすのか。
分かりやすい例を3つ挙げていきますね。

モニターの電源を切ると、ウィンドウの配置が勝手に変わる。

離席するときにパソコンをつけっぱなしにしてモニターの電源だけ切る人、いますよね?

そういう人は要注意です。

DisplayPortで接続されたモニターは、電源をオフにした瞬間にウィンドウの配置がリセットされます。

どういう事かというと、例えば下記のようにウィンドウを配置していたとしましょう。

これが…

このように頑張ってウィンドウを並べても、一度モニターの電源を切って再度電源をオンにすると…

こうなる!

こんな感じで、勝手に配置が変わります。
要するに、モニターの電源を落とした瞬間にウィンドウの配置情報がリセットされてしまうのです。

これ、地味に不便なんですよ…。

ぼくも初めはなんでこうなるのか原因が分からず…めちゃめちゃググってようやく原因を掴みました。
DisplayPortがおイタをしていたのです。

特にモニターを何枚も使っている場合はひどいですよ。

全部のウィンドウが1枚目のモニターに集まります。

モニターの電源を切ると、DirectXを使っているアプリが落ちる。

ゲーマーの人は要注意です。

DisplayPortで接続されたモニターは、電源をオフにするとDirectXで動いてるアプリが落ちます。

ぼくがプレイしているFF14というネットゲームがまさにそうで、ちょっと離席すると何故か毎回クライアントが落ちてたんですよね…。

んーなんでだろう…放置しちゃだめってことかな…。

とか色々考えていたのですが、調べてみるとこれもDisplayPortの仕業とのこと。

MMORPGなどをよくプレイする方は、ゲームをつけっぱなしにしたままお風呂に入ったりコンビニに行ったりすると思います。

そういう人は、ディスプレイの電源を付けっぱなしにするか、もしくはHDMIケーブルを使うのをおすすめします。

モニターの電源を切ると、デスクトップアイコンの配置すらもデタラメになる。

ウィンドウの配置がリセットされるという点で察した方もいるかも知れませんが、デスクトップアイコンを変則的な置き方にしている人も注意が必要です。

DisplayPortで接続されたモニターは、電源をオフにした瞬間、デスクトップアイコンが全部左寄せになったりします。

よし、ぼくが考えたさいきょうのアイコン配置がついに完成したぞ!

これもまた、一旦モニターの電源を落としてしまうと…

おいーーーー!!なめてんのかーーーー!!!

言わずもがなですが、複数のモニターを使っている場合は、全部のアイコンが1枚目のモニターに集まります。

ただし、100%発生するわけではないみたい

とはいえDisplayPortを使うと必ず上記のような不具合が発生するのかというと、そういうわけでもないのです。

実際ぼくの環境でもその日によってウィンドウがリセットされたりされなかったり、ゲームのクライアントが落ちたり落ちなかったり…

「おまえ、機械だよな?」と言いたくなるほど、その日のご機嫌によって不具合が起きたり起きなかったりしますw

まぁ…だからこそDisplayPortの不具合だと気づくのが困難なんですけどね。
(あれ?とは思っても、見過ごしている人が大半なのでは)

DisplayPortの不具合を何とかする方法

DisplayPortの不具合

DisplayPortが不便なのは分かった
だが、どうしてもDisplayPortを使わねばならぬ…

という方のために、さきほど書いた不具合を解決する方法をいくつか伝授します。

ぼくが鬼のようにググって見つけた解決策は上記の4つ。

ちなみにぼくは以前、ヤフオクで怪しい中継アダプタを購入したことがあります。
が、やはり手作り品だからなのか、数ヶ月したら壊れてしまいました。

というかたまたま優良な販売者さんから購入できたから良いものの、改造品なのでPCが壊れても自己責任です。
変なウィルスや盗聴器が仕込まれたアダプタを掴まされる可能性がゼロとは言えませんし、無責任におすすめできる方法とは言えないと思っています。

書いておいて恐縮ですが、1〜3番の対策は、言ってしまえば付け焼き刃的な方法。
「運が良ければ」ウィンドウが再配置されなくなるかもしれない…
程度の荒治療だと思ってください。

一番確実な対策:対策されたモニターを買う

安全かつ確実に対策をするなら、HDMIで接続するか、もしくは4番の「DisplayPortの不具合に対応したモニターを買う」しか方法はありません。

取り急ぎググってみた情報だと、EIZOのFlexScanシリーズとColorEdgeシリーズにはDisplayPortの不具合を無効化する「Compatibilityモード」という機能が付いているみたいです。

EIZO以外のメーカーにも対策モニターはあるかもしれませんが、メーカー各社の公式ホームページを見た程度では特定できませんでした。

(マニアックな問題すぎるのか、モニターメーカーのサイトにもDPの不具合についてはあまり書いてないんですよね)

なぜ世の中のグラボはDisplayPortばかり積んでいるのか?

ここまで読んでくれた方なら薄々気付いてるはずですが、DisplayPortはHDMIよりも使い勝手が悪いですよね。
HDMIにはこんな不具合ないんですから。

ではなぜ世の中のグラボやモニターはDisplayPort端子ばかり搭載しているんでしょうか…
その理由は、Wikipediaに書いてありました。

HDMI規格を採用するためには、年会費およびロイヤリティ(使用料)を支払う必要がある[21]。HDMIはそれ自体がHDMI Licensing, LLCの登録商標(日本の商標登録番号はそれぞれ第4768872号、第2664032号ほか1件)である。

年会費:参加企業は年間販売台数が1万台以上の企業は年間10,000米ドル、年間販売台数が1万台未満の企業は年間5,000米ドル(なお、2006年7月以前は年間15,000米ドルだった[22])
ロイヤリティ:一製品あたり0.15米ドル
HDMIロゴ表示により0.05米ドルに値下げ
HDCPに対応させた場合は、さらに0.04米ドルに値下げ
製品に課されるロイヤリティは部品単位ではなく、最終製品に対して課金される。例えば液晶テレビを製品として売る場合、同梱のケーブルメーカーやHDMIのICメーカーはロイヤリティを支払う必要はなく最終製品を売る液晶テレビのメーカーがロイヤリティを支払うことになる。ケーブル単体を最終製品として売る場合は、ケーブルを売るメーカーがロイヤリティを支払う。

Wikipedia「HDMI #年会費とロイヤリティ」より引用

要約すると、HDMIポートを搭載するためにはHDMI Licensing, LLC兄貴にみかじめ料を払わないといけないというわけですね。

では、DisplayPortはどうでしょうか。

ライセンス料が必要なHDMIに対して、VESAはDisplayPortを無償で使用できるように策定していた[5][2]。2015年になってMPEG LA社がDisplayPortライセンスを策定しライセンス料の支払いを要求している[6]がVESAは認めていない[7]。VESAの公式サイトのFAQによれば、2017年10月現在、ライセンス料は支払われていないようである。
MPEG LAのプレスリリースによれば、MPEG LAライセンスプールの一つ以上の特許が含まれている地域で製造または販売された場合、1製品当たり0.20ドルのライセンス料が発生するとしている[6]。2015年9月現在、MPEG LAのライセンスには日立マクセル、Philips、ラティスセミコンダクター、Rambus、Sonyの特許が含まれる[8]。
またDisplayPortはケーブルの両端に制御ICが必要なため、ケーブルの製造コストはHDMIより高い。
DisplayPort規格は無料で利用できるが、規格へのアクセスにVESAの会員資格を必要とし[9]年会費は安い場合で5,000ドルである。

Wikipedia「DisplayPort #特徴」より引用

DisplayPortを開発したVESAという団体はライセンス料を求めていませんが、MPEG LAという特許屋さんに目を付けられるとそちらにはライセンス料を払う必要があるみたいです。

とはいえ、必ずライセンス料を払わないといけないHDMIと比べると恐らく使用料金は安いのではないでしょうか。

ぼくは業界の内情なんて知る由もないただの一般人ですが、これを読むとライセンス周りのゴタゴタのせいでHDMIが少ないのでは…と思ってしまいます。
まあこういう利権的なものはどこの世界にもありますよね。

だったらDisplayPortさん仕様変更してくれないかなあ…と願うばかりです。

まとめ

AFK

当記事の内容を簡単にまとめるとこんな感じです。

  • DisplayPortは、モニターの電源を切ると通信が遮断される
  • 離席した時に「ウィンドウの配置が変わる」「DirectXアプリが落ちる」のはDisplayPortのせいかも
  • HDMIには上記のような不具合はない

結論、特に理由がない限りHDMIを使っておいたほうが無難でしょう。

理由はここまで説明したとおり。

ただし注意点として、少し特殊な使い方をするならこの不具合を考慮してもなおDisplayPortを使ったほうが良い場面はいくつかあります。

なので、そこら辺を分かっている詳しい人にまで「HDMIのほうがおすすめだぞオラァ!」と押し付けるような意図はありませんので、そのへんご了承くださいね!

(おかげさまで閲覧数が結構増えてきて、コメント欄に有益な情報が増えてきました。
HDMI・DisplayPortについてもう少し情報収集したい人はぜひコメント欄もご覧ください!)

※追記:HDMIでも高リフレッシュレートは出せます

ちなみに「HDMIは144Hz・240Hzが出力できない。ゲーマーはDisplayPort一択!」と言われる事も多いのですが、それは誤情報なので注意してください。

HDMIでも「HDMI2.0」に対応した機器を使っていればちゃんと1080p 240Hzで出力可能です。※ソース

ただし、HDMIには「G-SYNC Compatibleモード」が使えないというデメリットがあるようです。(読者様に教えていただきました)

ゲーマーの方でG-SYNC Compatibleモードを使うという方はDisplayPortを使ったほうがいいですね。

(とまあ、こんな感じに細かい部分まで考慮するとDisplayPortを使ったほうが幸せになれるケースはいくつかあるので、ごくふつーの人が気にしなくても良いような細かい違いについてもいつか記事にできたらいいなと思ってます)

【関連記事】【2020年】4Kモニターの選び方・おすすめ機種まとめ

【関連記事】【2020年】ゲーミングモニターの選び方を解説 & おすすめ機種まとめ!

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (26件)

  • DPの問題は、決して簡単に解決できるものではないことがよくわかりました。
    ただし、グラフィックボードは、そんなDPの端子をやたら沢山積んでくるんです。
    HDMI 1個に対して、DP 3個なんてざらですよ。
    HDMI 2個とDP 2個の優等生もありますが少数派です。
    DPってなぜ廃れないんですかね?

    • Wikipediaによると、HDMIポートを自社製品に搭載したい企業は、HDMI Licencing, LLCという会社にライセンス料と年会費を払わないといけないそうです。
      その使用料が「1個体/1ポートごとにいくら」みたいな従量課金制らしく、それがHDMIポートが少ない原因だと思われます。

      ちなみにDisplayPortはVESAという団体が無償で解放しているため、特にどこかにお金を払う必要はないみたいです。

  • この記事では説明されていませんでしたがDP端子の場合240hz以上を出せるのですがHDMIの場合120hzまでしか出せないのです。なので家庭用のゲーム機等ではHDMIが使われ240hzまで出せるハイエンドPCではDP端子が使われているのではないかと思います

    • HDMI 2.0 / 2.1なら1080p 240Hzに対応しています。
      (ソース→ https://en.wikipedia.org/wiki/HDMI#Refresh_frequency_limits_for_standard_video

      ただしグラボ・モニター・ケーブルのすべてがHDMI 2.0に対応している必要があるので、確かにDPよりも仕様的に敷居が高いと言えるかもしれませんね!

      とは言えGeForceならGTX1000番台の時代からHDMI2.0に対応していますし、240HzモニターもZOWIE XL2546など主要な機種はだいたいHDMI2.0に対応しています。
      数年前ならまだしも、今となっては事実上DPとHDMIで性能差を感じる場面はほぼ無いと思います。

  • DPからHDMIに変換ケーブルを使用した場合でも、HDMIで接続した側のモニターはDPの様に、不具合が起きたりするのでしょうか?

    • うーんどうでしょう・・・
      変換した結果どっちのケーブルとして認識されるかによると思うのですが、機会があれば試してみたいと思います。

  • Display Port について、後発の規格とはいえライセンスフリーなのになかなか普及しないのが何故か少し解りました。(MPEG LAに絡まれる というのは知りませんでした)
    私はPCゲームはやらないので、最大解像度や60Hz超のリフレッシュレートを意識することはないので、上記の論争は知りませんが
    グラボがDPばかりなのに関して、
    HDMI はTV/モニタ都合、DPはPC都合で作られているから ではないでしょうか。
    HDMI はピクセルクロック基準で連続してデータを流しているので、画面毎にポートが必要です。
    (画面以外のデータはブランキング期間に送り出しているとWikiにはありました)
    対してDP はパケットでデータを送り出すので、1対多で接続できます。
    (それが最大の技術的差異で、メリットだったはずです)
    GPUベンダーは、HDMIを3ポート用意するよりDP ポート2つの方が費用対効果が高いと考えているのでしょう。
    ホームユースやオフィスの個人デスクでDPのメリットを享受することは難しいようですが。

    • 確かに!
      デイジーチェーン接続はDPの大きなメリットですね。

      貴重な見解をありがとうございます!

  • はじめまして。基本的なことがわかってない素人で恐縮ですが、HDMI / displayportは接続したときのバージョンはケーブルとモニターで決まるのでしょうか?信号を発信する側にも対応バージョンとかあるのでしょうか??他もろもろ調べてる過程でここにたどり着きました。お答えいただけると幸いです。

    • モニター(受け取った信号を表示する)
      ケーブル(信号を運ぶ)
      グラフィックボード(信号を発信する)

      これら全てが関係します!
      例えばモニターとケーブルがHDMI2.0に対応していたとしても、グラボのHDMIポートが1.4までしか対応していなければHDMI1.4でしか通信できません。(グラボがHDMI2.0非対応なんてことはあまり無いですが)
      各製品のスペックシートを見れば書いてあるはずなので確認してみてください。

  • いや~ここ読むまで完全に認識間違ってましたね~
    いままでHDMI=ひと世代前の画質という認識でしたがまあ同じということがわかって安心!
    Display Portは複数モニターを使う場合に威力を発揮するってことですね。一台の場合はHDMI
    ちなみに変な質問ですがモニタがHDMIでグラボがDisplay Portで変換ケーブルでつながる時、
    出力はHDMI仕様になるんですかね?

    • コメントありがとうございます。

      HDMI⇔DPの変換はですね…ぼくもイマイチ正確には分かっていないのですが、基本的には「DPをHDMIとして認識させる」という変換ケーブルが一般的なようです。
      しかし中には珍品として「HDMIをDPとして認識させる」という変換ケーブルも存在するみたいですね。

      >モニタがHDMIでグラボがDisplay Portで変換ケーブルでつながる時
      コメント頂いたこの条件であれば、変換ケーブルを噛ませた結果は「出力はHDMIとして認識される」で(多分)合っていると思います。

  • 早速のご返答ありがとうございます。安心しました!
    ケーブルにおいてはまさか逆のものも存在してるとはw

  • >HDMI⇔DPの変換はですね…ぼくもイマイチ正確には分かっていないのですが、基本的には「DPをHDMIとして認識させる」という変換ケーブルが一般的なようです。

    どちらかというと下位互換でDVI-DのTMDSで送る古いグラボとHDMIのTMDSで送る比較的新しいグラボと両方ありますね。違いはオーディオが送れるかどうかと当然ながら解像度。
    あと電子回路的にもVccが違うのでレベル合わせる回路が入ってますが

    >しかし中には珍品として「HDMIをDPとして認識させる」という変換ケーブルも存在するみたいですね。
    こんなのあるんですかね。アクティブケーブルになるのでコストでしかないですし。

    HDMIからDPへの変換は存在しますが、DP側がアクティブケーブルになるように回路が入ってますね。

  • そもそもHDMIは品質保障されないパッシブケーブルで、DPは差動回路が入るアクティブケーブルなのでノイズ耐性が全然違うせいで、距離保証のないHDMIよりも高品質なんだけどね。
    DPは2.0で20 Gbps x 4レーン 128b/132bで77.37 Gbps
    HDMIは2.1 でも12 Gbps x 4レーン 16b/18bで42.6 Gbpsでしょ。8k30がやっとネイティブで送れる速度だし。

  • この記事読んで、確かにディスプレイポートは画面切り替わっちゃうの嫌なんだよなあ
    HDMI2.0なら対応してるやつなら240hz今は対応してるんだ~→なら買おう
    と思って、モニター買ったんですが、買ったあとに気が付いたんですが、
    G-SYNC CompatibleはHDMIだと適応外になっちゃうんですね(本家G-SYNCも)
    HDMIで最高のプレイ環境になるかと思ったんですが、そこが痛かったです
    DPにするなら、また電源切るとショートカット並べ替えられちゃうし・・・
    でもそれならDPで我慢してって選択肢もありだったかなあと思います(私はGSYNC一旦なしでやってみようと思いますが)
    ちょっとその辺りの説明があるとよりよい記事だったと思いました
    そうなると、DP使うことにも大きなメリットあるってことになるでしょうし

    • コメント&有益情報ありがとうございます。

      なるほど・・・
      G-SYNC Compatibleについては個人的にあまり使わない機能という事も有り、完全に盲点でした・・・
      調べて記事を修正しておきます!

    •  >G-SYNC CompatibleはHDMIだと適応外になっちゃうんですね(本家G-SYNCも)
      >HDMIで最高のプレイ環境になるかと思ったんですが、そこが痛かったです

       HDMIでもG-SYNC Compatibleなディスプレイは存在します。
      https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/products/g-sync-monitors/specs/

      LGの有機ELディスプレイの一部だけですが。

      これはそもそも、G-SYNC、FreeSyncは動的リフレッシュレートで対応しているのでHDMIだと2.1まで非対応だったからです。
      https://www.4gamer.net/games/999/G999902/20170105003/

      実際上記LGの有機ELディスプレイの端子はHDMI2.1対応です。

      2017年に規格制定されたHDMI2.1でも製品として出たのはつい1年ぐらいの話でケーブルですら、2020年1月に認証が出来上がった程度なので。
      https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1227672.html

  • こちらの記事、すごく参考になって感謝しております!
    私からは全然有益な情報とかないですが…例えば、Windows10設定の「簡単操作」に関係するちょっとしたバグ(デスクトップの表示異常が起こる)も、DPだから起こったりするのかもと思いました。
    DPの前はDVI-Dで別のモニターに繋いでいたのですが、新しいモニターでDPを使うようになったら急に発生したように感じています。
    具体的には簡単操作の「文字を大きくする」「全体を大きくする」当たりの項目は、DP接続してる方は触らない方が良いかもしれません…。
    詳しくないので、検証とかもしてなくて根拠薄弱ですが参考程度に。

    • コメントありがとうございます!

      なるほど…たしかに症状としてはDPの仕業っぽい感じですね。
      簡単操作の「大きくする」系もリセットされちゃうんでしょうか。

      貴重な情報ありがとうございました!

  • 会社のパソコンが昼休みから帰ってくるとウインドウサイズが変わっているのはそういうことだったのか。

  • PCやグラボは折を見てグレードアップさせてきましたが、モニターだけは10年選手ヽ(゚∀。)ノ
    今、Ryzen5 2600 とVega64、、、(゜Д゜)
    この記事を読んでケーブル含めモニター類買い替えの決心がつきました!┏○ペコッ

    • コメントありがとうございます!
      10年選手のモニターから一気に最新モニターに買い換えなんて、そんな体験が出来ることが羨ましいですw

      ぼくの場合は30万円のPCを買ったときよりも最新のモニターを買ったときのほう体験の変化は大きかったなと感じているくらいです。
      良いモニターに出会えるといいですね!

コメントする

目次
閉じる