【注意点あり】27インチの4Kモニターおすすめランキング【最新版】

27インチは、4Kモニターの中では小さめのサイズだ。

27インチの4Kモニターは画素ピッチが細かすぎて文字サイズが極小になる。拡大表示しないと使い物にならないので、4K解像度をフル活用して広大なデスクトップで作業したい人には全くおすすめしない。作業メインなら32インチか42インチを検討したほうがいい。

とはいえ「別にそんなにガッツリ作業するわけじゃない人」「4Kでゲームしたいだけの人」には27インチは最高の選択肢だと思う。

27インチだろうと40インチだろうと「4Kモニター」である限り画素数は同じなので、小さい面積に画素がギュッと詰まっているほうが高精細で美しい画質になるからだ。

当記事は、そんな27インチ4Kモニターのおすすめ機種をランキング形式で紹介していく。

目次

27インチの4Kモニターは本当に文字が小さい

まずは下記の画像を見てほしい。

PA279CV レビュー
27インチ4KモニターとiPhoneSEの比較

iPhoneSE2と27インチ4Kモニターの文字サイズを比べてみた画像なんだけど、ご覧の通りiPhoneの電池残量「61%」とGoogle ChromeのURL欄の「google.com……」という文字がほぼ同じサイズだ。

モニターの視聴距離ってだいたい腕をピーンと伸ばしたぐらいの遠さだと思うので、お手持ちのスマホを腕をピーンと伸ばした状態で見てみてほしい。その状態で最上段の時刻や電池残量がハッキリ読めるだろうか?

ぼくは視力0.7ぐらいなんだけど、ぼく的にはこの文字サイズはかなり厳しい。目を凝らせばギリギリ読めるけど、ずっと目を凝らしていたら眉間にシワが寄った状態で顔面が固まってしまいそうだ。

とまあこんな感じで、27インチ4Kモニターを「拡大表示せずに使う」のはとても快適とは言えないんだ。

そのため、パソコン側の設定で文字サイズを拡大するのがほぼ必須になる。

スケーリング設定
Windowsの表示スケール設定

幸いWindowsにもMacにも文字サイズを拡大する設定は標準で備わっている。拡大すること自体は誰でもできるので安心してほしい。

ただし当たり前だけど、拡大すればするほど表示できる情報量は減ってしまう。

下記の画像を見てほしい。

拡大率100%と150%の状態を比較してみた画像だ。ご覧の通り、拡大した方の画面は解像度が低くなったかのごとく表示できる情報量が減っている。つまり27インチの4Kモニターは、

この「拡大表示」をデメリットに感じない人

向けのサイズということになる。

もし今「拡大するのはちょっと…」と感じたなら、悪いことは言わないから32インチの4Kモニターを検討したほうがいい。

4Kモニターの選び方

ここからは、いざ4Kモニターを買うと決めた人向けに後悔しない選び方を解説する。

4Kモニターを買うときに注意すべきポイントは下記の3つ。

  • パネルの種類
  • 画質のよさ
  • USB-C接続に対応しているか

どんな用途で使うにしてもこの3点は最低限チェックすべき。ここのチェックを怠ると、購入後に後悔するハメになってしまう。

順番に解説する。

パネルは迷ったら「IPSパネル」一択

液晶パネルにはいくつか種類がある。
主流なのはTNパネル・VAパネル・IPSパネルの3種類。

TNパネルの特徴

TNパネルは「遅延・残像が少なくてゲームに最適

TNパネルは応答速度が速い(遅延が少ない)のが特徴。ゲームをするならこれが最適。ただし画質は正直言って微妙なので、ゲームをするにしても反応速度をそれほど重視しないなら避けたほうがいい。画面の動きが激しいFPSやレースゲーには最適。

総合性能はIPSパネルが最も優秀なので、迷ったらIPSパネルを選べばOK。

参考までにTNパネルとIPSパネルの画質を比較してみたので、下記を見てほしい。

デスクトップの背景を「オレンジ単色」にしたのを真正面から撮影した写真だ。繰り返すがこれは「オレンジ単色」だ。グラデーションではない。

TNパネルは視野角がとても狭いので、ご覧の通り真正面から見たときでさえ上のほうと下のほうで色が全然違う。TNパネルは応答速度の速さがメリットだが、それと引き換えにこの「色の不正確さ」を受け入れなければいけない。ちなみにVAパネルは両者の中間ぐらいの視野角だ。

迷ったらIPSパネル一択」の意味をご理解いただけただろうか。

画質の良さは「sRGBカバー率」を目安に

そのモニターがどれぐらい画質が良いのかを知るためには、sRGBカバー率という指標が分かりやすい。

sRGBカバー率はsRGBという色空間をどれぐらい再現できているかの指標で、簡単に例えるなら、

お手本のパレットの色をどれぐらい忠実に再現できているか

みたいなもんだと思っておけばOK。Webの世界はsRGBというカラーパレットで描画されているので、sRGBカバー率が100%に近ければ近いほど「本来の色合い」を正確に発色してくれるモニターということになる。

ASUS PA279CVの公式サイトより引用

画質の良さをウリにしているモニターなら公式サイトを見ればほぼ確実にsRGBカバー率の数値が書いてあるので、気になった機種があったら公式サイトをチェックしてみるといいかも。

USB-C対応だとMacbookを直差しできる

Macbookを使っているなら「USB-C接続に対応しているか」はかなり重要になる。

USB-C接続対応の4Kモニターは、USB-Cの細いケーブルを1本つなぐだけでモニターとPCの接続が完了してしまう。しかもUSB-C給電に対応した機種であればこのケーブルでPCへの充電も同時に行える。つまりモニターとMacbookをつなぐだけで永遠にバッテリーの切れないMacbookを実現できるんだ。

逆にUSB-Cに対応してないモニターをMacbookで使う場合は、まずHDMIやDisplayPortをつなぐためのハブを用意する必要がある。そしてそのままだと電池が切れるので充電ケーブルを別途用意しないといけない。MacbookProなら両側にポートがあるからいいけど、MacbookやMacbookAirならモニター接続と充電だけでもうポートはパンパン。

デスクトップPCの人には関係ないが、Macbook使いの人には「USB-C対応」は何より重要なポイントになると思う。購入前にぜひチェックしてほしい。

27インチ4Kモニターのおすすめ機種ランキング

ここからは筆者が考えるおすすめの4Kモニターをランキング形式で紹介する。

ダラダラたくさん紹介するのは僕もダルいし読む方もダルいと思うから、本当におすすめな機種TOP3を厳選して紹介していく。

その代わり「これなら間違いない」と思う機種をバッチリ選定してあるので、ぜひ参考にしてほしい。

第1位「ASUS PA279CV-J」

sRGBカバー率100%で色がとても綺麗なモニターだ。USB-C接続対応でMacbookとも相性がいい。おまけにUSBポートが4つも付いてる豪華仕様。デザインは少し業務用チックだが、とりあえずこれ買っておけばどんな用途にも使える万能機。ASUSのロゴがやけにデカいことさえ除けば、個人的にはほぼ完璧な4Kモニターだと思ってる。

« PA279CVのレビュー記事をチェック

スクロールできます
画質IPSパネル
sRGBカバー率100%
CalmanVerified認証取得済
応答速度5ms(GtoG)
接続性HDMI2.0 x2
DisplayPort1.4 x1
USB-C(60W給電対応) x1
USB3.0 x4
オーディオ端子 x1
総合評価

第2位「Dell S2721QS」

1位には劣るけど発色はかなり綺麗。そして何より低価格!USB-C非対応なのでMacbookとの相性は悪いが、とにかく費用を抑えることが最優先な人にぴったりなコスパモデル。初心者にオススメ。DELLのモニターはデザインが洗練されているから、安くても高級感がある。

スクロールできます
画質IPSパネル
sRGBカバー率99%
応答速度5ms(GtoG)
接続性HDMI2.0 x2
DisplayPort1.4 x1
オーディオ端子 x1
総合評価

第3位「BenQ EL2870U」

ゲーム用4Kモニターの定番モデル。TNパネルなので画質はイマイチだけど、4Kモニターの中ではトップクラスに応答速度が速い。ゲーム用の4Kモニターがほしいならコイツが適任。キビキビ動く。ただしIPSパネル機と比べると画質は本当に見劣りするから、あくまでゲーム専門の人向けのモデルだ。

スクロールできます
画質TNパネル
応答速度1ms(GtoG)
接続性HDMI2.0 x2
DisplayPort1.4 x1
総合評価

まとめ

PA279CV レビュー
  • 27インチの4Kモニターは「拡大表示」が必須
  • 迷ったらIPSパネル一択
  • MacbookにはUSB-C対応モデルが便利

ちなみに筆者は1位のASUS PA279CVが個人的にも好き。同価格帯の中では明らかに頭一つ抜けているので、迷ったらコイツにしておくのがおすすめ。人気すぎて在庫不足気味なのが玉に瑕だけど…。

もう一度ランキングを振り返りたい方は下記のリンクからどうぞ。

« ランキング1位へ戻る

再三になるが、27インチの4Kモニターは文書メインの使い方をするなら小さくて不便だ。
作業用に4Kモニターの導入を考えているなら32インチにしておくのをおすすめする。

32インチの4Kモニターは下記の記事で解説しているので参考にしてほしい。

こちらも読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップで記事をSNSに投稿(確認画面出ます)
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • >「字多め」の作業をする方はもう少し解像度の低いのモニター(QWHDなど)を買うか、32インチ以上の4Kモニターを買ったほうが幸せになれると思います。

    QWHDではなく、WQHDではないでしょうか?
    記事とても参考になりました。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる