Grand Master MoRレビュー:良くも悪くもクセのない使用感。毛玉が付きやすいのが難点

esports tiger grand master mor

Esports Tigerのマウスパッド「Grand Master MoR」をレビュー用に提供していただいたので、1週間ほど使ってみた率直な感想をまとめていきます。

目次

Grand Master MoRの特徴

Grand Master MoRはEsports Tigerというブランドのゲーミングマウスパッド。

当ブログで先日レビューした「Grand Master」というマウスパッドと同じシリーズになると思いますが、使用感は前回のGrand Masterとは微妙に違いました。単なる色違いではなく別のマウスパッドだと思ったほうがいいです。

「Grand Master」のレビュー記事はこちら。

今回のGrand Master MoRは↑でレビューしたGrand Masterよりは滑りが抑えられたコントロール性重視の味付けになっていますね。

esports tiger grand master mor 箱

前回のGrand Masterは筒状の箱に梱包されていたのに対し、こちらは平べったい箱に梱包されていました。

そのため巻きグセが一切なく、開封してすぐに使い始められます。

esports tiger grand master mor

柄は薔薇とUZI。

ラッパーっぽい世界観。グラセフみを感じる。

esports tiger grand master mor 大きさ
大きさ

サイズは480x400x4mm。

マウスを左右に20cmぐらいずつ振れます。FPS向けの大型サイズですね。

esports tiger grand master mor 机に設置してみた様子
設置してみた図

机に置いてみるとこんな感じ。

柄の主張はわりと激しいですが、色がモノトーンなので意外に馴染んでるかもw

esports tiger grand master mor 裏面
裏面

裏面は全面滑り止め素材になっていますが、グリップ力は全然強くないです。

同時期に発売された「Esports Tiger Neon Cyan」も先日レビューしたんですが、あっちも滑り止めのグリップ力が全然なくてダメでしたね。

この滑り止めはぜひとも改善してほしい。

esports tiger grand master mor 耐水性チェック
耐水性チェック

水を垂らして耐水性チェック。数分放置しても全然染み込まない。すごい。

なにかコーティングがしてあるのか、軽く水滴がつく程度の水濡れは防いでくれるようです。

水を拭いたあとも滑りの変化はそこまで強くないので、手汗に対する耐性はかなり高いと思います。優秀です。

esports tiger grand master mor 性能表
性能表

▲箱の裏に書いてあった仕様表です。興味がある人は拡大して読んでみてください。

1週間使ってみた率直な感想

  • ツルツル系でよく滑る
  • 中間素材の沈み込みはそこまで強くない
  • Grand Master Pink / Blueよりはコントロールしやすい

1週間ほどGrand Master MoRでFPSをプレイしてみた感想は上記の通り。

マウスパッド表面は繊維の毛羽立ちをほとんど感じないツルツル系で、マウスはとてもよく滑ります。

中間のクッション材も沈み込みが少ない硬め仕様。

マウスをギュッと押し付けてもそれほどブレーキが掛からないので、良くも悪くも摩擦が少なくてマウスが止まらない感じの使用感。

とはいえ前回レビューしたGrand Master Blue/Pinkの方がもっとツルッツルだったので、それに比べればクセがなく扱いやすいほうですね。

最小限の力でマウスを動かせるので長時間プレイしても手が疲れない、腱鞘炎になりづらいのが良いところ。

https://twitter.com/hid_labs/status/1488448005585862657

▲Esports Tiger日本代理店のHID-Labsさんによる滑り具合グラフ。あくまでもHID-Labsさんの個人的感想ということですが、かなり参考になりますね。

このグラフでいくとMoRはSPEED(よく滑る)に分類されているパッドの中では一番滑りが抑えられたバランス型の味付けということになりそうです。

よく言えばクセがなく馴染みやすい使用感、悪く言えば個性がなくて別にこれじゃなくても良いという使用感だと思います。

個人的にはどコントロール系のQingsui 2 Proみたいなパッドが好きなので、バランス型とはいえ僕の好みからするとMoRも「すげー滑るなあ」という印象ですけどね。

繊維を拡大撮影してみた

マウスパッドの繊維をマクロレンズで超拡大撮影してみました。

esports tiger grand master mor マクロ撮影
低倍率
esports tiger grand master mor マクロ撮影
高倍率

これ単体で見てもよく分からないと思いますので他のマウスパッドと比較してみます。

Grand MasterのBlue/Pinkとは、名前は似てるのに全然違う素材ですね。

Blue/Pinkはコーデュラに近いツルツル滑る系の素材でしたが、今回のMoRはどちらかといえばコントロール系の滑りにくい素材です。

軽い力でマウスを滑らせたいならBlue/Pink、精密なAIMを求めるならMoRがおすすめ。

ZOWIE G-SR
Logicool G604r
endgame gear mpc450 繊維を拡大撮影
Endgame Gear MPC450

その他適当に過去レビューしたマウスパッドを載せてみました。

世の中のほとんどのゲーミングマウスパッドはG-SRやG640rのように、ひらがなの「く」が連なったような編み目の繊維をしているんですが、Grand Masterシリーズは他で見たことがないような独特な素材を使っていますね。

前回レビューしたGrand Master Blue/Pinkはコーデュラ素材を使ったMPC450と似たようなツルツル系の触り心地でしたが、今回のGrand Master MoRは布っぽいザラザラ感が増しています。

個人的には滑りすぎるマウスパッドだと上手にAIMできないので、MoRのザラザラ感は結構好きですね。

ステッチに毛玉が付きやすい気がする

esports tiger grand master mor  ステッチ

不満点があるとすれば、ステッチに毛玉が付きやすいという点でしょうか。

1週間ほど使っただけでマウスのケーブルが触れる部分や服の袖が当たる部分が毛玉だらけに…。

見た目がボロくなるだけなら別にいいんですが、パラコード仕様のマウスケーブルと毛玉が引っかかる「バリッ」っていう感触が出てしまって使用感も悪くなりました。残念。

パラコードのマウスとは相性が悪いみたいです。

まとめ

esports tiger grand master mor 机に設置してみた様子
の良いところ
  • 平らな梱包で届くので巻きグセが一切ない
  • ある程度の耐水性があり、手汗に強い
のイマイチなところ
  • ステッチに毛玉が付きやすく、パラコードのマウスだと使用感が悪い

平らな梱包で届くという点はすごく良いんですが、1週間ですぐに毛玉だらけでバリバリになってしまうのはちょっと頂けないかな。

ぼくが愛用しているEndgame Gear XM1というマウスとの相性がたまたま悪かっただけかもしれませんが、マウスを振るたびにパラコードと毛玉が引っかかってバリバリするのが不快で…w

こまめに毛玉を除去すればマシになりますが、それも面倒だし、個人的にはもうリピート買いすることは無いかなーって感じです。

背の高いマウスバンジーを使ってる人やワイヤレスマウス派の人だとまた違った評価になるかもですね。

こちらも読まれています

esports tiger grand master mor

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップで記事をSNSに投稿(確認画面出ます)
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる