【2019年】4Kモニターの選び方・おすすめ機種コンプリートガイド

4Kモニターの選び方 完全ガイド

4Kモニターの選び方やおすすめ機種情報をまとめました。

4Kモニターを買ってみたい」という方から「現在使っている4Kモニターに不満がある」という方まで、4Kモニターを買おうと思っている人向けの完全攻略ガイド的なまとめページです。

4Kモニターを初めて買おうと思っている方は、この記事を上から順に読んでいくことで4Kモニターのメリット・デメリットが分かり、自分に最適な機種を選べるようになります。

すでに4Kモニターのイメージが分かっている方は、序盤の解説部分は読まなくてOKです。
解説のあとに用途別・サイズ別・機能別おすすめ機種を紹介していますので、そちらが参考になるかと思います。

それでは下記よりご覧ください!

4Kモニターの基礎知識

4Kモニターとは、解像度が「3840×2160」のモニターのこと

まず4Kモニターとは「解像度が4Kのモニター」のことで、具体的には「3840×2160ピクセル」という解像度のモニターのことを指します。
解像度の横幅が約4000なので、4000=4K(キロ)ということで「4Kモニター」と呼ばれています。

4Kモニターの解像度

▲どれくらいの解像度なのか分かりやすいように画像を作ってみました。
分かりやすく一言で説明すると、フルHDの4倍ですね。

フルHDの事を「2K」と呼ぶ関係で、4K=フルHDの2倍だと解説しているサイトもありますが、正確には4倍です。

5Kのモニターもいくつか存在するので一応図に入れてみましたが、まだまだニッチな解像度で価格も超高いです。
なので高解像度モニターを買うのであれば、比較的お手頃な4Kモニターがおすすめですね。

4Kモニターのメリット

作業スペースが超広くなる!

フルHD 4K 比較

メリットは、なんといってもフルHDモニター4枚分の情報を1枚のモニターで表示できることです!
今までモニターを4枚使っていた人でも、4Kモニターに買い替えたら1枚で済んでしまいます。

そのため、多モニター環境からの乗り換えにも最適です。

多モニター環境から移行するメリット

  • 電気代が節約できる
  • 視線移動が減り、眼精疲労が軽減できる
  • デスクのスペースが広くなる
  • グラフィックボードのポートが空く →更にモニターを増やすことも出来る!

PCの作業スペースはいくらあっても足りない…という方は、4Kモニターを購入すると幸せになれます。

映像が高精細でキレイ

家電量販店で4Kテレビの展示を見たことがある方は分かると思いますが、フルHDと比べると画質がめちゃくちゃキレイです…。
文字や画像がきれいになるのはもちろんですが、4K解像度でゲームをプレイすると違うゲームのように感じます。

このような比較動画をフルHDモニターで再生してもあまり意味はないのですが、実際はもっと凄いです。
こればっかりは画像で説明しようがないので、家電量販店で4Kモニターの展示があれば、それを見に行ってもらうのが一番分かりやすいと思います!

4Kモニターのデメリット

ぼくの意見ですが、4Kモニターのデメリットとしては以下のようなものが考えられます。

デメリット

  • 解像度に余裕がありすぎるので、ついつい無駄なマルチタスク作業をしがち。
  • 4Kでゲームをするなら、それなりのハイスペックPCが必要。
  • 27インチ程度だと、文字が小さいので拡大する必要あり。
  • ある程度大きなモニターを買わないと、4K解像度を活かしきれない。

実際、ぼくが初めて4Kモニターを買ったときは、作業スペースが圧倒的に広がったことに感動し、超絶マルチタスク作業をしようとしてました。

具体的には「ツイッターを見つつ、DISCORDでチャットしつつ、ブラウジングしつつ、Youtubeで動画を垂れ流しつつ、ゲーム(FF14)を起動しつつ、ブログを執筆する」という具合にです…。

その結果何が起きたかというと…お察しの通り、何一つ作業が進みませんでした
モニターが広くなって表示できる内容は格段に増えましたが、操作する人間の性能までアップするわけではありません。
無駄なマルチタスク作業は「やってる感」だけはあるのですが、本当に効率が悪いです…。

いろいろ表示できて捗りそうだなぁ…!」と妄想が膨らんでいる方には申し訳ないですが、上記のような使い方を想定している方は考え直したほうがいいかもしれませんw

なお、4Kモニターのデメリットについては、下記の記事でもう少し深掘りして解説していますので、興味がある方は参照してください。

4Kモニターのデメリットはこれ!【失敗しない選び方を解説】

デメリットをなんとかカバーするための方法も下記の記事で紹介しています。

4Kモニターを買うならどんなサイズがおすすめ?

4Kモニター サイズ

結論から言うと、用途によっておすすめサイズは異なります。
4Kモニターによくあるサイズのそれぞれの特徴は以下のとおりです。

サイズごとの特徴

  • 27インチ…ゲームに最適。ただし拡大しないと文字が小さい。
  • 32インチ…大きすぎず小さすぎず、バランスが良い。
  • 43インチ…スケーリング100%でそのまま使えるので、作業スペースが超広い。

個人的には32インチが4Kモニターとして一番バランスが良く、使い勝手が良いと思います。
ですが、ゲームメインでの使用を考えているなら27インチのほうが高精細で映像がキレイですね。

なお、おすすめのサイズについては以下の記事でもう少し深掘りして解説しています。
4Kモニター 4Kモニターのおすすめサイズは?【27・32・40インチの特徴を比較】

パネルの種類はどれがおすすめ?

液晶パネルには主にTN / VA / IPS という3つの種類があります。

パネルによって画質の特徴が違うので、予算や用途に合わせておすすめパネルは異なります。
液晶パネルの主な特徴を以下にまとめましたので、参考にしてみてください!

TNパネルの特徴

コストが低いため、最も世の中に普及している液晶パネルです。
画質の特徴は以下のとおりです。

  • 視野角が狭い(見る角度によって色が変わってしまう)
  • 応答速度が速い(残像が少ない / FPSなどのゲームに最適)

VAパネルの特徴

TNパネルよりはコストが高いですが、IPSパネルよりは安く製造できます。
画質の特徴は以下のとおりです。

  • TNパネルよりは視野角が広い
  • コントラスト比が高い(黒が濃くて、白が明るい)
  • 応答速度は遅め

IPSパネルの特徴

一番コストが高いので、高級モニターによく採用されています。
画質の特徴は以下のとおりです。

  • 視野角が広く、色がとても正確
  • コントラスト比はVAより低い(黒の濃さはVAが上)
  • 応答速度は一番遅い(静止画向き)

一般的に、ゲーム用途にはTNパネルが最適と言われています。
応答速度が早く、画面の移り変わりが激しいアクションゲームでもキビキビと描画できるからです。

そのかわり色の綺麗さはIPSパネルが一番優秀なので、4KモニターにはIPSパネルが採用されることも多いです。
4Kモニターはデザイナーさんなど、ゲーム以外の用途で使う方が多いからですね。

また、映画やVODを4Kで視聴したい方はVAパネルもおすすめです。
IPSパネルほど値段が高くないのに「黒色の表現力」はダントツでVAが高いです。

そのため映画やドラマとの相性がよく、映像の質感が高いのが特徴ですね。

TNパネルとIPSパネルの比較

TNパネルIPSパネルではどれだけ色の正確性が違うか、参考画像を貼っておきますね。

XL2546の色再現性

オレンジ単色を表示。しかし、見事にグラデーションになっている…

PD2700Qの視野角

オレンジ単色を表示。ちゃんと「単色」として表示できている。

静止画用途では、IPSパネルは圧倒的に優れていますね!
しかし、動画再生やゲームにおいては、応答速度が速いTNパネルに軍配が上がります。

用途によって一長一短なのが悩ましいところですねぇ…。

4Kモニターの「サイズ別」おすすめ機種

ここからは、サイズ別に4Kモニターのおすすめ機種を解説していきます。
4Kモニターとひとくちに言っても様々な機種がありますので、特徴ごとにおすすめ機種をピックアップしてみました!
機種選びの参考にしていただければ幸いです。

27インチのおすすめ4Kモニター

2019年1月現在で最もおすすめだと思う機種は「LG 27UL650-W」ですね。
IPSパネルでDisplayHDR400対応という事で、価格はちょっと高いですが、画質はめちゃくちゃキレイです。

ちょっと高いな…という方は、おすすめ機種ランキングにもう少し価格が安い機種も紹介していますので、参考にしてください。

4Kモニター 27インチ 27インチ4Kモニターのおすすめ機種ランキング【注意点あり】

32インチのおすすめ4Kモニター

32インチで最もおすすめなのはBENQEW3270Uですね。
VAパネルなのでIPSパネルの機種よりも安く、かと言ってそこまで画質で劣るというわけではないので、コスパが非常にいいです。

32インチのおすすめ機種ランキングも知りたいという方は下記の記事をどうぞ。

4KモニターとMacBook Pro 【2018年秋】32インチのおすすめ4Kモニターを3つ厳選してみた

43インチのおすすめ4Kモニター

43インチで一番おすすめなのAcer ET430Kbmiiqppxです。
IPSパネルを採用しているとは思えないコスパの良さです。
これくらい大型の画面だと、IPSパネルの視野角の広さが重要になってきますからね〜。

43インチのおすすめ機種ランキングも知りたいという方は下記の記事をどうぞ。

4Kモニター 40インチ 40インチ4Kモニターのおすすめ機種ランキング【デカすぎ注意】

4Kモニターの「機能別」おすすめ機種

特定の機能ごとのランキング記事も書いています。

HDR対応4Kモニターのおすすめ機種

HDR対応4Kモニターで一番おすすめなのは「LG 27UL650-W」です。
DisplayHDR400に対応している上、絶妙に欲しい機能だけ全部載ってます。ぼくが普通に欲しい…。

HDR対応4Kモニターのおすすめ機種ランキングも知りたいという方は下記の記事をどうぞ。

HDR対応4Kモニターおすすめランキング 【高画質】HDR対応4Kモニターのおすすめ機種ランキング

ゲーミング4Kモニターのおすすめ機種

ゲーマーに一番おすすめなのは「BENQ EL2870U」です。
TNパネルは応答速度が早く残像感が少ないので、動きの激しいゲームをプレイするのに適しています。

ゲーミング4Kモニターのおすすめ機種ランキングも知りたいという方は下記の記事をどうぞ。

【2019年】ゲーミング4Kモニターのおすすめランキング【TOP3】

「USB-C接続が可能」な4Kモニターのおすすめ機種

USB-Cケーブル1本で接続ができる4Kモニターのおすすめは「PHILIPS 328P6VUBREB/11」です。
USB-C PDに対応しており、「ケーブル1本で映像出力・充電が両方可能」なので、めちゃくちゃ便利です。
MacBookの外部モニターとしての利用を想定している方には超オススメですね!

USB-C対応4Kモニターのおすすめ機種ランキングも知りたいという方は下記の記事をどうぞ。

【Macに最適】USB-Cケーブル1本で給電も可能な4Kモニターおすすめ3選

「PS4Pro用」4Kモニターのおすすめ機種

PS4Proでの4Kゲーミングに最適なのは「BENQ EL2870U」ですね!
価格と性能のバランスがよく、初めての4Kモニターとしても手が出しやすいのではないかと思います。

PS4Pro用4Kモニターのおすすめ機種ランキングも知りたいという方は下記の記事をどうぞ。

【2019年】PS4 Proに最適な4Kモニターおすすめランキング【4万円から】

コスパ重視!「安い4Kモニター」のおすすめ機種

価格が安くて、なおかつ品質的にもおすすめなのが「IODATA LCD-M4K282XB」です。
新モデルが出ていますので、旧モデルのこちらは大幅にお得になってます。
旧モデルと言うことは在庫限りかと思いますので、欲しいという方は急いだほうが良いかも知れません。

安い4Kモニターのおすすめ機種ランキングも知りたいという方は下記の記事をどうぞ。

安い4Kモニター 【3万円から】コスパ重視の4Kモニターおすすめランキング【安い】

究極のゲーム環境「高リフレッシュレート」4Kモニターのおすすめ機種

4Kで144hz」という条件のモニターはまだ実用化されていませんが、それに近いハイエンドモニターでおすすめなのは「DELL ALIENWARE AW3418DW」ですね。
UWQHD…いわゆるウルトラワイドモニターですが、最大リフレッシュレートが120hzまで対応していますので、鬼スペックPCを持っているブルジョワゲーマーの方は検討してみては?

高リフレッシュレート4Kモニターのおすすめ機種ランキングも知りたいという方は、以下からどうぞ。

144hz駆動の4Kモニターおすすめランキング【注意点あり】

4Kモニターについてのおすすめ記事

おすすめ機種以外にも、4Kモニターに関係する情報を色々と記事にしています。

4Kモニター選びの参考にしていただければ幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください