【最新版】240Hzゲーミングモニターのおすすめランキング【ヌルヌル】

xl2546K レビュー

240HzモニターでFPSをプレイするのは楽しい。秒間240枚の勢いで画面が更新されるから映像がヌルヌル動くし、遅延がないからAIMもキレッキレになる。

それに今はもう安い機種は3万円台から買えるようになった。うまくなりたいならなるべく早く買ったほうがいい。

当記事ではそんな240Hzモニターのおすすめ機種をランキング形式で紹介する。

解説を飛ばしておすすめランキングをすぐに見る »

目次

240Hzモニターは ヌルヌル感 と 遅延の少なさ が魅力

refresh rate リフレッシュレート
リフレッシュレートのイメージ画像

240Hzモニターは秒間240回というスピードで画面が更新される。

イメージ的には「1秒間に240枚の紙をめくってるパラパラ漫画」みたいなもの。
普通の60Hzモニターと比べると4倍も映像が滑らかなので、初めて体験するとヌルヌルすぎて気持ち悪いレベル。

240Hzのヌルヌル感がよく分かる動画

▲スローでもこんなに滑らかなので、実際の速度では本当にヤバイ。

映像がヌルヌル動くと、例えばFPSゲームでは、

  • 敵の動きがよく見える → エイムを合わせやすい
  • 自分の動きがよく見える → キャラコンの幅が広がる
  • リコイルコントロールがしやすくなる → 弾がよく当たる
  • 映像がヌルヌル動くのが単純に楽しい

などのメリットは誰でも感じられるところだと思う。

主にメリットがあるのはFPSゲームだと思うけど、格ゲーやレースゲーにも多少のメリットはあるみたい。

▲格ゲーで有名なウメハラ氏が240Hzモニターを使ってみた感想を語っている動画。

長い動画なので軽く要約すると、

ストVは60fps固定だから240Hz自体のメリットはないけど、60Hzモニターより遅延・応答速度に優れるので格ゲーにも240Hzモニターの恩恵はある。ティアリングが発生しないから垂直同期をオフにできる。

という内容を語っていた。

ゲーム側の描画が60fpsに固定されている格ゲーですらメリットを感じられるということは、あらゆるジャンルのゲームに恩恵があると思って良さそう。

実際ぼくはFF14というMMORPGを240Hzモニターでプレイしているけど、操作の遅延がないのでAoEを避けやすい。
60Hzよりゲームの難易度が下がるので、下手な人ほどむしろ240Hzモニターを使ったほうが良いんじゃないかと思ってる。

性能を発揮するにはそれなりのPCが必要

性能面では60Hzモニターの完全上位互換なので、240Hzモニターを導入するデメリットはない。

でも強いて言えば、

240fpsでゲームを動かせるだけのハイスペックPCが必要

という点が導入するうえでのネックになるかな。

まあゲームの画質設定を思いっきり落とせばフレームレートは稼げるんだけど、それにしても最低限GeForce GTX1660 SUPERぐらいの性能はあったほうが良いと思う。

GTX1660SUPER搭載のゲーミングPCはだいたい10万円前後で、240Hzモニターを活かすにはこれが最低ライン。それなりの画質で240fpsを出そうと思ったら、20万ぐらいのゲーミングPCがあれば安心かな。

もしこれからPCを買うところから始めるという場合は「240Hzモニターで遊ぶつもり」ということを店員さんや詳しい友人に伝えた上で選ぶのをおすすめする。

240Hzゲーミングモニターの選び方

前置きが長くなったが、いよいよ240Hzモニターの選び方について解説していく。

240Hzモニターを選ぶときに見るべきポイントは以下の3つ。

  • パネルの種類
  • 画面の大きさ
  • 付加価値

順番に解説する。

パネルの種類

パネルの種類とは「液晶パネルの駆動方式」のこと。

テレビに「有機EL」や「プラズマ」などの種類があるように、PCモニターの液晶パネルにも種類がある。

240Hzゲーミングモニターで主流なのは、TNパネルIPSパネルの2種類。
それぞれの特徴は下記。

TNパネルの特徴

TNパネルは「遅延・残像が少なくてゲームに最適

TNパネルは応答速度が速い(遅延が少ない)のが特徴。動きの早い映像やゲームをするのに最適。
画面の動きが激しいゲームを遊ぶならTNパネルを選んでおけば間違いないけど、その代わり画質(色表現)はIPSパネルに比べるとイマイチ。

どちらに魅力を感じるかは人それぞれだけど、個人的には、

  • 「遅延のなさ」のために画質を捨てていいならTNパネル
  • 画質も大事にしたければIPSパネル

という選び方をすれば間違いないと思う。
ちなみに、やっすいTNパネルは本当に画質がオワッテルので注意。

あとあと後悔したくないならIPSパネルにしておいたほうが無難かな。

画面の大きさ

240Hzモニターの大きさはだいたい「24インチ」と「27インチ」の2種類。

図で比較するとこんな感じ↓↓

24インチ 27インチ 比較
24インチと27インチの比較

どちらが良いのかはプレイするゲームジャンルによって変わると思う。

具体的には以下のようなイメージ。

  • FPS → 24インチがおすすめ
  • 格ゲーやレースゲーなど → 27インチがおすすめ

FPSは画面全体が視野に収まったほうが索敵しやすいので、小さめのモニターのほうが有利だと言われている。

とはいえPUBGやApexみたいに米粒サイズの敵を遠距離からチクチク攻撃するようなゲームでは、画面がちょっと大きい27インチのほうが敵が見やすいと感じる場面もあった。

どちらがいいかを結論付けるのは難しいけど、個人的には24インチのほうが安いから24インチでいいと思う。

付加価値


メーカー各社、他社との差別化を図るために「スゴい機能」をどんどん出してくる。

最近よく見かける機能は下記。

  • 残像を低減させる機能
  • G-SYNC対応
  • 暗所を明るく補正して見やすくする機能
  • 画面中央にクロスヘアを表示する機能
  • リモコンで操作できる

中でも個人的にすごいと思ったのは「残像を低減させる機能」だ。

▲ZOWIE製のモニターに搭載されているDyAcという機能を紹介した動画。
ZOWIE以外のメーカーにもULMBなどの名称で同じような機能があったりする。

この機能があると映像が更にヌルヌル表示されているように感じるので、より一層ゲームが快適になる。

残像低減付きモニターは値段が高いのがネックだけど、より高みを目指したいなら導入すべきだ。

240Hzゲーミングモニター  おすすめランキング

ここまで解説してきたポイントを考慮し、おすすめ240Hzモニターランキングを組んでみた。

ダラダラと何十機種も紹介するのはぼくもダルいし読む方もダルいと思うので、本当におすすめな機種TOP3だけを厳選して紹介していく。

第1位「Pixio PX279 Prime」

Pixioのモニターは「機能は必要最低限だけどめちゃ安い」のが特徴。とにかく安い。プラスチックの質感はちょっと安っぽいけど、ゲーミングモニターとしての基礎の部分は普通に高品質。単純に240Hzモニターがほしいだけならこれより費用対効果に優れたモニターはない。コスパ最強。デメリットがあるとすれば人気のわりに在庫が少ないという点ぐらい。Pixioのモニターはいくつかレビューしてるけど、レビューして数カ月後には売り切れて廃番になる。この機種もそのうち売り切れるだろう。

スクロールできます
評価項目内容順位
画質IPSパネル
HDR対応
同率1位/3位中
応答速度1ms(GtoG)3位/3位中
コスパAmazon価格:39,980円
3年保証付き
3年間使った場合の月額コスト:1,110円/月
1位/3位中
ゲーム性能AMD FreeSync Premium 対応
CrossHairオーバーレイ機能
3位/3位中
デザインベゼルが薄くてスタイリッシュだが質感はチープ3位/3位中
総合評価1位/3位中

第2位「BenQ ZOWIE XL2546K」

性能に関してはXL2546Kが現状最強。TNパネルなので画質は残念な感じだけど、その代わり応答速度・遅延に関しては240Hzモニターの中でもトップクラスに速い。DyAc+という残像低減機能も強力で、体感的な「動く物体の見やすさ」に関しては全ゲーミングモニターの中でもトップ。この前360Hzモニターをレビューしたんだけど、ぶっちゃけ360HzよりDyAc+をオンにしたXL2546Kのほうが動体視認性はいいと思った。強いて言えば、左右の””耳””は個人的には全然要らない。別売りにしてほしい。

« XL2546Kのレビュー記事をチェック

スクロールできます
評価項目内容順位
画質TNパネル3位/3位中
応答速度0.5ms(GtoG)1位/3位中
コスパAmazon価格:58,909円
3年保証
3年間使った場合の月額コスト:1,636円/月
3位/3位中
ゲーム性能残像低減機能DyAc+搭載
暗いシーンでの視認性を高めるBlack eQualizer
索敵がしやすくなるColor Vibrance
FreeSync Premium対応
1位/3位中
デザインロゴ類が表面にひとつもない。シンプルの極み。2位/3位中
総合評価2位/3位中

第3位「ASUS TUF Gaming VG279QM」

240Hzよりちょっとだけ高性能な280Hzモニター。こいつはIPSパネルで画質がよく、G-SYNCやHDRにもちゃんと対応。「勝つ」より「楽しむ」を重視したい人向けのスペック。勝つためのゲーム性能ではXL2546Kのほうが上だけど、画質とかHDRとかを含めた総合性能ならこっちが上。色々入ってるわりには値段も安い。

スクロールできます
評価項目内容順位
画質IPSパネル
HDR対応
同率1位/3位中
応答速度1ms(GtoG)2位/3位中
コスパAmazon価格:49,475円
3年保証
3年間使った場合の月額コスト:1,374円/月
2位/3位中
ゲーム性能G-SYNC Compatible対応
残像低減機能EXREME LOW MOTION BLUR 対応
2位/3位中
デザインベゼルがかなり薄い。スタンドはゲーミング感が強い。2位/3位中
総合評価3位/3位中

まとめ

xl2546K レビュー

この記事のまとめ

  • 240Hzモニターは映像の動きがヌルヌルで、遅延が少ない
  • 240Hzモニターの性能を発揮するにはそれなりのPCも必要
  • 「残像低減機能」があると残像が格段に減る!

ちなみに筆者は2位のZOWIE XL2546Kを愛用中。これを持っていればゲーミングモニターの性能で劣等感を感じる事がなくなるし、なによりFPSが本当に楽しくなった。

一度240Hzを体験してしまうと60Hzにはもう戻れなくなるが、それほどゲーム体験をガラッと変えてくれる。

PCゲーを本格的に遊んでいるなら、ぜひ240Hzのヌルヌル感を体験してみてほしい。

もう一度ランキングを振り返りたい方は下記のリンクよりどうぞ。

« ランキング1位へ戻る

ゲーミングモニターのおすすめをもっと知りたい方は下記の記事がおすすめ。

こちらも読まれています

xl2546K レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットブロガーのKessyです。
デスク周りが快適になるガジェットが大好物。
初心者でもサクッと理解できるような分かりやすい記事を書くように心がけています。
« 詳しいプロフィールを見る »

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる