8Kモニターってどうスゴイの?今までのモニターと比較してみた

8K ディスプレイ

8Kって何?

8Kモニターってどれぐらいすごいの?

そもそも8Kモニターってもう買えるの?

 

という方のための記事です。

なんだか最近、4Kの次は8Kだとか、8K放送がどうとか、よく聞きますよね。

それもそのはず、なんと2018年12月1日からスカパー等でひっそりと超高画質な「8K衛星放送」が開始されているんですよ!

早くも、時代は4Kから8Kに移行しようとしています。

(まだ4Kもそんなに普及してないのにね!)

そこでこの記事では、

  • 8Kとは何か
  • どれぐらい高精細なのか(フルHDや4Kとの比較)
  • 現状買うことができる8Kディスプレイのおすすめ機種

などについて、初心者の方にも分かりやすいようにサクッと解説しています。

そもそも「8K」って何?

8Kとは、「横7,680 x 縦4,320」という解像度のことを表す言葉です。

解像度の横幅が7,680=約8,000なので、8K(Kは1,000を表す単位)と呼ばれています。

一般的なPCディスプレイの解像度はフルHD(1,920 x 1,080)ですから、それと比較すると16倍の画素数ということになりますね。

もはや想像できませんが…要するに、とんでもなくきめ細かいということです!

8Kはどれぐらい高精細?既存の解像度と比較してみた

フルHDの16倍と言われても全く想像がつかないと思うので、色々な解像度と比較した図を作成してみました。

8K 解像度 比較

  • フルHD… 1,920 × 1,080 = 207万画素
  • WQHD… 2,560 × 1,440 = 368万画素
  • 4K… 3,840 × 2,160 = 833万画素
  • 5K… 5,120 × 2,880 = 1,474万画素
  • 8K… 7,680 × 4,320 = 3,317万画素

4Kですら800万画素なのに、3300万画素って…。

文字通り、桁が違いますね。

そんなに巨大な解像度は、本当に必要か?

ぼくはPC用の4Kディスプレイを所有していますが、「8Kぐらいまでなら、あってもいいかも」と思ってます。

というのも、家電屋さんに展示してある4Kテレビでも、近くで見たら結構まだまだ画質が粗いんですよね。

4Kと言えども、50インチ以上のサイズになってしまうと高画質感は大したことないです。

なので、60インチ以上の超大型テレビを想定するなら、8Kぐらいの解像度はあってもいいんじゃないかと思います。

実際、今買うことができる8Kテレビで一番小さいサイズが「SHARP AQUOS 8T-C60AX1」の60インチですし、メーカーも超大型ディスプレイ用の解像度として考えているようですね。

今買うことができる8Kディスプレイのおすすめ機種は?

8Kテレビ」はSHARPのAQUOSシリーズが強いですが、PC用の「8Kモニター」はどうなのでしょうか?

調べたところ、現在PC用のディスプレイで8K解像度に対応しているのはDELLの「UP3218K」だけのようです。

しかも、8Kテレビが軒並み60インチ以上のサイズの中、このUP3218Kは31.5インチのサイズに3300万ピクセルが詰め込まれていますので、めちゃくちゃ高精細です…。

 

とはいえ、画面サイズに対してあまりにも(必要以上に)高精細すぎるので、この31.5インチの8Kディスプレイは一般人にとっては無用の長物です。

購入した方のレビュー記事を読みましたが、UP3218Kを購入して活かすことができるのはハイエンドなクリエイターの方だけだな…と感じました。

一応、スペックを見てみましょう。

UP3218Kの特徴

  • サイズ:31.5インチ
  • パネル:IPSパネル
  • 解像度:7,680×4.320
  • ピクセル密度:約280ppi(15インチ4K液晶とほぼ同等)
  • 応答速度:8ms(標準)6ms(高速)
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 入力:DisplayPort 2本
  • 輝度:400cd/㎡
  • 最大表示色:10.7億色(10bit)
  • 重量:スタンド込み=10.5kg、画面のみ=6.9kg

性能もド級ですが、お値段も超ド級ですね…!!

高精細液晶は、やはりDELLが強いです。

このUP3218Kが発売されたのは2018年7月ですが、記事を書いている2019年5月現在でも、他社からは1機種も8Kディスプレイは発売されていません。

さすが、13.3インチのノートPCの液晶に4Kをぶち込んでしまう会社ですね!

まぁそもそも、このモニターを使うためにはDisplayPortケーブルを2本使わないと映像通信が出来なかったりして、まだ周辺の規格が8Kに追い付いていない感があります。

本格的に時代が8Kに移行する準備が整うまでは、他社はあえて出さないのかもしれませんね。

 

それに、UP3218Kはただ解像度が高いだけはありません。

10bitカラーを出力できるのはもちろん、AdobeRGB: 100 %、sRGB: 100 %、Rec.709: 100 %、 DCI-P3: 98 %というとんでもなく正確な色再現性を誇っています。

クリエイティブ用途では間違いなく世界最高のモニターですね。

「今、8Kモニターを欲しがってる人は中途半端な性能は求めてない = 中途半端なモニターを出してもUP3218Kに勝てない」というのも、他社が8Kディスプレイを発売しない理由のひとつかもしれません。

まとめ

  • 8Kとは、横7,680 x 縦4,320という解像度のこと。
  • 4Kの4倍、フルHDの16倍くらい高精細。
  • 現在売られている8Kディスプレイは、DELLの「UP3218K」のみ。

一言で言えば、「まだ時代が追い付いていない」です。

そもそも8Kのコンテンツがまだ全然ないので、クリエイターでもない一般人が8Kディスプレイを手に入れたところで、使い道がありません。

超高精細なモニターが欲しいと思っても、向こう数年は4Kモニターぐらいにしておいたほうが良さそうです。

 

【関連記事】【2019年】4Kモニターの選び方・おすすめ機種まとめ

4Kモニターの選び方 完全ガイド【2019年】4Kモニターの選び方・おすすめ機種まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください