メカニカルキーボードの「軸」ってどれがいいの?【違いを解説】

メカニカルキーボード 軸 違い

「赤軸」とか「青軸」とか色々あるけど、よくわからん…
色によって何が違うの?
そもそもどんな種類があるの?

という方のために、メカニカルキーボードの「軸」について分かりやすく解説します。

ちょっと良いキーボードを買おうとすると、なにやら赤軸だの青軸だのという文字を目にすると思います。
しかし、初心者からすると「何が違うの…?」って感じではないでしょうか。

そこでこの記事では、

  • 「軸」とは何か
  • 色によって何が違うのか
  • どの色がおすすめなのか

について、初心者でもサクッと理解できるように解説します。
メカニカルキーボードの軸について知りたい」という方の参考になれば幸いです。

「軸」とは、キーボードのキースイッチのこと

Majestouch 赤軸

FILCO Majestouch 赤軸

メカニカルキーボードのキーキャップを取り外すとこんな感じのスイッチが入っているのですが、これはキースイッチという部品です。

で、これを日本では「」という俗称で呼んでいます。
(海外だと普通にSwitchとかKey Switchと呼んでる)

この写真のキーボードは赤軸を採用したキーボードなので、赤いスイッチが入っていますね。

メカニカル 青軸 茶軸 赤軸 緑軸 白軸 黒軸

青軸茶軸赤軸…という呼び方は、このキースイッチの色を指しているのです。

色によって何が違うの?

で、この色によって何が違うのかと言うと、タイピングしたときの打鍵感が違います。

例えば、

  • 赤軸… スーッと押し下がる、軽い押し心地
  • 茶軸… 少しだけ手応えがある、小気味よい押し心地
  • 青軸… カチャカチャ音が大きい、はっきりした押し心地

みたいな感じ。

キーボードの世界では「この色の軸はこういう打ち心地」というのがだいたい決まっているので、「同じ赤軸でも、A社とB社では打鍵感が違う!」という事はほとんどありません。

例えばLogicoolとRazerの2社から赤軸のキーボードが発売していたとすると、その2つの打鍵感はほぼ同じと思って差し支えないでしょう。

(厳密にはキーボードの筐体が金属製かプラスチック製か…など、軸以外の要素によって打鍵感は微妙に変わるのですが…)

マイナーな軸も含めると100種類以上もバリエーションがある

メカニカルキーボード 軸 違い

この軸には、実にたくさんのバリエーションがあります。

業界最大手のCHERRY社の正規ラインナップだけでも12種類。
中国の部品メーカーGateron社製のスイッチに至っては40種類以上。

その他にもマイナーなメーカーやゲーミングブランドのオリジナル軸なども無数にありますので、合計したら100種類はゆうに超えるでしょう。

なかには違う軸同士の部品を組み合わせてオリジナルの軸を作ってしまうキーボードマニアもいますから、そこまで含めたら無限に存在する言っても良いかもしれません…


代表的な軸 トップ6

メカニカルキーボード 赤軸 青軸 茶軸 銀軸

ええー!100種類もあったらどれを選べばいいか分からない…!

とお思いの方…ご安心を。
確かにマイナーな軸を含めたらとんでもない数が存在しますが、実際のところ、幅広く流通している軸は10~20種類くらいです。

そのなかでも特に有名で初心者にもおすすめな軸を6つ紹介しますので、どれが好みか考えてみてください。

赤軸|スーッと滑らかな打ち心地

特徴

  • キー荷重:45g
  • タイプ:リニア

赤軸はもっとも人気のある軸で、すべての基本となる軸と言っても過言でないでしょう。

キーが何の引っ掛かりもなく押し下がり、ただバネが伸縮してるだけのような滑らかな押し心地が特徴です。
(このような打鍵感の軸を「リニア軸」と呼びます)

そのため底打ちしないようにそ~っと打鍵すれば、タイピング音量を抑えることも可能。

滑らかなタイピングフィールが好きな人、初めてメカニカルキーボードを買う人は赤軸を買っておけば間違いないでしょう。

赤軸のタイピング音

打鍵音は「スカスカ」「カチカチ」みたいな、いわゆるキーボードって感じの音です。
メカニカルキーボードと言えばこれを想像する人も多いでしょう。

ピンク軸(静音赤軸)|赤軸の静音バージョン

特徴

  • キー荷重:45g
  • タイプ:リニア
  • 静音

赤軸はタイピング音がカタカタうるさいかも…と感じる方は、赤軸の静音バージョンであるピンク軸がおすすめ。

上記のGIF動画の通りキーが上下する部分に白い吸音材が用いられており、キーを底打ちしたときの音・底打ちしたキーが戻ってきたときの音がほとんどしません。

タイピング音は「スコスコ」という擦れ音に近い音で、これはこれで気持ちいい音ですよ。

ピンク軸(静音赤軸)のタイピング音

赤軸と比べると明らかに「カチカチ音」が軽減されています。
クッション性のある打ち心地なので、指にも優しいですよ。

【関連記事】Ducky One 2 Miniレビュー:ピンク軸のスコスコ感が良い!小さくて美しいゲーミングキーボード

銀軸|赤軸の高速バージョン

特徴

  • キー荷重:45g
  • タイプ:リニア
  • アクチュエーションポイント:1.2mm(他の軸はたいてい2mm)

銀軸は赤軸よりもアクチュエーションポイントが浅く、素早いキー入力が可能なキースイッチです。

アクチュエーションポイントというのは「どれぐらいの深さまでキーを押し込んだら入力判定されるか」という深さのことで、これが浅ければ浅いほどキーを押し始めてから入力が判定されるまでの遅延が少なくなります。

なので銀軸は別名スピード軸とも呼ばれており、コンマ数秒レベルの遅延が命取りになるゲーマーなんかに好まれる軸ですね。

ただし「ちょっと押しただけですぐONになる」という事は、逆に言うと「底まで押し切ったキーがなかなかOFFにならない」と言い換える事もできます。

単発でポンッと押したときの遅延では有利ですが、決して連打が速くなるわけではないという事は頭に入れておいた方が良いでしょう。

銀軸のタイピング音

タイピング音は、赤軸とほとんど同じですね。

黒軸|赤軸の重いバージョン

特徴

  • キー荷重:60g
  • タイプ:リニア

黒軸は、赤軸のキー荷重を少し重たくしたバージョンです。
赤軸のキーの重さが45gなのに対し黒軸は60gと、約30%ほど重たい計算なりますね。

「キーが重い」という書き方をすると指が疲れそう…と思うかもしれませんが、強めにタイピングする人は重いキーのほうがかえって疲れにくかったりします。
打鍵感が明瞭になってミスタイプが減る人も多いかもしれませんよ。

(ちなみに筆者は普段67gの軸を使っていますが、1日中タイピングしても別に指は疲れません)

しっかりした打ち心地が欲しいという方は黒軸がおすすめです。

黒軸のタイピング音

音の質的には赤軸と同じですが、バネが強いためか「スコスコ」という擦れ音が強い感じがしますね。

茶軸|カチャカチャ・シャキシャキな打ち心地

特徴

  • キー荷重:55g
  • タイプ:タクタイル

茶軸は今まで紹介してきたリニア軸とは違い、キーを押している最中にわずかに「コリッ」という手ごたえを感じるのが特徴です。

(このような打鍵感の軸を「タクタイル軸」と言い、コリッという手応えのことをタクタイル感と言います)

上記のGIF動画のとおり内部のツメにヤマが設けられており、そのヤマを乗り越える瞬間に「スイッチを押した感」が手に伝わってきて心地よいです。

タイピング音は「カチャカチャ…」「シャキシャキ…」のような感じで、リニア軸より少しだけ音が大きいですね。

多少の手応えは欲しいという人におすすめ。

茶軸のタイピング音

シャキシャキ感!

青軸|カチカチ爽快でうるさい打ち心地

特徴

  • キー荷重:60g
  • タイプ:クリッキー

青軸はクリッキー軸と言って、クリックしているような感触が特徴的な軸です。

強く押そうが丁寧に押そうが関係なく、キーを押せば必ず「カチッ」という明確なクリックサウンドが響きます。
マウスをカチカチしている感覚に近いかも。

上記のGIF動画の通り、中の部品が底面に叩きつけられるような構造になっているので、どんなに優しくタイピングしても音は静かになりません。

しかしこの底面にキーが叩きつけられる感覚は、何とも言えない爽快感があります。
カチャカチャと気持ちよくタイピングしたい方は青軸を選ぶといいでしょう。

リニア・タクタイルと比べると、クリッキー軸の音は桁違いにうるさいですねw

家族が寝てる部屋の隣室で使っただけで怒られるレベルです。

【関連記事】ロジクール G913 レビュー:遅延ゼロの極薄ワイヤレスキーボード。でかいけど!

押し心地を確かめたい人は「キーテスター」を買ってみよう

うーん…説明されてもやっぱり実際に使ってみないと分からん!

という方は、色々なキースイッチをお試しできる「キーテスター」という商品を買ってみるのも良いでしょう。

メカニカルキーボードの軸の押し心地を確かめるためだけの商品なので、キーボードを買うより格安で押し心地を確かめられますよ。


マニアックな軸をちょっと紹介

おまけとして、あまりメジャーではないマニアックな軸の中でぼくが注目している軸をご紹介します。

Holy Panda

holy panda

特徴

  • キー荷重:67g
  • タイプ:タクタイル

知る人ぞ知る最高のタクタイル軸といえば、Holy Pandaです。

世界中のキーボードマニアから評価される官能的な打鍵感が特徴で、タイピング音が一番気持ちいい軸にHoly Pandaを挙げるマニアも多いですね。

HolyPandaを採用した既製品のキーボードは存在しないので、軸を単品で購入して自作キーボードに組み込むのが前提になります。上級者向け。

Holy Pandaのタイピング音

なんとも小気味よい独特の打鍵音ですよね。
「何これ…最高やん…」と思い始めたら、あなたもキーボードマニアの入り口に立っているかも…?

Holy Pandaの購入方法

DROPというサイトでたまーに販売されますが、人気なのですぐに売り切れてしまいます。
ぼくもずっと欲しくてやっとこの前買えたんですけど、ポチった次の日にはもう売り切れてました。

買ってみたい人はDROPの商品ページからREQUESTをクリックし、在庫が補充されたらメールが来るように設定しておくといいですよ。
(ぼくが買ったときは110個で137ドルでした。)

まとめ

赤軸

  • 軸とは、メカニカルキーボードのキースイッチのこと。
  • マイナーな軸も合わせると全部で100種類以上。
  • 初心者には赤軸がおすすめ(最もベーシックだから)

世の中にはすべて試すのが不可能なほどたくさんの軸がありますが、まずはこの記事で紹介した軸の中から選んでみると良いでしょう。

また、ひとつの趣味として成立するぐらい奥深い世界でもあるので、慣れてきた人は色々な軸を試してみるのも楽しいですよ!

【関連記事】Ducky One 2 Miniレビュー:ピンク軸のスコスコ感が良い!小さくて美しいゲーミングキーボード

【関連記事】Majestouch Stingray レビュー:なにこれ打ちやすい…絶妙に薄型化された高速タイパー向けキーボード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください