【セール情報】LGのUSB-C対応4Kモニターが10,000円OFFに。

144Hz駆動の4Kモニターおすすめランキング【注意点あり】

4Kゲームをもっと本格的にプレイしたいので、144Hz出る4Kモニターが欲しいな…

パソコンのスペックには自信があるので、おすすめのハイエンド4Kモニターが知りたい

 

という方のための記事です。

この記事を書いているぼくは、32インチの4Kモニターを2枚使ってデュアルモニターにしていたほどにはモニターにこだわりがあり、普通の人よりはモニターに詳しいと思います。

先に結論から言ってしまうと、144Hz駆動の4Kモニターはまだありません。

厳密に言えば存在はするのですが、2018年12月現在だと「4K144Hzの情報量を伝達できるケーブルが存在しない」というちぐはぐな状態になっており、実質144Hz駆動4Kモニターはまだ実用化されていないんですよね…。

(この点については、後ほどもう少し深掘りして解説します。)

そこでこの記事では「4Kで144Hz駆動」にとらわれず、「高リフレッシュレート・高解像度」というテーマでおすすめ機種を選定してみました。

PCのスペックにはこだわっているので、最高のモニターが知りたい」という方の参考になれば幸いです。

4K144Hz駆動はまだ実現できないのか?

記事執筆時点だと、Acer X27ASUS PG27UQという2つのモニターが一応4K144Hzに対応しています。(日本では売ってませんが…)

しかし、これを実際に購入した人のレビューから「4K解像度を144Hzで駆動させると、画質が劣化する」というとんでもない事実が判明してしまいました。

(参考:https://www.techpowerup.com/245231/latest-4k-144-Hz-monitors-use-blurry-chroma-subsampling

引用元のサイトによると、「4K120Hzまでは普通だが、121fps以上になると、画質がワンランク下がる」とのことです。

上記の記事でどれくらい画質が劣化するのか画像でも解説されてましたが、jpegを圧縮しすぎたような、潰れた感じのグラフィックになってしまっていますね…。

とはいえ120Hzまでは劣化無しで使用可能ですので、上記の2機種が粗大ゴミというわけではありません。

144Hz駆動は無理だけど、120Hz駆動ならいける」ということですからね。

高リフレッシュレート・高解像度のおすすめモニターランキング

ということで現時点で最高の「高リフレッシュレート・高解像度」のモニターの中からおすすめ機種を4つピックアップしてみました。

最高のゲーミングPCを用意したので、最高のモニターが欲しい」という方の参考になれば幸いです。

第1位:DELL ALIENWARE AW3418DW

このモニターの主な特徴

  • 液晶:34.14インチ曲面IPSパネル(WQHD)
  • 曲率:1900R
  • 解像度:3440×1440
  • リフレッシュレート:ネイティブ100Hz(オーバークロック時:120Hz
  • 応答速度:4ms(GtoG)
  • サイズ:W81.345 cm x D31.909 cm x H44.244 cm
  • 入力端子:HDMI, DisplayPort
    G-SYNC対応
  • ゲームモード
  • FPSモード
  • フリッカーフリー

宇宙人ロゴでお馴染みのALIENWAREの120Hz駆動ウルトラワイドモニターです。

34インチですが湾曲半径が1900Rなので、競合製品よりも湾曲具合は弱めです。

G-SYNC対応なので、FreeSyncよりは多くのゲーマーに恩恵がありますね。

高解像度120Hz駆動のモニターで「全部入り」の製品といえば、現状これしかありませんね。

最高のゲーム環境を整えたいゲーマー」の方におすすめです。

第2位:LG 32GK850G-B

このモニターの主な特徴

  • 液晶:31.5インチVAパネル
  • 解像度:WQHD(2560×1440)
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 応答速度:5ms
  • サイズ:W715×H604-714×D272
  • 入力端子:HDMI、DisplayPort
  • ブルーライト低減モード
  • フリッカーフリー
  • G-SYNC対応
  • DASモード(入力遅延低減モード)
  • BlackStabilizer(暗い部分を明るく表示させる)
  • GameMode(クロスヘア表示など)

LGのQHD144Hz駆動ゲーミングモニターです。

こちらは湾曲ディスプレイではないし、解像度もワンランク低いですが、144Hzしっかり出ます。

価格も上位機種よりはかなり安いですし、「ハイエンドモニターの世界への入門」としてはピッタリではないでしょうか。

G-SYNC対応というのもいいですね。

第3位:ASUS ROG Strix XG35VQ

このモニターの主な特徴

  • 液晶:35インチ曲面VAパネル(UWQHD)
  • 曲率:1800R
  • 解像度:3440×1440
  • リフレッシュレート:100Hz
  • 応答速度:4ms(GtG)、1ms MPRT
  • サイズ:W834.7mm x D317.3mm x H468.3mm
  • 入力端子:HDMI 1.4, DisplayPort 1.2, HDMI2.0
  • GamePlus機能(クロスヘア表示、タイマー、FPSカウンター、アラインメント)
  • フリッカーフリー
  • ブルーライト軽減機能あり
  • FreeSync対応
  • Extreme Low Motion Blur(残像感の低減機能)
  • GameFast Input technology(遅延の低減機能)

ROGシリーズのウルトラワイドモニターです。

リフレッシュレートは100Hzまでですが、とはいえRTX2080tiシングルくらいのPCだと最新のゲームで最高設定100fpsも出ないと思うので、このくらいで必要十分だという人も多いはずです。

それに、このような大型モニターでガチでFPSをする人もいないと思うので、「本気で勝ちに行くゲーマー」というよりは「上質なゲーム体験を追求するリッチなゲーマー」の方におすすめなモニターです。

第4位:ASUS MX34VQ

このモニターの主な特徴

  • 液晶:32インチ曲面VAパネル
  • 曲率:1800R
  • 解像度:UWQHD(3440×1440)
  • 応答速度:4ms
  • リフレッシュレート:100Hz
  • 入力端子:HDMI2.0x3、DisplayPortx1
  • サイズ:W810.6xH456.8xD239.7 mm
  • スタンド部分に「Qi」ワイヤレス充電ステーション搭載(スマホ充電できる)
  • フリッカーフリー
  • ブルーライトカット機能あり
  • FreeSync対応

こちらはリフレッシュレートは100Hzまでですが、モニタースタンド部分にQiがついており、スマホが充電できるという謎の機能が付いておりますw

モニターのデザインもかっこよく、機能的にも過不足ない感じで「Qiに魅力を感じるなら買い」って感じでしょうか。

3位までのモニターとゲーミング性能は同等で劣るという事はないです。

スマホ充電器付きのモニターに魅力を感じるゲーマー」にはおすすめですね…w

まとめ:4K144Hzは、まだ時代が追いついてない…。

上記の通り、4K解像度での144Hzはまだ実現されていません。

そもそも、それを実現できるモンスターPCを組んでいる人がどれほどいるのか…という話ですがw

しかしウルトラワイドモニターで144Hzという条件で良いなら、現時点でも完成度の高いモニターが入手可能です。

紹介したモニターおさらい

 

【関連記事】【2019年】4Kモニターの選び方・おすすめ機種まとめ

4Kモニターの選び方 完全ガイド【2019年】4Kモニターの選び方・おすすめ機種まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください