リフレッシュレートが高いと何が良いの?→よく分かる画像作ってみた

リフレッシュレートとは

リフレッシュレートが高いとどんなメリットがあるの?

わざわざ高リフレッシュレートモニターに買い替えるほどの価値はある?

という方のために、リフレッシュレートについて分かりやすく解説します。

ぼくは240Hzで駆動するモニター(リフレッシュレートが高いモニター)を持っているので、
リフレッシュレートが高いとどんなメリットがあるのかよく知っています。

実際に使ってみた結論を先に申し上げますと、

  • 一部のゲーマーには、非常に恩恵がデカい。
  • ゲームをしないなら、たいして恩恵なし。

っていう感じです。

説明用に、リフレッシュレートが高い状態を疑似体験できる画像も作ってみました。
リフレッシュレートについてサクッと知りたい方は参考にしてみてください。

目次

そもそも「リフレッシュレート」とは?

リフレッシュレートというのは、「モニターが1秒間に何回画面を更新するのか」を表す指標です。

単位はHz(ヘルツ)を用います。

パラパラ漫画をイメージすると分かりやすいかと思います。

60hz 144hz リフレッシュレート 違い

1秒間にパラパラする絵の枚数が多ければ多いほど、映像が滑らかに動きますよね。

一般的なモニターのリフレッシュレートはたいてい60Hzですが、ゲーミングモニターのなかには144Hzや240Hzで駆動するものも存在します。

240Hzモニターのリフレッシュレートの高さがよく分かる画像

リフレッシュレートの違いを分かりやすく説明するために、60Hzと240Hzのモニターを比較してみましょう。

上記のGIFは、リフレッシュレートが異なる2つのモニターでそれぞれマウスを適当にぐるぐる動かしたところをスロー撮影したもの。

ストップウォッチの数字を見て分かる通り、上記の2つは全く同じ再生速度でスロー再生しています。

60Hzだとカーソルがカクカク動いているように見えますが、240Hzは「これ本当にスローモーションなの?」と思ってしまうほどカーソルが滑らかですよね。実際はこの数倍のスピードで動いているわけなので、いかに240Hzがすごいかが分かるかと思います。

リフレッシュレートが高いとゲームが有利になる

高リフレッシュレートが真価を発揮するのは「ゲーム」です。

参考までに、下記の動画をご覧ください。

60Hzと240Hzだと、映像の滑らかさに天と地ほどの差がありますね。

上記の動画を見れば分かる通り、ゲームをするならリフレッシュレートが高いほうが快適です。
特にレースゲームやFPSゲームなどの画面の動きが激しいゲームは、「敵をハッキリと目で追える」「目が疲れない」など多くのメリットがあります。

そのため、ゲーミングモニターは144Hzや240Hzという、高いリフレッシュレートを「売り」にしているのです。

注意:144Hzや240Hzでゲームを遊ぶには、高性能なPCも必要

リフレッシュレートが高いモニターを買うと画面が滑らかに動くようにはなる、ということはなんとなくご理解いただけたかと思います。

しかし、実際にあなたのPCでゲームが滑らかに動くかどうかはまた別の話です。

ゲームの描画性能は「グラフィックボード」や「CPU」などのパーツ性能によって決まりまるため、パソコンの性能が低かったら高いフレームレートでゲームを描画することができません…

もしあなたが家族からお下がりでもらったノートPCや5万円くらいで買った一体型PCを使っているのだとしたら、まずはゲーミングPCを買う必要があります。

高性能なPCがあって、初めてリフレッシュレートが高いモニターの実力が発揮されるのだと覚えておいてください。

具体的にどのぐらいのスペックのPCを買えばいいのかについては、現在解説記事を書いている最中です。

ザックリとした例を挙げると、144Hzや240Hzでゲームを動かすなら最低でも10万円くらいのPCは欲しいところですね。

まとめ

  • リフレッシュレートとは、「画面が1秒間に何回更新されるか」を表す言葉。
  • 144Hzや240Hzで動くゲーミングモニターは、激しいゲームで有利になる。
  • ただし、ゲームをヌルヌル動かすには、ゲーミングPCも必要。

ゲームをプレイしないならモニターのリフレッシュレートを特に気にする必要はありません。

ただし、もしFPSやレースゲームを有利にプレイしたいのであれば、リフレッシュレートが高いゲーミングモニターを手に入れると世界が変わると思いますよ。

【関連記事】【最強】240Hz駆動のゲーミングモニター おすすめ機種ランキング

この記事をSNSでシェアする

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次