Amazonでタイムセール祭りやってるぞ!

【2019年】ゲーミングモニターの選び方& おすすめ機種まとめ

ゲーミングモニター 選び方 おすすめ まとめ

ゲーミングモニターを買ってみたいけど、いろんな機種がありすぎて分からない…

そもそもゲーミングモニターって、なにがいいの?

 

という方のために、ゲーミングモニターの選び方おすすめ機種をまとめました。

「ゲーミングモニターってなんだろう…」という方から「いま使っているモニターに不満がある」という方まで、ゲーミングモニターに興味がある人に向けた完全攻略ガイド的なまとめページです。

初めてゲーミングモニターを買うという方は、この記事を上から順に読むことをおすすめします。
前半の「ゲーミングモニター選びで絶対にチェックすべきポイント」を理解していないと、自分に合ったモニターを選べないからです。

逆に、ある程度ゲーミングモニターについて分かっている方は、序盤の解説部分は読まなくてOKです。
解説のあとにジャンル別のおすすめ機種を紹介していますので、参考にしてくださいね。

では、3分くらいでサクッと基礎を解説します!

ゲーミングモニターとは?

ゲーミングモニター

まず最初に「ゲーミングモニターとは何か」を解説しますね。

ゲーミングモニターとは、その名の通り「ゲームをプレイするためのモニター」のことです。
普通のオフィス用モニターでゲームをプレイするよりも操作が快適になったり、映像に迫力が増したりします。

特に、オンライン対戦ゲームをプレイする場合、ゲーミングモニターは必須でしょう。
対戦相手はゲーミングモニターを使っているので、普通のモニターで戦うのは不利だからです。

では、具体的にどういう理由でゲームが快適になるのかを解説します。

ゲーミングモニターのメリット

なぜゲーミングモニターを使うとゲームが快適なのか。
ゲーミングモニターを使うメリットは主に以下の3点です。

  • 「応答速度」が速い
  • 「リフレッシュレート」が高い
  • 「入力遅延」が少ない

上記の3点について、もう少し深堀りして解説していきますね。

「応答速度」が速いと、「残像」が少ない。

応答速度とは、簡単に言うと「モニターの色が切り替わる速さ」のことです。

モニターの色が切り替わるのが遅いと、次のコマに映像が切り替わっても、前のコマの絵が残像として画面内に残ってしまいます。

応答速度 とは 解説

「今までそんなの気にしたことなかった」と思う方も、多いかもしれません。
しかし、FPSや格ゲーなどの動きが激しいゲームは、残像が少ないだけでビックリするほどプレイしやすくなります。

試しに、応答速度が遅いモニター速いモニターで、応答速度を計測できる有名サイト「UFOテスト」をやってみた写真を比較してみましょう。

応答速度 早い 遅い

左:応答速度が遅いモニター 右:応答速度が速いモニター

このサイトを簡単に説明すると、「左から右へUFOが流れてくるだけのサイト」なのですが、モニターの「残像」を計測するのにぴったりなんですよ。

上記の画像はUFOテストをしているモニターをスマホのカメラで撮影したものです。
応答速度が遅いモニターだと、完全にUFO君が2つに分身しちゃうほど大量に残像が見えていますねw

 

ついでに、残像が無いほうがゲームが快適にプレイできるというのがよく分かる動画を拾ってきました。
20秒程度の動画です。

上記の動画は大手モニターメーカーBenQが公式にあげている「残像低減機能の宣伝動画」です。
たった20秒の動画なので、ぜひ再生してみてください。

残像が少ないと、ゲームがプレイしやすいというのが非常によく分かる動画です。

応答速度は、「1ms」を基準に選ぼう。

では、どのぐらいの応答速度だとゲームが快適なのか。

具体的には、応答速度:1msと書いてあるモニターを選びましょう。

商品のスペック表を見ると、「応答速度:1ms(GtoG)」と書いてあると思います。
Amazonでモニターを検索したら、だいたい説明欄に書いてありますよ!

それより速いモニターもありますが、ゲーマー界隈では1msくらいの速さがあれば十分と言われています。

用語解説:「GtoG」とは…
GtoGは、Gray to Grayの略。

簡単に言えば「濃いグレーから薄いグレーに色が切り替わる速度」です。

モニターの特性として、真っ黒から真っ白、または真っ白から真っ黒、という色の切り替えが最も速いと言われています。(中間色→中間色の切り替えは難しい)

でも真っ黒から真っ白にチカチカ画面が切り替わるなんて、全く現実的なシチュエーションではありませんよね。

なので、GtoGという基準を設けてわざと曖昧な色から曖昧な色への切替速度を表記しているのです。

すなわち、より現実的な応答速度はGtoGの数値となります。

「リフレッシュレート」が高いと、滑らかで遅延のない映像が表示可能。

リフレッシュレートとは、「モニターが1秒間に表示できる画像の枚数」のこと。

そもそも映像というのは「静止画の連続」で、言ってしまえば「パラパラ漫画」と原理は一緒なんです。

なので、リフレッシュレートが高いというのはパラパラ漫画をビラビラァァーーッ!!っと高速でパラパラしているイメージですね。
1秒間に表示するコマ数が多ければ多いほど、映像の動きが滑らかになります。

60Hz 144Hz リフレッシュレート 違い

上記はフレームレートの違いを表現したイメージ画像です。

画像にもある通り、ゲーミングモニターは144Hzが主流でして、普通のモニター(60Hz)と比べると2.4倍も映像が滑らかです。

映像で見てみると上記のような感じです。

240Hzモニターだとスロー再生してもカーソルが滑らかに見えているのに、60Hzモニターだとコマ送りのようにカクカクしています。

これをFPSのゲーム画面に置き換えて考えてみてください。
どちらが有利なのかは…明白ですよね。

リフレッシュレートが高いと、「遅延が少ない」というおまけも!

また、リフレッシュレートが高ければ高いほど「遅延が少ない」というメリットもあります。

一般的な60Hzモニターは1秒間に60コマ、つまり約0.017秒に1回の頻度で画面を更新していますが、
144Hzモニターの場合だと、0.007秒に1回の頻度で画面が更新されます。

これはFPSなどの対戦ゲームでは非常に大きなメリットです。
なぜなら、画面がいち早く更新される = 相手よりコンマ数秒先の未来が見える という事ですから!

リフレッシュレートが高いと遅延が少ないということがよく分かる動画を拾ってきたので、見てみてください。

20秒ぐらい見れば十分です。

上記の通り、240Hzのほうが映像が滑らかなのは勿論ですが、ちょっと早いですよね?
車が画面に入ってくる瞬間、弾がキャラから発射される瞬間など。

モニターが違うだけで、相手より少し未来が見えるんですよね。
コンマ数秒の差で勝敗が喫するゲームをプレイするなら、どちらが良いのかは自明ですね。

【関連記事】リフレッシュレートが高いと何が良いの?→よく分かる画像作ってみた

「入力遅延」が少ないと、相手より未来が見える。

入力遅延というのは、「PCから映像信号が発信されてから、実際にモニターに表示されるまでのラグ」のこと。

入力遅延 とは 解説

先ほど解説したリフレッシュレートと一緒で、遅延が少なければ少ないほど相手より未来を見ている事になります。
ゲームが有利になるのは、言わずもがなですね!

コンマ数秒の差で勝負が決まってしまう対戦ゲームにおいて、遅延は最大の敵…。

少しでも遅延が少ないモニターを選びたいところです。

ゲーマーがゲーミングモニターを買うべき理由 まとめ

ここまで解説してきた内容をおさらいするとこんな感じです。

  • 応答速度が速いと、残像が少なくなる。
  • リフレッシュレート高いと、なめらかで遅延のない映像になる。
  • 入力遅延が少ないと、相手より未来が見える。

この3つの要素を重視してモニターを選ぶと、より深くゲームを楽しめますよ!

ゲーミングモニターのデメリット

そんなゲーミングモニターですが、デメリットとも言える注意点が2つあります。

  • ある程度のハイスペックPCが必要。
  • ゲーム機(PS4・Switchなど)には、フレームレート上限がある。

上記の2点について、サクッと解説します。

ある程度のハイスペックPCは必要。

PCでゲームをする方なら分かると思いますが、ゲームがヌルヌル動くかどうかはPCの性能次第です。

たとえ144Hzモニターを買ったとしても、ゲームが70fpsでしか描画できないPCだと、当然70fpでしかゲームは動きません。
モニターを変えたからと言って、PCのゲーム性能がアップするわけではないのです。

とはいえ「私のPCはPUBGで70fpsしか出ないから、70Hzのモニターを探さないと…」と思う必要はありません。

2019年現在だと60Hz・144Hz・240Hzのモニターが主流なので、中途半端なリフレッシュレートのモニターは需要が少なく、かえって割高な値段で売られているからです。

それに144Hzモニターも今なら安いものだと2万円台から買えちゃいます。

なので、ゲーム用にモニターを買うなら、たとえゲームが144fpsで動かなくても144HzモニターでOKです。
将来的にPCを買い換える事も視野に入れると、中途半端なスペックのモニターを高いお金を払って買うメリットは全くありませんよ。

ゲーム機にはフレームレート上限がある。

ゲーム機には、最大フレームレートに制限が掛かっています。

フレームレート上限

  • PC:上限なし(スペックによる)
  • PS4:60fps
  • PS4 Pro:60fps
  • XBOX ONE S:60fps
  • XBOX ONE X:60fps
  • Switch:60fps

ご覧の通り、PC以外のテレビゲーム機はすべて、60fpsが上限です…。

なので、ゲーム機用にゲーミングモニターを買いたい場合は、わざわざ144Hzモニターを買う必要はありません。
ゲーム機に使うなら、60Hzのゲーミングモニターを買えばOKです。(そのほうが安いです。)

具体的なおすすめ機種情報は、これから紹介していきますね!

おすすめのゲーミングモニター10機種まとめ

では、上記の選び方を踏まえて、ゲーミングモニターに詳しいぼくのおすすめ機種をピックアップしてみました。

ゲーム世界大会での採用率No.1:ZOWIE XL2546

特徴

  • サイズ:24.5インチ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • リフレッシュレート:240Hz
  • 応答速度:1ms
  • 残像低減機能「DyAc」搭載
  • 暗い場面の視認性を高める「Black eQualizer」搭載
  • 画面周辺の視界を制限する「アイシールド」付き

FPSゲームの世界大会などで一番良く見かけるのがこちらのXL2546です。

CS:GOのプロリーグ「ESL」などでは毎回のようにこちらのモニターが採用されていますね。

ただでさえリフレッシュレートが240Hzなのに、そこからさらに残像を低減させるDyAcという機能まで搭載されており、現状で最も残像が少ないゲーミングモニターの1つではないでしょうか。

そりゃプロリーグで採用されますよね(笑)

【関連記事】240Hz駆動の最強ゲーミングモニターXL2546を購入しました:開封レビュー

コスパが良い240Hzモニター:Pixio PX5 HAYABUSA

特徴

  • サイズ:24.5インチ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • リフレッシュレート:240Hz
  • 応答速度:0.6ms
  • FreeSync対応
  • ベゼルレスデザイン

上記のXL2546を見れば分かりますが、240Hzモニターの相場ってだいたい5万円以上なんです。

そう考えるとこちらのPX5、安すぎます…。

実はぼくが使っているのもこのPX5なのですが、安かろう悪かろうと思う部分も特になく、普通になんの問題もない240Hzモニターです。

画質も落ち着いた色合いで、TNパネル特有のギラギラ感もそれほどなくていい感じ。

大手ゲーミングブランドのモニターがほしい!という思いが特に無い方は、PX5とてもおすすめですよ。

【関連記事】【最強】240Hz駆動のゲーミングモニター おすすめ機種ランキング

ZOWIEのゲーミングモニター入門機:ZOWIE XL2430

特徴

  • サイズ:24インチ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 応答速度:1ms
  • 映像モードをかんたんに切り替える「S-スイッチ」付き

ZOWIEのゲーミングモニターの中でも入門機に位置するモニターです。

FPSゲームのプロリーグで使用されることもあり、性能的にはゲーム業界からのお墨付きがありますね。

こちらのモニターには「Sスイッチ」というリモコンが付属しています。

これに慣れると、なんで他のモニターってリモコン付いてないんだろう…と思うくらい、地味ですけど確実に便利ですね!

お買い得な144Hzモニター:Dell S2419HGF

特徴

  • サイズ:24インチ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 応答速度:1ms
  • FreeSync対応

とてもお買い得な144Hzモニターです。

とはいえ、機能的には十分で、応答速度もしっかり1msですね。

Dellと言えば品質的には間違いないメーカーなので、普通におすすめです!

【関連記事】【ヌルヌル】144Hz以上出るゲーミングモニターのおすすめランキング

曲面パネルの144Hzモニター:AOC C27G1/11

特徴

  • サイズ:27インチ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 応答速度:1ms
  • FreeSync対応
  • 曲面ディスプレイ

なんと、曲面ディスプレイのゲーミングモニターがもうこんな値段で買えるんですね!

ある程度大きめのモニターになると、曲面パネルのほうが画面の角度としては理想的だと言われています。

平面だと、画面中央は目から近いけど、画面端は目から遠い…という距離差が生まれますよね。

24インチ程度の大きさだと気にしなくてもいいかもしれませんが、27インチ以上のゲーミングモニターを検討している方は曲面ディスプレイを買ってみるのも面白いかも知れませんね!

PS4やSwitchに最適な低遅延モニター:I-O DATA GigaCrysta EX-LDGC251TB

特徴

  • サイズ:24.5インチ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 応答速度:0.8ms

さきほど解説しましたが、PS4やSwtichで使うなら60Hzモニターで十分です。

むしろ144Hzモニターを買ってもなんの意味もないので…。

その点、こちらのモニターはゲーム向けに応答速度が0.8msと速く、かつ価格も安いです。

ゲーム機用に買うには最適なゲーミングモニターですね!

格ゲー用に開発されたモニター:ZOWIE RL2460S

特徴

  • サイズ:24インチ
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 応答速度:1ms
  • 1台のゲーム機に2代のモニターをつなげる「HDMIパススルー機能」搭載

こちらは格闘ゲームをプレイするのに最適化されたモニターです。

なんとPS4にモニターを2台接続できる「HDMIパススルー機能」というものが備わっています。

分割画面で対戦するのはやりにくいので、モニターを2台つないで本格的に対戦しよう、というわけですね。

ゲームセンター級の本格対戦が、自宅で気軽に楽しめるなんて…すごい!

そう考えると安すぎるモニターです。

【関連記事】【2019年】PS4に最適なゲーミングモニターのおすすめ機種を6つ紹介

PS4 Proに最適な4Kモニター:BenQ EL2780U

特徴

  • サイズ:27.9インチ
  • 解像度:4K(3840×2160)
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 応答速度:1ms
  • HDR10コンテンツ対応
  • FreeSync対応

PS4Proは4K解像度に対応していますので、4Kモニターを使うのがおすすめです。

こちらのモニターは公式でPS4対応を謳っており、応答速度もしっかり1msなのでゲームに最適ですね。

Amazonのレビューもかなりいいので読んでみてください!

【関連記事】【2019年】PS4 Proに最適な4Kモニターおすすめランキング【4万円から】

発色がめちゃくちゃ綺麗な4K:Dell U2718QM

特徴

  • サイズ:27インチ
  • 解像度:4K(3840×2160)
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 応答速度:5ms
  • sRGB 99.9%の色精度
  • HDR10コンテンツ対応

IPSパネルを採用した、めちゃくちゃ色がきれいなモニターです。

応答速度は5msなので動きの激しいゲームには向きませんが、RPGやまったり系のゲームをするなら全く問題ないスペックでしょう。

モニター自体のデザインも洗練されていてかっこいいので、スタイリッシュで画質が良いモニターが欲しい人におすすめですね!

バケモノ級のウルトラワイドモニター:ASUS ROG Strix XG49VQ

特徴

  • サイズ:49インチスーパーウルトラワイド
  • 解像度:3840×1080
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 応答速度:4ms
  • FreeSync対応

最後にご紹介するのはこちらの超ど級なゲーミングモニター…。

49インチのスーパーウルトラワイドとかいうよく分からない解像度なのに、リフレッシュレートはしっかり144Hzという、スペック的には最強すぎるモニターです。

3画面でトリプルモニター環境を構築しているゲーマーは少なくないと思うので、思い切ってこちらのモニターを買ってしまえば数年間は超ドヤ顔で生活できるのではないでしょうか。

所有したときの優越感はハンパないでしょうね…。

まとめ

ゲーミングモニター 選び方 おすすめ まとめ

  • ゲーミングモニターは、応答速度リフレッシュレート入力遅延が大切!
  • PCのスペックもそれなりに高くないとモニターを活かしきれない。
  • PS4やSwitchは60Hzモニターで十分。

ゲームを本格的に楽しみたいなら、ゲーミングモニターはもはや必須です。

予算に合わせて様々な機種が発売されていますので、自分に合ったゲーミングモニターを入手してゲームをもっと楽しみましょう。

初心者の方はまずは144Hzモニターから始めるのがおすすめですよ!

紹介したモニターまとめ

ゲーミングモニターについてのおすすめ記事

当記事は、初心者の方がゲーミングモニターを選びやすいように解説した記事です。
マニアックな内容や専門的な知識はあえて書かず、わかりやすさを重視しています。

より詳しくゲーミングモニターについて知りたい方は、下記の記事を参考にしてくださいね。

モニターの選び方

リフレッシュレートが高いと何が良いの?→よく分かる画像作ってみた

【違いを解説】HDMIとDisplayPort、どっちが良い?→迷ったらHDMIがいいよ

価格コムで人気の144Hzモニターのデメリット【モニターオタクが解説】

【12~50インチまで】よくあるモニターサイズを図で比較してみた

なぜ応答速度1msのゲーミングモニターが有利なのか、理由を解説します

最高のゲーミングモニターはどれ?プロゲーマー1029人に聞いてみた!

あまりに安い144Hzモニターには気を付けろ!【選び方のポイントを解説】

ジャンル別のおすすめ機種

【PS4/Switch用】FPS向けのゲーミングモニター おすすめランキング!

【最強】240Hz駆動のゲーミングモニター おすすめ機種ランキング

【2019年】PS4に最適なゲーミングモニターのおすすめ機種を6つ紹介

【ヌルヌル】144Hz以上出るゲーミングモニターのおすすめランキング

モニター環境をもっと便利にする

【注意点あり】モニターアームの選び方 & おすすめ機種まとめ

デュアルモニターに最適なサブ用PCモニター おすすめ機種4選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください