XANOVA PHOBOS M レビュー:布とプラのいいとこ取り?弾力のあるハードマウスパッド

XANOVAというメーカーのハードマウスパッド「PHOBOS M」をレビューします。

ハードマウスパッドと言えばまな板のようにカチカチなものがほとんどですが、PHOBOS Mは中間層にスポンジ材を用いているためか布パッドのような柔軟性も持ち合わせています。

使い心地もまさに布とプラの中間のような感触で、「布より滑りやすい / プラより止めやすい」という両者のいいとこ取りのような使用感だと感じました。

良くない点も含めてレビューしていますので、気になっている方は読んでみてくださいね。

目次

PHOBOS Mの外観・素材の質感

PHOBOS MはXANOVAから発売されているゲーミングマウスパッドで、表層が樹脂の「プラパッド(ハードパッド)」というジャンルに分類される製品です。

PHOBOS M という商品名から分かる通り、いわゆる「Mサイズ」のマウスパッドです。

ローセンシでマウスを振り回すFPSゲーマーには少々小さいかもしれませんが、Lサイズはなぜか販売されていない模様。
(同じXANOVAブランドでもDEIMOSというマウスパッドはLもあるのに…)

商品名にMと入れるならLも販売してくれよ…と思わずにはいられませんw

パッケージデザイン

xanova phobos m レビュー

パッケージにも書いてあるとおり、XANOVAはPCのグラフィックボードなどで有名なGALAXというメーカーが展開するゲーミングブランド。

XANOVAは2019年に日本国内に入ってきたばかりなので、今後ますます浸透していくと思われます。

xanova phobos m レビュー

パッケージにスペックが書いてあります。

長さ:320mm
幅:270mm
厚さ:4mm

表面:樹脂
ボトム:天然発泡ゴム

樹脂のマウスパッドは他にも多くありますが、下に発泡ゴム層を用いたマウスパッドは珍しいのではないでしょうか。

さわり心地はARTISANのシデンカイに近い感じもしますが、PHOBOSのほうがプラスチック感が強くてザラザラしています。

マウスパッド本体のデザイン

xanova phobos m レビュー

マウスパッドはこんな感じのデザイン。

右上と下にロゴが入っていますが、染み込んでいるタイプ?の印刷なのでマウス操作への影響はありません。

xanova phobos m レビュー

裏面。

xanova phobos m レビュー

拡大図。裏面の素材はゴムです。

デスクにしっかり食いつき、激しく操作してもズレてくることはなかったです。

素材の質感(拡大写真)

xanova phobos m レビュー

表面の質感。

ザラザラとツルツルの中間のような触り心地です。

xanova phobos m レビュー

マクロレンズを使ってめちゃくちゃ拡大してみるとこうなりました。

なにこれ!!

どうやって作るんでしょうか?
型に流し込むだけでこんな細かい三角形が作れるのか…?

まぁそれは良いとして、これを見ると触り心地にもなんだか納得感が出てきました。
ザラついてはいるんだけど、ただ表面がデコボコしているだけのハードマウスパッドとは少し違う感じ。

かなり独特なマウスパッドだと思います。

xanova phobos m レビュー

ちなみに横から撮影してみるとこんな感じ。

表面にうすーくプラの層があるだけで、残りのほとんどは天然発泡ゴム層です。

xanova phobos m レビュー

これだけ柔軟性があれば、経年劣化で反り返ったりする心配はなさそうですね。

PHOBOS Mを使ってみた感想

実際にPHOBOS Mを使ってゲームをプレイしてみた感想。

xanova phobos m レビュー
  • 微細な動きがしやすい割には止めやすい
  • 手汗で手のひらが張り付く感は多少ある
  • ソールへのダメージは比較的少ない
  • サイズが小さい

よくあるカチカチのハードマウスパッドだとマウスが全く沈み込みませんが、PHOBOSはマウスがムニュっと沈む感覚がわずかにあります。
それでいて表面のザラザラ感はしっかり手に伝わってくるので、自分がどういうふうにマウスを動かしているか?をよくフィードバックしてくれますね。

例えるなら路面の状況がハンドルやシートからよく伝わってくるスポーツカーのような感じ?でしょうか。
ハードパッドのザラザラ感が好きな人もしっかり満足できるはずです。

操作感としては、布ほどではないですが初動の滑りやすさとは裏腹にかなり止めやすいと感じました。

ただハードマウスパッドの弱点として、手汗で湿った部分はどうしてもグリップが発生してしまいますね。
気になる方はアームカバーなどを着用して直接肌が触れないような対策を講じたほうがいいかもしれません。

あとはやっぱりMサイズなので激しい操作をするとかなり小さく感じます。
振り向き10cmくらいのハイセンシプレイヤーぐらいしかまともに使いこなせないんじゃないでしょうか…

Lサイズの発売を強く希望します!!

まとめ

xanova phobos m レビュー
  • 樹脂と天然発泡ゴムをあわせた素材
  • 布とプラの中間のような、適度にザラザラな滑り心地
  • サイズがMしか無いのでローセンシには不向き

ゴリゴリのハードマウスパッドよりはクセなく使えるので、わりと万人向けではないでしょうか。

とはいえサイズが小さいのが人によっては致命的で、ローセンシ気味のFPSプレイヤーはたとえ使用感が気に入っても小さすぎて使えない可能性も高いですね。

適度なザラザラ感が心地よいので、個人的にはLサイズが発売されたら速攻で買いたいと思っています。(出す予定があるのかは知らないけど…)

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる