メカニカルキーボードの「軸」ってどれがいいの?【違いを解説】

メカニカルキーボード 軸 違い

「赤軸」とか「青軸」とか色々あるけど、よくわからん…
色によって何が違うの?
そもそもどんな種類があるの?

という方のために、メカニカルキーボードの「軸」について分かりやすく解説します。

キーボード買おうかな〜と思ってAmazonを物色していると、このような場面に遭遇しますよね。

茶軸、赤軸、青軸、黒軸…なんだこれ…。
初心者の方からすると、どこの色のこと?って感じだと思います。
ぼくも昔はそう思ってました(笑)

そこでこの記事では、

  • 「軸」の色が違うと、何が違うのか
  • どの色がおすすめなのか

について、初心者の方でもサクッと理解できるように解説していきます。
メカニカルキーボードの軸について知りたい」という方の参考になれば幸いです。

メカニカルキーボードの「軸」とは?

そもそも「軸」とは、なんなのか。

軸とは、メカニカルキーボードの「キースイッチ」のこと

Majestouch 赤軸

FILCO Majestouch 赤軸

▲メカニカルキーボードのキーを取り外すと、中はこんな感じになっています。

「軸」というのは、キーボードの中に入っているこの赤い部品(キースイッチ)のことです。
上記写真のキーボードは「赤軸」を採用したキーボードなので、赤い部品が入っています。

メカニカル 青軸 茶軸 赤軸 緑軸 白軸 黒軸

これが青色だと青軸、茶色だと茶軸…のような感じで、この部品の色がすなわち軸の色と言うわけですね。

マイナーな軸も含めると100種類以上もバリエーションがある

この軸には、実にたくさんのカラーバリエーションがあります。

業界最大手のCHERRY社の正規ラインナップだけでも12種類。
中国の部品メーカーGateron社製のスイッチに至っては40種類以上。

その他にもマイナーなメーカーやゲーミングブランドのオリジナル軸などを含めると、数え切れないほどの種類があります。
新しい軸がどんどん出てくるため正確な数は分かりませんが、100種類は余裕で超えるでしょう。

軸の色によって性能が全然違う

なんでそんなにたくさん軸があるのかと言うと、それぞれ押し心地や性能が違うからです。
カチャカチャと音が大きい軸、静かな軸、軽々とタイピングできる軸、硬めの軸…など。

人によってキーボードの好みは全然違いますから、いろんなニーズに対応していたらいつの間にかこんなに増えてしまったんでしょう…。

自分にピッタリの軸を選ぶには?

メカニカルキーボード 赤軸 青軸 茶軸 銀軸

ええー!100種類もあったらどれを選べばいいか分からない…!

とお思いの方…ご安心を。
確かにひとつひとつを別物だと考えると途方も無いですが、実はとてもシンプルなんですよ!

というのも、軸は大きく分けると3つのタイプに分類することが出来ます。

  • リニア系
  • タクタイル系
  • クリッカー系

軸の「色」で分けると100種類以上ありますが、軸の「構造」はたったの3種類しかないのです。

どれを選んだら良いのか全く分からない…」という場合は、まずはこの3つのうちどれが好きかを考えてみるといいでしょう。

リニア系の軸の特徴

リニア系の軸は「カチッ」という明確なクリック感がなく、スムーズな押し心地が特徴です。

タイピング音は「カタカタ…」「カカカカ…」「スカスカ…」と言った感じで、比較的静かなものが多いですね。

底まで滑らかに押下することができるので、そ~っとタイピングすれば音量を抑えることが出来ます。
滑らかなタイピング感が好きな人はリニア軸を選ぶと良いでしょう。

代表的なリニア軸は、赤軸・黒軸・銀軸など。

リニア系の軸のタイピング音は、下記の動画が参考になるかと思います。

タクタイル系の軸の特徴

タクタイル系の軸は、リニアよりも押し心地が強いのが特徴です。

リニアとは違って中のツメの部分に「引っかかり」が設けられているので、「いまキーを押したぞ」という感触が手に伝わってきます。

タイピング音は「カチャカチャ…」「シャキシャキ…」のような感じで、リニア軸より少しだけ音が大きいです。
リニア系の軸は滑らかすぎて気持ち悪い…という人は、タクタイル軸を選ぶとよいでしょう。

代表的なタクタイル軸は、茶軸ですね。

タクタイル軸のタイピング音は下記の動画が参考になると思います。

クリッカー系の軸の特徴

クリッカー系の軸は、「カチッ」という明確なクリック感が特徴です。

タイピング音は「カチカチ…」「チャキチャキ…」「カチャカチャ…」のような感じで、音量は大きめですね。

中の部品が底面に叩きつけられるような構造になっているので、どんなに優しくタイピングしてもタイピング音は静かになりません。

しかしこの底面にキーが叩きつけられる感覚は、何とも言えない爽快感があります。
カチャカチャと気持ちよくタイピングしたい方はクリッカー軸を選ぶといいでしょう。

代表的なクリッカー軸は、青軸緑軸など。

タクタイル系の軸のタイピング音は、以下の動画が参考になるかと思います。

茶軸と比べると、青軸のクリック音は本当にうるさいですね。
オフィスや家族が寝ている部屋などで青軸を使おうもんなら、確実にぶん殴られるでしょう。

実際に押し心地を確かめられる「キーテスター」という商品も

うーん…説明されてもやっぱり実際に使ってみないと分からん!

という方には、下記のようなキーテスターがおすすめです。
CHERRY MXキースイッチの押し心地を確かめるためだけの商品なので、キーボードを買うより格安で押し心地を確かめられますよ。

おすすめの軸はこれだ!

色々な軸があるのは分かったけど、結局どれを選べばいいの?

という方のために、ズバリおすすめな軸をいくつかご紹介します。

オーソドックスでクセのない打鍵感:赤軸

赤軸の特徴

  • タイプ:リニア軸
  • 押下圧:45g
  • クリック音:なし
  • 底打ち音:あり

「初めてメカニカルキーボードを買う」「無難なやつが欲しい」という方には赤軸がおすすめです。

赤軸はリニア系の中でも最もクセのない軸なので、使ってる人が一番多い軸ではないでしょうか。
キーの押下圧は45gで、軽くも重くもない「普通」の押し心地です。

おすすめの赤軸キーボード

赤軸よりも「気持ちいい成分」強め:茶軸

茶軸の特徴

  • タイプ:タクタイル軸
  • 押下圧:45g
  • クリック音:なし
  • 底打ち音:あり

「赤軸はつまらない」「気持ちよくタイピングしたい」という方には茶軸がおすすめです。

使用感は赤軸に似ているのですが、茶軸はタクタイル系の軸なので「クリック感」があります。
とはいえ青軸のようにクリック音が響き渡るわけではないので、感覚的には赤軸に近いですね。

キーの押下圧は45gで赤軸と同じ。
軽くも重くもない「普通」な押し心地です。

タクタイル系の軸の中では最も控えめな軸と言えるでしょう。

おすすめの茶軸キーボード

とにかく爽快感がある打ち心地:青軸

青軸の特徴

  • タイプ:クリッカー軸
  • 押下圧:60g
  • クリック音:あり
  • 底打ち音:あり

「タイピングで気持ちよくなりたい」「軟弱なキーボードは要らん」という方には青軸がおすすめです。

青軸はなんと言っても「カチッ」という明確なクリック音が大きな特徴で、最も爽快感のある軸だと言えるでしょう。
ただしタイピングの音量は非常にうるさいので、周りを気にせずに使える方限定です。

キーの押下圧は60gで少し重め。
指を大きく動かして激しくタイピングする方に向いていますね。

おすすめの青軸キーボード

反応速度が速く、eスポーツ向き:銀軸

銀軸の特徴

  • タイプ:リニア軸
  • 押下圧:45g
  • クリック音:なし
  • 底打ち音:なし

「俺の指にキーボードが追いつかない」「コンマ1秒でもキー入力を高速化したい」という人は銀軸がおすすめ。

銀軸は赤軸の反応速度を早めた軸で、キーのアクチュエーションポイントが浅いのが特徴です。

アクチュエーションポイントとは
「キーをどれぐらい押し下げたら反応するのか」という深さのこと。 アクチュエーションポイントが浅ければ、キーを奥まで押し込まなくても触れただけで反応する。 アクチュエーションポイントが深ければ、しっかり奥までキーを押し下げないと反応しない。

奥まで押し込まなくてもすぐにキーが反応するため、音ゲーやFPSゲームなどのコンマ1秒単位でタイミングの正確性が重視される場面で重宝するでしょう。

おすすめの銀軸キーボード

マニアックな軸をちょっと紹介

おまけとして、あまりメジャーではないマニアックな軸の中でぼくが注目している軸をいくつかご紹介します。

Low Profile赤軸

赤軸の派生品で、通常より軸のストロークが短い「ロープロファイル」タイプです。
ストロークが短い分、高速入力がしやすいのが特徴。

通常の赤軸にはない「スコスコ」という摩擦音が特徴で、ぼくはこっちのほうが好きですね。

【関連記事】Majestouch Stingray レビュー:なにこれ打ちやすい…絶妙に薄型化された高速タイパー向けキーボード

Holy Panda

知る人ぞ知る最高のタクタイル軸、Holy Pandaです。

Holy Pandaという名前こそ付いてますが、どっかの企業が作っているわけではなく、キーボード好きの有志が個人で制作しているような超マイナー軸。
そのため、2019年現在だと購入する方法がありません。

それにしても上記の動画は永久に再生し続けられるくらい耳が快感ですね…特にスペースキーの音が。

まとめ

青軸 タクタイル クリック

  • 軸とは、メカニカルキーボードのキースイッチのこと。
  • マイナーな軸も合わせると全部で100種類以上。
  • 初心者は「赤軸」「茶軸」「青軸」の中から選べばOK。

ぶっちゃけ、こだわり始めたらキリがない世界です。
人によって好みは全く違うので、これが一番いいよ!と断言することも出来ませんからね。

なのでまずはオーソドックスな「赤軸」「茶軸」「青軸」の3つの中から選んでみるのがおすすめですよ!

【関連記事】Ducky One 2 Miniレビュー:ピンク軸のスコスコ感が良い!小さくて美しいゲーミングキーボード

【関連記事】Majestouch Stingray レビュー:なにこれ打ちやすい…絶妙に薄型化された高速タイパー向けキーボード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください