Amazonでタイムセール祭りやってるぞ!

4Kモニターをテレビとして使うのはアリ?メリット・デメリットを解説

4Kモニター テレビ

4K放送を視聴したいけど、4Kテレビはちょっとまだ高い…
4Kモニターのほうが少し安いので、これをテレビとして使えないだろうか?

4Kモニターを既に持っているけど、なんとかしてテレビを視聴できないかな?

 

このような疑問に答える記事です。

結論から言うと、4Kモニター + 4Kチューナーがあればテレビとして使えます。

ただ…モニターとチューナーを両方買うと、結局、安い4Kテレビと同等の金額になります。
なので、モニターをテレビとして使うことにメリット感じる方以外は、素直に4Kテレビを購入するのが得策です。

この記事では、4Kモニターをテレビとして使うメリット・デメリットについて分かりやすく解説するとともに、おまけとして低コストで4Kを体験する裏ワザもちょこっと紹介しますw

4Kモニターをテレビとして使いたい」という方の参考になれば幸いです。

前提:テレビとモニターの違い

まず大前提として、テレビとモニターは何が違うのか、超ざっくり解説すると下記のような感じです。

テレビ

  • テレビ放送が映る
  • 映像を綺麗に見せる機能が年々進化してる
  • スピーカーの音質がいい

モニター

  • テレビ放送は映らない
  • 映像を綺麗に見せる機能は付いてないことが多い(遅延が発生するため、わざと付けてない)
  • スピーカーは音が鳴るだけマシ…というレベル(おまけ程度)

まぁモニターでもテレビとして使えないことはないですが、やはりテレビのほうが向いていますよね。

画質とかを気にするならテレビのほうが絶対にキレイですね。
2018年中にモニターを4回も5回も買い換えるほどのモニターマニアのぼくが言うんだから本当ですw

とはいえ、4Kモニターでテレビを視聴するメリットも少なからずありまして、それは以下の通りです。

4Kモニターでテレビを視聴するメリット・デメリット

4Kモニターでテレビを視聴するメリット

  • PC画面とテレビを1つのモニターで同時に見れる(そういう機能が付いたモニターの場合)
  • 電気代はモニターのほうが(たいていの場合)安い
  • 某集金屋さんに「うちにテレビはありません」と言い張れる

集金おじさんをなんとか回避したい人には、メリットが大きいかもしれませんww

逆に、デメリットとしてはこんなものが考えられます。

4Kモニターでテレビを視聴するデメリット

  • 初期費用は安くない(1から揃えると、結局4Kテレビ買える値段に…)
  • 画質もテレビほどよくない
  • モニターの内蔵スピーカーはショボいので、外部スピーカーが必須

PCとしての綺麗な発色 ≠ テレビとしての高画質 なので、高級なモニターだとしてもテレビとして使うと「値段ほど画質よくないな…」と感じると思います。
理由は、高級なモニターは映画を美麗な画質で表示するよりも、色を正確に表示する(悪く言うとのっぺりしてる)ことに価値があるからです。

また、モニターに搭載されているスピーカーは、大抵の場合「音が鳴るだけマシ」というレベルのものですから、それなりのスピーカーを用意するとなると更にコストがかかってしまいますね。

【モニターvsテレビ】TV視聴にかかるコストを比較してみた

4K画質で地上波放送を視聴するにはいくらかかるのか?

4Kモニター+チューナーを買った場合と、4Kテレビを買った場合のコストを比較してみました。

4Kモニター + 4Kチューナーの価格

低価格な4Kモニター…だいたい4万円

低価格な4Kチューナー…だいたい2万円

4万円 + 2万円 = 6万円

家電量販店のポイントを利用したとしても、(2019年3月時点では)6万円が最低ラインかと思います。
外部スピーカーも買うとなれば、もっとかかりますねw

しかもこの価格帯の4Kモニターは高画質化機能などとは無縁なので、テレビと比べたら画質も良くないです。

要するに「なんとか見れるレベルで、6万円」だと思ってくださいw

では次に、安い4Kテレビを見てみましょう。

安い4Kテレビの価格

シャープのAQUOS 4Kテレビ…6万円くらい

あっ…(察し)

 

よく分からない中華ブランドじゃなく、シャープのAQUOSですらこの値段ですw
ちなみに上記の機種はAndroidTV対応AmazonプライムビデオやNetflixなどで4K映画も見れるので、機能的にも妥協ナシ。
家族にもおすすめできるような機種です。

…何もないところから4Kテレビ環境を揃えるとしたら、素直に4Kテレビを買うのが得策でしょう。

結論:モニターをテレビとして使うのは(コスパを考えると)ナシ

4Kモニター + 4Kチューナー…6万円〜
AndroidTV対応 国産4Kテレビ…6万円〜

コスト的にはほとんど大差ないどころか、周辺機器もイチから揃える前提だと、4Kテレビのほうが初期投資が少ないのではないかと思います。

しかも4Kテレビの場合は高画質化・AndroidTV・まともなスピーカー・民放が見れる、などの機能が当たり前に搭載され、テレビとしての機能ではモニターは太刀打ちできません。

よっぽどの理由(PCとテレビを1つのモニターで兼用したいなど)がない限り、4Kテレビ環境を揃えたかったら、素直に4Kテレビを買うのが吉だと思います。

おまけ:低コストで4K映像を視聴する裏ワザ

裏ワザなどと大げさに書きましたが、制約付きながら4K映像を低コストで視聴する方法がありまして、それをサラッと紹介して終わろうと思います。

その方法は…ズバリ、4Kモニター + Amazon Fire TV Stick にて4K画質でVODを視聴する
…というものです。

この方法だと地上波放送は見られない代わりに、AmazonプライムビデオやNetflixなどのVODサービスを通して映画やドラマなどを4K画質で楽しむことが出来ます。
しかもAmazon Fire TV Stickは4Kチューナーより1万円以上安いので、だいぶ節約になります。
(VODサービスの月額料金は掛かってしまいますが…)

4K画質でタレントの毛穴まで見たい!という方はさておき(笑)、ほとんどの方は映画やドラマの洗練された映像を4Kで楽しみたいのではないでしょうか。

もし地上波放送が見れなくても良いという方は、モニター + Fire TV Stick という組み合わせが一番低コストなので、検討してみてもいいと思います。

Fire TV Stickは旅先にも持っていけますし、1つ持っておくと人生変わるレベルで重宝しますね。
ぼくの場合は「重宝」を通り越して、「ダメ人間になる」レベルでVODに時間を吸われてしまっていますが…w

 

【関連記事】【2019年】4Kモニターの選び方・おすすめ機種まとめ

4Kモニターの選び方 完全ガイド【2019年】4Kモニターの選び方・おすすめ機種まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください