Amazonでタイムセール祭りやってるぞ!

【ヌルヌル】144Hz駆動のゲーミングモニター おすすめ機種まとめ

144hz ゲーミングモニター

ゲームにガチで勝ちたいので、勝てるゲーミングモニターが欲しい

144Hz駆動モニターもかなり安くなってきたので、そろそろ買ってみたい

 

そんな方のための記事です。

この記事を書いているぼくは、これまでに60Hz→144Hz→240Hzとゲーミングモニターを買い替えてきまして、今はXL2546という240Hz駆動のモニターを使っています。
なので、普通の人よりはゲーミングモニターに詳しいはずです。

この記事では、そんなモニターばっかり買っているぼくが考える「本当におすすめできるゲーミングモニター」を紹介していきます。
ゲームで強くなりたい」という方の参考になれば幸いです。

144Hzモニターと普通のモニターの違い

そもそも144Hzモニターって何?という方のためにサクッと基礎を解説します。

「144Hz」とは?

144Hzモニターというのは「リフレッシュレートが144Hzのモニター」のことです。

リフレッシュレートって?
モニターに映像が表示される原理って実はパラパラ漫画と似ていて、「静止画の連続」なんです。
1枚1枚は静止画なんですが、それを高速でパラパラと切り替えることで、動画っぽく見せています。
パラパラする頻度が高いほど、映像が滑らかに見えます。

その、1秒間に何枚の絵をパラパラするか?のことを「リフレッシュレート」と呼びます。
単位はHz(ヘルツ)で、例えば60Hzだと「1秒間に60回、絵を切り替えている」という意味です。

一般的なモニターはたいてい60Hz(1秒間に60枚の絵がパラパラしてる)なんですが、
144Hzモニターは1秒間に144枚もパラパラしています。

60Hz 144Hz リフレッシュレート 違い

その差なんと2.4倍!

そりゃもう、めっちゃパラパラですよ!!(語彙力)

また、144Hzよりワンランク上に240Hzモニターというハイエンド機も存在します。
それについては「【最強】240Hz駆動のゲーミングモニター おすすめ機種ランキング」で解説していますので、興味がある方は見てみてください。
※240Hzモニターはコスパ重視の人にはおすすめできません!

144Hzモニターのメリット

そんな144Hzモニターには、たくさんのメリットがあります!

144Hzモニターのメリット

  • 高速で動く物体をちゃんと目で追える
  • 物陰からひょっこり出てきた敵をいち早く視認できる
  • 残像が減る
  • ティアリングが気にならなくなる(コマとコマの間隔が狭まるので)

要するに、今まで見えなかったものがよーく見えるようになるということですねw


▲動画を見たら分かりますが、動きの激しいゲームで60Hzのモニターを使うとか、ハンデ以外の何物でもないです。
こんなにスローモーションにしても滑らかなので、肉眼だったら言わずもがなですね…。

▲こちらの動画だとティアリングの違いが分かりやすいです。
60Hzだと画面が上下で2つにぶった切られたようにティアリングが発生していますが、144Hzのほうはぶった切られ感がかなり軽減してます。

垂直同期だとかG-SYNCだとか、そんな子供騙しはもはや要らんのですよ。
144Hzならフレームレートの暴力でティアリングを撃退できるのです!

144Hzモニターのデメリット

今どき144Hz駆動モニターは安いものだと3万円程度で買えてしまいます。
学生でもバイト代を貯めたら余裕で買える金額ですよね。

つまり何が言いたいかと言うと…144Hzモニターを買っても有利にはなりません。

理由は、今どきちょっと強いゲーマーなら当たり前のように144Hzモニターを使っているからです。
要するに「やっと同じ土俵に立てる」だけであって、買っても別に有利にはならないというのがデメリットですねw

逆に言うと「PCゲーマーなら、持ってないとお話にならないレベル」なので、持ってない方は今すぐ買いましょう。

144fpsでゲームを動かすにはハイスペPCが必要? → 実はそんなことない

144Hzのモニターを買っても、パソコンが低スぺだと意味がありません!」と解説しているサイトもありますが、これは半分正解で、半分間違いです。

確かに「ゲームのグラフィック設定を一番低くしても60fpsしか出ない…」というPCでは心許ないですが、とはいえ20万円以上するハイスペPCが必要か、と言うと全然そんなことはないです。

実際、ぼくが使っているPCのグラボはGTX1060というミドルスペックのものですが、CoDBO4で200fpsくらいは出せていますね。
もっと設定を落とせば240fpsも出せますが、画質とのバランスも取ってこれくらいにしています。

ちなみに、BFで驚異的な強さを誇る元プロゲーマー「Relaaa」選手も144Hzモニターを使用していますが、彼は今年PCを新調するまでゲームのグラフィック解像度を「1366×768」に落としてプレイしていたらしいです。(参考:氏の動画やTwitterなどの情報による)
なぜかというと彼のPCは2012年からずーっと使い続けていた、いわゆる「低スぺPC」だったからですw


▲汚い…w
解像度を落とさないと144fps出せないような低スぺPCでも、世界トップの実力を誇るプロ選手になれるのですから、いかに「ゲームの強さ」と「PCスペック」が関係無いのかが分かります。

つまり、ハイスペックPCは「綺麗なグラフィックを追求するため」に必要なのであって、「ゲームで勝つため」には必ずしも必要ありません。

じゃあどれぐらいのスペックだったらいいの?

具体的には、ゲームの公式サイトに必ず書いてある「最低動作環境」と「推奨動作環境」のうち、「推奨動作環境」をギリギリ満たしていれば全然OK、というのがぼくの意見です。

BF5 PC動作環境
▲引用:BF5公式サイト(https://www.ea.com/ja-jp/games/battlefield/battlefield-5/buy/pc-system-requirements)より

ぼくのPCがちょうどこの推奨動作環境と同じようなスペックですが、普通に144fps出てます。
(もちろん、グラフィックの設定はそれなりに落としています。)

グラフィックの綺麗さにこだわらなければ、これくらいのスペックがあれば全然OKですね。

144Hz以上出るゲーミングモニターのおすすめ機種まとめ

そんな現代PCゲーマーの必需品である144Hz駆動モニター、実際に買うとなるとどんな機種がおすすめなのでしょうか。
60Hzモニター→144Hzモニター→240Hzモニターとモニターを買い替えてきたぼくの経験から、「本当におすすめできる機種」を選定してみましたので、ご査収ください。

BENQ XL2411P

このモニターの特徴

  • パネル:24インチTNパネル
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 応答速度:1ms
  • VESAマウント穴あり
  • ブルーライトカットモードあり
  • フリッカーフリー機能あり
  • 暗所の視認性を向上「Black eQualizer」搭載
  • 色の鮮明さをアップし、敵を視認しやすくする「Color Vibrance」搭載

144Hz応答1ms、ゲーム向け色彩機能も充実した正統派ゲーミングモニターです。
ツイートから判断するに、先ほど紹介した元プロゲーマー「Relaaa」選手も使っているみたいですねw

エントリーモデルなので多機能ではありませんが、ゲームをする上で最低限押さえておきたい「リフレッシュレート」「応答速度」に関しては文句なしのハイスペック。

迷ったらこれ」とおすすめできます。

BENQ ZOWIE XL2430

このモニターの特徴

  • パネル:24インチTNパネル
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 応答速度:1ms
  • VESAマウント穴あり
  • ブルーライトカットモードあり
  • フリッカーフリー機能あり
  • 暗所の視認性を向上「Black eQualizer」搭載
  • 色の鮮明さをアップし、敵を視認しやすくする「Color Vibrance」搭載
  • モニター設定を瞬時に切り替えられるリモコン「S-Switch」付き

ZOWIEブランドの中でも、入門機に位置するゲーミングモニターです。

ZOWIEのモニターは、FPSのプロ大会の会場などで毎回のように採用されており、ゲーミング業界の中でも特に信頼が厚いメーカーですね。

プロゲーマーの選手もZOWIEのモニターを使っている率が高いので、ちゃんとしたモニターがほしいと思っている方におすすめです。

Acer KG241QAbiip

このモニターの特徴

  • パネル:23.6インチTNパネル
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 応答速度:0.6ms
  • VESAマウント穴あり
  • FreeSync対応
  • ブルーライトカットモードあり
  • フリッカーフリー機能あり

Acerの144Hzモニターです。
FreeSyncに対応しているのが特徴で、AMDのグラフィックボードを使っている人にはおすすめです。
応答速度が0.6msと何気に世界最速レベルで、穴場的なモニターって感じですね。

ゲーム向けにクロスヘア表示やfpsカウンターなども付いており、機能的に他社と劣るということはなく「Radeonユーザー向けの正統派ゲーミングモニター」といった印象です。

Radeonを使ってなくても、そもそも価格が安いので「最初は安いやつで」という方にもおすすめですね!

I-ODATA EX-LDGC242HTB

特徴

  • パネル:24インチTNパネル
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 応答速度:0.6ms
  • 暗いシーンをより鮮明にする「Night Clear Vision」

I-O DATAのGigaCrystaシリーズの144Hzモニターです。

応答速度が0.6msととても早いのが特徴。

まぁ正直、1msと0.6msの違いを体感できるかどうかはわかりませんが(笑)

とはいえ、ゲーミングブランド製のモニターと比べるとスペックのわりに価格もこなれているので、ブランドにこだわりがない方にはおすすめですね!

AOC C24G1/11

特徴

  • パネル:23.6インチVAパネル
  • 解像度:フルHD(1920×1080)
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 曲面ディスプレイ

こちらはなんと、画面が湾曲している「曲面ディスプレイ」のモニターです。

液晶ディスプレイって、画面中央は目に近いけど、画面端は目から遠い、という距離差が発生しますよね。
その距離差を、画面を湾曲させることによって解消したのが曲面ディスプレイです。

表示される絵が歪むから嫌いだ、という人もいれば、こっちのほうが理想的だ、という人もいるので何とも言えませんが…
値段も安いので、興味があったらチャレンジしてみるのも面白いですね。

ちなみにAOCというメーカーは日本にはあまり馴染みが無いですが、アジア太平洋地域の液晶ディスプレイシェア率1位を誇る有名メーカーですよ!
日本から出たらLGやBENQより有名ですね。

LG 27GL850-B

特徴

  • パネル:27インチ Nano IPSパネル
  • 解像度:WQHD(2560×1440)
  • リフレッシュレート:144Hz
  • 応答速度:1ms
  • HDR10コンテンツ対応
  • G-SYNC / FreeSync対応
  • 映像の遅延を軽減する「DASモード」対応

最後にご紹介するのは、最新スペックの144Hzモニターです。
NanoIPSパネルという新開発のパネルを採用しているため、従来のIPSパネルに比べて応答速度が格段にアップ。

従来ではIPSパネルで応答速度1msを実現するのは不可能だと言われていましたが、NanoIPSによってついに可能になりました。

G-SYNC対応やDASモード対応など、ゲームが有利になる機能がてんこ盛りなのですが、その割には値段も安いです。

ハイエンド志向の方に今一番おすすめのモニターですね!

まとめ:FPSで勝ちたいなら、今どき60Hzはもうあり得ないです

僕自身60Hz→144Hz→240Hzとモニターを買い替えているので身をもって分かりましたが、「FPSで勝つために環境を整えるなら、まず最初に144Hzモニターを買うべき」って本気で思いますね。

どんなゲーミングデバイスよりも優先で買うべきです。
「今まで60Hzでプレイしていたのはなんだったんだ…」と落ち込むくらい快適になりますので…w

紹介したモニターおさらい

 

ゲーミングモニター 選び方 おすすめ まとめ【2019年】ゲーミングモニターの選び方& おすすめ機種まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください