【衝撃】マウスの交換用ケーブル「Silky Cable」が柔らかすぎておかしいww

hid-labs silky cable レビュー

有線タイプのゲーミングマウスを使っていて「ケーブルが邪魔だな…」と感じたことがある人も多いはず。

そんな人のために、最近は「柔らかいマウスケーブル」というものが売っているのですが、この度とんでもないケーブルが発売されました…。

HID-Labsというショップから発売されたSilky Cableという商品なのですが、写真を見れば分かる通り、ちょっとこれ尋常じゃないです。

なんかもう、電線という域を完全に超えてますよね。
でもこれでちゃんとマウスが動くんです…不思議…。

silky cable レビュー

この異常な写真を見て食指が動いた人のために、取り付け方法なども含めて詳しくレビューしていきます。
購入を検討している方は参考にしてくださいね。

Silky Cableは、ゲーミングマウス用のカスタムケーブル

今回レビューするSilky Cableは、ゲーミングデバイスのカスタムパーツ専門店「HID-Labs」から発売中のゲーミングマウスの交換用ケーブルです。

マウスを分解して自分でケーブルを交換する必要があるため、上級者向けの商品ですね。

とはいえ、それをやる価値が大いにあることは、写真を見ればすぐに分かるはず。

hid labs silky cable

HID-Labs Silky Cable

SilkyCableを購入すると、こんな感じのものが封筒で郵送されてきます。
(宅配便じゃないので、不在とか関係なく投函してくれるっていうのは地味に嬉しい)

内容物はケーブル本体とコネクタ、それにケーブルをマウスに固定するための収縮チューブなどがいくつか。

マウスによってケーブルの取り付け方法は違うので、どんなマウスにも使えるように収縮チューブは結構多めに入っていました。

hid-labs silky cable

ケーブル本体

今回はホワイトを注文してみました。

silky cable レビュー

あまりにも柔らかいので、ナスカの地上絵的な何かを描いてみたくもなります。

silky cable レビュー

silky cable レビュー

恐らく、写真を見て想像しているよりも2倍くらい柔らかいです。

柔らかすぎて、触ったらすぐ断線しちゃうんじゃないかとビクビクするレベル。

(実際は意外に大丈夫)

HID-Labsの旧製品「LimpCable」との比較

HID-LabsはもともとLimp Cableというパラコードケーブルを販売しており、今作Silky Cableはそれに改良を加えた新商品とのこと。

ぼくはちょうど前作のLimpCableも持っていますので、どんな違いがあるのかを比較してみます。

hid-labs silky cable limp cable

Limp Cable vs Silky Cable

左側の青いケーブルが、以前から販売していたLimpCableです。

hid-labs silky cable limp cable

Limp Cable vs Silky Cable

旧のほうは汎用品のUSBコネクタですが、新しいSilkyCableにはHID-Labsのロゴがプリントされていますね。

hid-labs silky cable limp cable

Limp Cable vs Silky Cable

僅かですが、SilkyCableのほうがケーブルの外径が細くなっているようです。

中の電線も変わっているのか、ケーブルの重量も軽くなっています。

持ってみると、明らかにSilkyCableのほうが軽いですね。

上記は、ケーブルの柔らかさを比較してみた動画です。

上から順に、

となっております。

比べてみると、Silky Cableの柔らかさは圧倒的です…。
本当に中に電線が入っているのか疑ってしまうレベルですねw

Silky Cableをマウスに取り付けてみた

記事執筆時点では、HID-Labsさん公式のケーブル取り付けマニュアルは準備中になっていたので、ぼくが実際に取り付けた際のやり方を共有しておきます。

HID-Labsさんが考えるやり方とは少し違うかもしれませんので、あくまでぼくなりのやり方ということでお願いしますね!

今回は例として、Glorious Model O-というマウスで作業していきます。

用意するもの

hid-labs silky cable レビュー

用意するもの

SilkyCableを取り付けるために用意するものは、

  • Silky Cable
  • 取り付けたいマウス
  • 予備のソール
  • 精密ドライバー(100均でも十分)
  • ライター(ドライヤーでも可)
  • はさみ(カッターでも可)
  • 接着剤

ぐらいですかね。

ライターとはさみは、場合によっては使わないかも。

注意点として、剥がしたソールは基本的には再利用できないと思ってください。(どうしても傷つくので)
よっぽどソールの剥がし方に自信があるなら別ですが、戻すときに貼る用の新しいソールはあったほうが良いです。

1.マウスを分解する

それでは始めていきます。

まずはマウスを分解しましょう。

精密ドライバーなどをソールの端っこから食い込ませ、ソールを剥がします。

hid-labs silky cable レビュー

ソールを剥がす

カッターの刃とかでも剥がせます。

ソールを剥がすとだいたいネジ穴が出現しますので、ネジを外します。

hid-labs silky cable レビュー

ネジを外す

Model O-はネジが2本だけなので楽ですね。

hid-labs silky cable レビュー

ぱっくんちょ

ネジを外したら、大抵のマウスはそのままマウスをクパァできるはずです。

中にはツメで引っかかってるマウスもありますが、細いマイナスドライバー等を隙間に突っ込んでやればテコで開きます。

(こじ開ける場合はツメが折れないように慎重に!)

hid-labs silky cable レビュー

分解した状態

マウスの上側と下側が電線でつながっていたら、外します。

このように完全にマウスの底面だけの状態になるまで分解できればOKです。

2.マウスケーブルのコネクタを外す

マウスが分解できたら、いよいよ純正のケーブルを外していきます。

hid-labs silky cable レビュー

硬いんだよなあ…

この白い5ピンのコネクタがそうです。
世の中に流通しているほとんどのマウスは、この5ピンのコネクタを採用しているはず。

たいていものすごく硬いですが、上に引っ張れば抜けるので頑張って抜きます。

電線や周りの基板を傷つけないように注意してくださいね。

hid-labs silky cable レビュー

抜けた!

コネクタが抜けたら、マウス底面からケーブルを完全に取り外しちゃってください。

hid-labs silky cable レビュー

ケーブルを外す

完全にケーブルが外れました。

3.Silky Cableにケーブル固定用のブッシュを取り付ける

Silky Cableの付属品の中に、「ケーブルの根元に付いてるアレ」が入っています。

じゃあなぜ純正ケーブルには余計な線が入っているのかと言うと、この線を省略すると販売できないからです。 具体的にはCEマークのEMC司令というものづくり業界の国際的なルールに違反してしまうことになるため、メーカーがマウスを世界中に販売しようと思ったらこの黄色い線を省くわけにはいかないというわけですね。 「パラコードがこんなに流行ってるのに、なんでデバイスメーカーは最初からパラコードを付けないんだよ!?」 と思ったことがあるゲーマーも多いと思いますが、ルール的に無理だから出来ないんだと言うことを知っていると、ちょっとだけ通なゲーマーになれますよ。

ケーブルの根元につける、アレ。

これをSilky Cableに取り付けていきます。

じゃあなぜ純正ケーブルには余計な線が入っているのかと言うと、この線を省略すると販売できないからです。 具体的にはCEマークのEMC司令というものづくり業界の国際的なルールに違反してしまうことになるため、メーカーがマウスを世界中に販売しようと思ったらこの黄色い線を省くわけにはいかないというわけですね。 「パラコードがこんなに流行ってるのに、なんでデバイスメーカーは最初からパラコードを付けないんだよ!?」 と思ったことがあるゲーマーも多いと思いますが、ルール的に無理だから出来ないんだと言うことを知っていると、ちょっとだけ通なゲーマーになれますよ。

こっち向き。

こんな感じ。
反対向きに通さないように!

4.付属のコネクタにSilkyCableのピンを差す

白いコネクタが付属品の中に入っていますので、SilkyCableのピンをそのコネクタに挿入します。

純正ケーブルをよく観察して、純正ケーブルと全く同じ色の順番でピンを差します。
(マウスによって色の順番が違うこともあるので注意!)

Model O-の場合、 の順番ですね。

と、ここで気づくと思いますが、Silky Cableは電線が1本少ないですよね。

でも心配ご無用。
簡単に説明すると、この黄色い電線はノイズ対策にしか使わない線なので、実は無くてもなんとかなる線なんです。

なので少しでも柔らかく・軽くを追求しているパラコードには最初から含まれていません。
黄色い線を抜かした の線を、順番通りに差せばOKですよ。

無くてもいいなら、純正ケーブルに入っているのはなぜ?

この黄色い線を省くという行為は、厳密にはCEマークのEMC司令という国際的なルールに違反することになります。
EMC司令とは、簡単に言うと「変な電波出したり、電磁波の影響で誤動作するようなモン売ったらアカンで」というルール。

このルールに違反した製品を流通させているとバレたメーカーには、流通停止措置と罰金が課せられます。

要するに、ユーザーがあとから線を省くのはOKだけど、最初から黄色い線を省いて売るのはNG、というわけですね。

パラコードがこんなに流行ってるのに、なんでデバイスメーカーは最初からパラコードを付けないんだよ!?

と思ったことがあるゲーマーも多いと思いますが、ルール的に無理だから出来ないのです…。

silky cable レビュー

最も断線しやすい部分

ちなみに注意点として、ピンの根元はめちゃくちゃ断線しやすい部分なので、コネクタにピンを刺す時は精密ドライバーや爪の先などでピンのお尻を突っつくような感じで差してください。

(ピンと電線の境目が折れ曲がらないように)

電線ごと指でグニュっと差すと、高確率で断線します。

5.Silky Cableのコネクタをマウスに差す

一番センシティブな工程はクリアしました。

無事にコネクタにピンを差すことができたら、いよいよマウスに取り付けていきます。

じゃあなぜ純正ケーブルには余計な線が入っているのかと言うと、この線を省略すると販売できないからです。 具体的にはCEマークのEMC司令というものづくり業界の国際的なルールに違反してしまうことになるため、メーカーがマウスを世界中に販売しようと思ったらこの黄色い線を省くわけにはいかないというわけですね。 「パラコードがこんなに流行ってるのに、なんでデバイスメーカーは最初からパラコードを付けないんだよ!?」 と思ったことがあるゲーマーも多いと思いますが、ルール的に無理だから出来ないんだと言うことを知っていると、ちょっとだけ通なゲーマーになれますよ。

マウスに付けた

マウスにコネクタを差したら、本格的にケーブルを固定する前に一度通電チェックをしましょう。

silky cable レビュー

通電チェック

PCに接続してみて、ちゃんとマウスとして使えるかどうかを確認してください。

OKだった場合、一度PCから取り外して作業を続行します。

動かなかった場合、作業中に断線してしまったか、もしくはピンを差す順番を間違えています。

ピンの順番、何回確認しても合ってる…」という方は断線の可能性が高いですね。ご愁傷様です…。
勉強代だと思って、もう1本買いましょう。

6.純正ケーブルと同じルートで、配線を引き回す

無事に通電チェックをクリアした方は、いよいよ大詰めです。

純正ケーブルがもともと通っていた場所に、Silky Cableを同じように引き回していきます。

silky cable レビュー

ケーブルを引き回す

純正ケーブルよりも太いのでフィット感はイマイチですが、なんとか押し込みます。
基板のエッジで電線を傷つけないよう慎重に。

追記:
公式チュートリアル動画によると、配線ルートが決まった段階でゴムブッシュとケーブルを接着したほうがいいみたいです。
(ぼくは知らずにそのままやっちゃいました…)

接着剤で固定しないと、中の電線が擦れてすぐに断線してしまうらしい。

HID-Labsさんに直接聞いてみた所、セメダインの速乾GクリアスーパーXクリアあたりがおすすめとのこと。

セメダイン
¥188 (2019/11/20 11:23:07時点 Amazon調べ-詳細)

※アロンアルファなどの瞬間接着剤系は白化しやすいので、辞めておいたほうが良さげ。

silky cable レビュー

スレスレ!

Model O-の場合、ホイールとのクリアランスがめちゃくちゃギリギリでした!

このあたり、付属品の収縮チューブを駆使すればもう少し上手くやれたかもしれませんが、ぼくはこのままゴリ押ししました。

この記事は公式取り付けマニュアルではありませんので、多少の雑さはご容赦くださいw

7.マウスを組み立てる

無事にケーブルを引き回せたら、マウスを元のように組み立てます。

silky cable レビュー

いい感じ

いきなりネジまで締めるのはナンセンス。

まずはケーブルが挟み込まれていないか、隙間なくピッタリ閉じているかを注意深く観察しましょう。

大丈夫そうだったら、ネジを締めます。

silky cable レビュー

完成

最後にソールを貼ったら作業完了です。

お疲れさまでした。

silky cable レビュー

マウスバンジーの意味ある?

あとは思う存分、Silky Cableの柔らかさを楽しんでください。

そういえば今回は収縮チューブを使わなかったので、ライターはさみは1回も使わなかったですねw

マウスの種類によってはケーブル固定用のブッシュが使えず、収縮チューブを使わないといけない場合もあります。
今回のやり方は、あくまでGlorious Model O-の場合ということをご理解ください。

マウスのケーブルを交換するときの注意点

「どう考えても純正ケーブルより良いじゃん!」と思うかもしれませんが、いくつか注意点もあります。

  • マウスの保証は無効になる
  • 耐久性は、そんなに良くないはず
  • マウスが誤動作する可能性も、無くはない

マウスを分解するため、当然保証は効かなくなります。
完全に自己責任での改造なので、失敗して壊れたら買い直しですね。

それに、柔らかさを実現するために相当細い電線を使っているので、耐久性はある程度犠牲にしているはずです。
数ヶ月で断線する可能性もあるということは念頭に置いておいたほうが良いでしょう。

同様に、柔らかさを実現するためにノイズ対策用の線を1本省いているわけなので、近くに置いてある電化製品からのノイズで誤動作する可能性もゼロではありません。

SNSなどで検索してもパラコードが原因で誤動作したなんていう話は聞いたことがないので大丈夫だとは思いますが、そのへんも含めて自分で対策できる上級者向けのカスタムパーツと言うことですね。

まとめ

silky cable レビュー

ナスカの地上絵風

  • パラコードケーブルは他でも買えるが、Silky Cableが次元が違う柔らかさ
  • しかも軽い
  • マウスを分解した時点で、保証は切れる

自己責任においてマウスを分解することを厭わない上級者向けのカスタムパーツですが、気になった方は試してみては。

どんなマウスでも、ワイヤレスマウスのような操作感になりますよ!

【関連記事】Zowie S2 Divinaを「マット化&パラコード化」してみた!【解説あり】

【関連記事】Air58 Ninjaのソールを交換するついでに底面を研磨してみた【マウスMODDING】

【関連記事】【改造】G603を肉抜きして軽量化してみた【マウスMODDING】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください