【Macに最適】USB-Cケーブルで接続できる4Kモニター おすすめ機種まとめ

Mac用に外部モニターが欲しい

USB-Cで接続できるモニターのおすすめ機種が知りたい

 

という方のために、USB-C接続に対応したモニターのおすすめ機種をいくつかピックアップしてみました。

最近はHDMIやDisplayPortの太いケーブルを使わなくても、USB-Cで接続できるモニターがあるんです。
そしてこの記事では、その中でも「ケーブル1本で充電と映像出力が同時にできる」というモニターだけを集めてみました。

要するに、USB-CケーブルでモニターとMacを繋げば、映像も表示されるし、充電もできるというMacユーザーにとっては神のような仕様のモニターですね…。

ちなみにこの記事を書いているぼくは、年間に5枚以上もモニターを買うようなモニターマニアです。
おすすめ機種を紹介するついでに、モニターを選ぶときのちょっとしたコツもサクッと解説しますので、興味がある方は読んでくださいね。

USB-Cで接続できるモニターを探している」という方の参考になれば幸いです。

自分に合ったモニターを選ぶコツ

この記事を読んでいる方は、とりあえずUSB-Cで接続できる4Kモニターがほしいということは確定しているはずです。

なのでそれ以外のポイントで、自分に合ったモニターをうまく選ぶコツを解説していきますね。

ポイント1:4Kモニターの大きさは32インチ前後がおすすめ

色々なモニターを使ってきたぼくの意見ですが、4Kモニターを買うなら32インチぐらいがちょうどいいです。

理由は下記の通りです。

  • ある程度大きいモニターでないと、文字を拡大しないと読めないから。

せっかく4Kモニターを買うなら、やはり4K解像度でひろびろと作業する快適さを味わいたいですよね。
しかし、27インチくらいのモニターだと、文字を拡大表示しないと小さすぎて読めません。

4Kモニターの作業風景

4Kモニターでの作業風景

上記の写真は、32インチの4Kモニターで作業をしているところを撮ったものです。

ご覧の通り、4Kモニターってすごく文字が小さいんです。
そのかわりウィンドウを同時にたくさん並べることができるので、作業効率はめちゃくちゃ上がります。

この文字サイズを違和感なく読むためには、どうしても32インチ以上のサイズは必要だと思うんですよね。

もちろんOSの設定から文字サイズを大きくすることはできます。
しかし個人的には、拡大するくらいならそもそも4Kを買う必要はないと思います。
文字を拡大するということは、4Kモニターの解像度を下げて使うようなものですからね…。

文字を拡大した4Kモニターに残されたメリットがあるとすれば、

  • 写真が綺麗。
  • 文字のフチが滑らか。

ぐらいのものです。
もちろん、「ただ画質をキレイにしたいだけだから、作業効率はアップしなくてもいいんだよー」という方は、ぜひ27インチの4Kモニターを買ってください。画質はめちゃくちゃ綺麗です。

しかし、広い画面で作業したい!という目的で買う方は、32インチ以上のサイズを買うことをおすすめします。

ポイント2:大きいモニターを買うなら、TNパネルは避けること

価格コム等でモニターを物色してみたことがある方なら分かると思いますが、モニターによってパネルの種類が違います。

現在主流なのは「TNパネル」「VAパネル」「IPSパネル」の3つですね。

これらのパネルの特徴をサクッと書くと、

  • TNパネル:応答速度が早い(ゲーム向き)。視野角が狭く、画質はイマイチ。
  • VAパネル:真っ黒を表現できる唯一のパネル。応答速度は遅く、視野角はTNより広い。
  • IPSパネル:色の正確性は圧倒的に高い。視野角が一番広い。

という感じです。
大きいモニターを使う場合は、この中でも特に「視野角」が重要になってきます。
視野角というのは、どのぐらい斜めから見ても色が破綻せずにきれいに見えるか、という角度のことですね。

上記の写真を見てもらうと分かりますが、IPSパネルの視野角は本当に広いです。
画面の中央も、画面の端も、ほとんど同じ色で表示されますね。
ちなみにVAパネルの写真はないですが、TNとIPSの中間ぐらいの視野角です。

TNパネルだと、どうしても上記の写真のようにグラデーションになってしまうんですよね…。
特に大きいモニターになればなるほど、この色の差は広がる傾向があります。

TNパネルにはTNパネルの良いところがあるのですが、どちらにしろTNは大型モニターには不向きです。
32インチ以上の4Kモニターを買う方は、できればVAパネルかIPSパネルを選んだほうが良い
でしょう。

USB-C対応4Kモニターのおすすめ機種を紹介

それでは上記のコツを踏まえて、おすすめの4Kモニターをいくつか選んでみました。
どれもUSB-Cで接続できるモニターばかりですよ!

PHILIPS 328P6VUBREB/11

特徴

  • 31.5インチ 4Kモニター
  • 映像端子:HDMI x2、DisplayPort x1、USB-C x1
  • USB-C PD Version 2.0 対応
  • USB-C最大供給電力:60W
  • 液晶パネルの種類:VAパネル
  • 2つのデバイスからの映像を同時に表示できるMultiView機能
  • ローブルーモード(ブルーライト軽減機能)搭載
  • 表示色数:10億7000万色
  • 色域:NTSC 116%、sRGB 138%、Adobe RGB 94%

デザインもスタイリッシュで、価格も手が出しやすいのがこの328P6VUBREB/11です。

USB-C最大供給電力60Wと十分で(Mac標準の充電ケーブルが61W)、問題なくMacBookを充電出来ますね。

その他にも、2つのデバイスからの映像を同時に表示できる機能もついています。

他社で言うところのPicture by Picture機能と思えばOKでして、例えばWinメイン機とMacサブ機を同じモニターで同時に表示する、なんてことも可能になります。

また、色の表現力もかなり高く、映像関係のお仕事にもそこそこ使えるのではないでしょうか。

オールマイティな4Kモニターが欲しいという方におすすめです。

BenQ PD3220U

特徴

  • 32インチ4Kモニター
  • 入力端子:HDMI x1、DisplayPort x2、Thunderbolt3 x1、USB-C x3、USB-A x2、USB Upstream x1、オーディオジャック
  • USB-C最大供給電力:85W(Thunderbolt3 ポート)
  • 液晶パネルの種類:IPSパネル
  • sRGB・Rec.709カバー率100%、Display-P3・DCI-P3カバー率95%
  • OSDコントローラー付き
  • 2台のPCを1セットのマウス&KBで操作できる「CPUスイッチ」機能付き
  • デイジーチェーン対応

2019年9月に発売されたばかりのモニターです。

最新機種なだけあって、MacbookProなどの最新PCをより使いやすくする機能がてんこ盛りになっていますね。
85Wで充電できるというでもすごいですし、色の正確性やデバイスの接続性もめちゃくちゃ高機能。

使い勝手の良さだけで考えたら、今回紹介するモニターの中ではトップクラスですね。

ただし、お値段もトップクラス…!

EIZO FlexScan EV2785-BK

特徴

  • 27インチ 4Kモニター
  • 映像端子:HDMI x2、DisplayPort x1、USB-C x1
  • USB-C最大供給電力:60W
  • 液晶パネルの種類:IPSパネル
  • ブルーライト最大80%カットの「Paperモード」搭載
  • 複数のデバイスの映像を同時表示できるPicture by Picture機能
  • キーボードショートカットで映像出力を切替可能
  • 複数モニター使用時の一括管理機能
  • 表示色数:1677万色(8−bit対応)
  • 色域:sRGB相当

USB-Cで60Wの給電が可能で、MacBook Proも問題なく充電出来ます。

また、EIZOブランドはオフィス用途での実績が凄まじいので、他のモニターではありえないような機能まで付いています。

2枚、3枚同時に接続するというのは当然のように想定されており、1台の電源を入れると連動してすべてのモニターの電源が入ったり、一つのモニターの設定を変更すると全てのモニターが連動して設定変更されたりと、とにかくハイエンドな使用環境での利便性がすごいです。

その分お値段もハイエンドですが、EIZOのなかでは比較的一般用途向けな機種なので、上位機種と比べると超高いというほどでもありません。

どうせ買うなら上質なモニターが欲しいという方におすすめです。

LG 32UD99-W

特徴

  • 31.5インチ 4Kモニター
  • 映像端子:HDMI x2、USB Type-C x1、DisplayPort x1
  • USB-C最大供給電力:60W
  • 液晶パネルの種類:IPSパネル
  • HDR10対応
  • ブルーライトカットモード、フリッカーフリーモード搭載
  • Radeon FreeSyncテクノロジー搭載
  • 複数デバイスの映像を同時表示可能なPicture by Picutre機能

FreeSyncやHDR10にも対応してるので、映像視聴やゲームをするにはぴったりです。

PbP機能も付いており、Win機でゲームをプレイしながら、サブMacの映像を同時に表示する、なんてことも可能です。

USB-Cの充電も60Wに対応しており、MacBook Proも問題なく充電出来ますね。

Mac以外にもWin機やゲーム機もガンガン使うという方には非常におすすめです。

まとめ

この記事で紹介した機種は間違いなくUSB-Cケーブル1本で映像/充電の両方が行える機種ですが、USB-C対応を謳っていても、映像出力しか出来ないというモデルも実は結構あります。

見極め方としては、

  • USB-C PD対応」という文字がスペック表にあるか
  • USB-C給電能力:60W」のように給電能力についての記述があるか

を判断基準にすればOKです。上記の記述があれば、ケーブル1本で映像/充電が同時にできると思っていいでしょう。

逆にUSB-C対応と謳っていながら、上記の記述がない場合は「映像出力はできるが同時に充電まではできない」というタイプの可能性がありますので、よくよく調べてみたほうがいいです。

もし今回紹介した機種以外も探してみたいという場合は、上記の基準で探してみてくださいね。

紹介したモニターおさらい

 

【関連記事】【2019年】4Kモニターの選び方・おすすめ機種まとめ

4Kモニターの選び方 完全ガイド【2019年】4Kモニターの選び方・おすすめ機種まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください