【Macに最適】USB-Cケーブル1本で給電も可能な4Kモニターおすすめ3選

Mac用の外部モニターを探しているんだけど、おすすめモニターが知りたい…

映像出力と充電がUSB-Cケーブル1本で出来るモニターが知りたい…

 

このような疑問に答える記事です。

この記事を書いているぼくはUSB-C対応の4Kモニターを持っておりまして、愛用のMacBook Proをつないで使っています。

ただ、ぼくが買った機種は「映像出力」しか出来ないタイプでして、充電機能は無いのが惜しいんですよね…

そこでその反省を生かして、「ケーブル1本で映像出力・充電が両方できる機種」のおすすめ情報をまとめてみました。

Macユーザーの方が外部モニターを購入する際の参考になれば幸いです。

3分程度で読めますので、モニターを探している方は是非参考にしてみてください〜。

USB-Cで接続できる4Kモニターのおすすめ機種を紹介

PHILIPS 328P6VUBREB/11

このモニターの特徴

  • 31.5インチ 4Kモニター
  • 映像端子:HDMI x2、DisplayPort x1、USB-C x1
  • USB-C PD Version 2.0 対応
  • USB-C最大供給電力:60W
  • 液晶パネルの種類:VAパネル
  • 2つのデバイスからの映像を同時に表示できるMultiView機能
  • ローブルーモード(ブルーライト軽減機能)搭載
  • 表示色数:10億7000万色
  • 色域:NTSC 116%、sRGB 138%、Adobe RGB 94%

デザインもスタイリッシュで、価格も手が出しやすいのがこの328P6VUBREB/11です。

USB-C最大供給電力60Wと十分で(Mac標準の充電ケーブルが61W)、問題なくMacBookを充電出来ますね。

その他にも、2つのデバイスからの映像を同時に表示できる機能もついています。

他社で言うところのPicture by Picture機能と思えばOKでして、例えばWinメイン機とMacサブ機を同じモニターで同時に表示する、なんてことも可能になります。

また、色の表現力もかなり高く、映像関係のお仕事にもそこそこ使えるのではないでしょうか。

オールマイティな4Kモニターが欲しいという方におすすめです。

EIZO FlexScan EV2785-BK

このモニターの特徴

  • 27インチ 4Kモニター
  • 映像端子:HDMI x2、DisplayPort x1、USB-C x1
  • USB-C最大供給電力:60W
  • 液晶パネルの種類:IPSパネル
  • ブルーライト最大80%カットの「Paperモード」搭載
  • 複数のデバイスの映像を同時表示できるPicture by Picture機能
  • キーボードショートカットで映像出力を切替可能
  • 複数モニター使用時の一括管理機能
  • 表示色数:1677万色(8−bit対応)
  • 色域:sRGB相当

USB-Cで60Wの給電が可能で、MacBook Proも問題なく充電出来ます。

また、EIZOブランドはオフィス用途での実績が凄まじいので、他のモニターではありえないような機能まで付いています。

2枚、3枚同時に接続するというのは当然のように想定されており、1台の電源を入れると連動してすべてのモニターの電源が入ったり、一つのモニターの設定を変更すると全てのモニターが連動して設定変更されたりと、とにかくハイエンドな使用環境での利便性がすごいです。

その分お値段もハイエンドですが、EIZOのなかでは比較的一般用途向けな機種なので、上位機種と比べると超高いというほどでもありません。

どうせ買うなら上質なモニターが欲しいという方におすすめです。

LG 32UD99-W

このモニターの特徴

  • 31.5インチ 4Kモニター
  • 映像端子:HDMI x2、USB Type-C x1、DisplayPort x1
  • USB-C最大供給電力:60W
  • 液晶パネルの種類:IPSパネル
  • HDR10対応
  • ブルーライトカットモード、フリッカーフリーモード搭載
  • Radeon FreeSyncテクノロジー搭載
  • 複数デバイスの映像を同時表示可能なPicture by Picutre機能

FreeSyncやHDR10にも対応してるので、映像視聴やゲームをするにはぴったりです。

PbP機能も付いており、Win機でゲームをプレイしながら、サブMacの映像を同時に表示する、なんてことも可能です。

USB-Cの充電も60Wに対応しており、MacBook Proも問題なく充電出来ますね。

Mac以外にもWin機やゲーム機もガンガン使うという方には非常におすすめです。

まとめ:USB-C対応でも、充電機能が無いモデルも多いので注意

この記事で紹介した機種は間違いなくUSB-Cケーブル1本で映像/充電の両方が行える機種ですが、USB-C対応を謳っていても、映像出力しか出来ないというモデルも実は結構あります。

見極め方としては、

  • USB-C PD対応」という文字がスペック表にあるか
  • USB-C給電能力:60W」のように給電能力についての記述があるか

を判断基準にすればOKです。上記の記述があれば、ケーブル1本で映像/充電が同時にできると思っていいでしょう。

逆にUSB-C対応と謳っていながら、上記の記述がない場合は「映像出力はできるが同時に充電まではできない」というタイプの可能性がありますので、よくよく調べてみたほうがいいです。

もし今回紹介した機種以外も探してみたいという場合は、上記の基準で探してみてくださいね。

では今回は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回紹介した機種のまとめ

4Kモニターに関連する記事を他にも書いております。よかったらどうぞ。

4Kモニター4Kモニターのおすすめサイズは?【27・32・40インチの特徴を比較】 4Kモニターのデメリットはこれ!【失敗しない選び方を解説】 4Kモニターの買い時を解説する【2019年8月に値上がりする模様】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください