マウスバンジーって必要?→15年前から使ってる筆者がメリデメを解説する

マウスバンジーはいらない?メリット・デメリットを解説

みんな使ってるっぽいけど、マウスバンジーってほんとに必要か?別にいらなくね?と思ってる人も実は結構多いのではないだろうか。

そんな人のために当記事は、中学生の頃からかれこれ15年くらいマウスバンジーを使い続けている筆者がマウスバンジーを使うメリット・デメリットを分かりやすく解説する。

お金をかけずにマウスバンジーを作っちゃう方法なんかも後半に載せているから、買うほどじゃないけどちょっとは興味ある…という人もぜひ読んでみてほしい。

筆者プロフィール
けしろぐ プロフィール画像

Kessy

ガジェットレビュアー。FPSゲーム歴15年のガチゲーマー。年間200万円以上ゲーミングデバイスを購入レビューしている。初心者ゲーマーに向けてデバイスの選び方を発信中。

目次

マウスバンジーはいらない?メリット・デメリットを解説

マウスバンジーとは有線マウスのケーブルをホールドしておくためのアイテムだ。ケーブルが突っ張る感じが軽減されるので多くのPCゲーマーが愛用している。

しかし使ったことがない人からは「なにそれ?意味あんの?」と思われがちな商品でもあるので、ここに改めてマウスバンジーのメリットとデメリットをまとめていく。

メリット① マウスケーブルのつっぱり感・引きずり感が解消される

マウスバンジーを使うとケーブルを吊るした状態で固定することができるので、マウスを振ったときの「ケーブルを引きずり回してる感」をなくすことができる。

もし今ケーブルを引きずり回しながらマウスを操作してるなら、試しに左手でケーブルを上に持ち上げながらマウスを動かしてみて欲しい。ちょっとマウスの動きが軽くなったようには感じないだろうか?

ゲーム中に「ああああ!マウスのケーブルがうぜええ!!」と感じたことがある人は、マウスバンジーを導入すればケーブルのストレスを和らげることが出来るのだ。

メリット② マウスケーブルの断線リスクを減らせる

マウスのケーブルがむやみに動き回らないということは、ケーブルが何かに引っかかって断線するリスクを減らすことにもつながる。

特に最近のゲーミングマウスは柔軟性を重視して布巻きのパラコードケーブルを採用することが増えてきているから、昔のマウスより逆に耐久性が低かったりする。大切なマウスを守るためにもマウスバンジーを1つ持っておくと便利だ。

メリット③ USBハブ機能が付いてたり、ガジェットとして便利

マウスバンジーの中にはUSBハブ機能が付いていたりする便利なものも存在する。まぁそのぶん値段は高いのだが、たかがケーブルを押さえておくだけの物に金かけたくねぇなあ?という人はあえて付加価値の高いハイスペックマウスバンジーを買ってみるのも手だ。

特にゲーミングマウスをその日の気分によって交換するようなコアゲーマーは、手元にUSBハブがあると便利に感じるはず。

デメリット① 机の上を占領する

マウスバンジーは地味に邪魔

マウスバンジーの最大のデメリットは「地味に邪魔なこと」だと思う。

マウスバンジーの性質上、マウスの真奥あたりに設置しないといけない。しかし筆者のデスクもそうだが、マウスの奥ってなにかと物を置きたいのだ!マウスの奥って右手で簡単にアクセス出来る特等席だから、マウスバンジーが場所を占領しちゃうのはなんかもったいない感じがする!!

とはいえ、最近ではモニターに貼り付けるタイプの邪魔にならないマウスバンジーも登場してきた。据え置き型のマウスバンジーが邪魔だと感じる人は貼り付けタイプを買ってみるのも手だろう。

プロゲーマーってマウスバンジー使ってんの?

マウスバンジーの便利さについては上記に書いたとおりだが、その効果は果たしてプロゲーマーたちにも認められているのだろうか?ためしに動画で確認してみよう。

下記は2019年のフォートナイト世界大会の動画だ。当時16歳だったBugha選手が優勝し300万ドルの賞金を獲得したことは大きなニュースになったので、覚えている人も多いだろう。

(見てほしいシーンを指定しておいたので途中から再生されるはずだが、もし最初から再生されてしまったら4:46:35あたりまでジャンプしてほしい)

ピンクのマウスを使っているのは最終マッチを制したCrue選手。彼はZOWIE S2 DIVINAという有線マウスを使っているが、マウスバンジーは使っていないようだ。

そして、その場面のあと紙吹雪まみれになっているのが総合優勝したBugha選手。彼は水色のfinalmouse Air58 Ninjaという有線マウスを使っており、なおかつマウスバンジーにケーブルを固定しているのが見える。また、彼の左隣に座っている選手もマウスバンジーを使っているのがチラッと写っている。

全員が全員使っているわけではないが、プロの中にもマウスバンジーを愛用する人は普通にいるようだ。もしかしてうまい人はマウスバンジーなんて使ってないんじゃ?と思っていた人は、上記のような大会動画を見てみよう。案外使っている人は多い。

おすすめのマウスバンジーを4つ紹介

中学生の頃から15年以上マウスバンジーを使っている筆者が考える「本当におすすめなマウスバンジー」をいくつか紹介。

Pulsar Gaming Gears マイクロバンジー

マイクロバンジーは世にも珍しい「貼り付けタイプ」のマウスバンジーだ。モニターのベゼルなどに貼り付けて使うので、デスクに物が増えないのが何よりの強み。

写真ではモニターの下部に貼り付けているが、もちろん側面に貼ったってOK。粘着テープはとても強力なので、逆さに貼っても落ちてくることはないだろう。逆に剥がすのが大変なレベル。

▲耐久テストのためにマウスを縄跳びの如くブン回してみたんだけど、予想以上にビクともしなくて驚いてしまった。また、ケーブルを保持しているホースのような部分は柔らかいシリコン製になっており、マウスのケーブルを傷つける心配もない。

マウスバンジーとしての使い心地も設置型に引けを取らない快適さなので、いまからマウスバンジーデビューするならまずこれを試してみるのがおすすめ。これを使ってから筆者の設置型マウスバンジーは押入れ行きになった。

BenQ CAMADE II

デスクに置いて使う「設置型」のマウスバンジーではBenQのCAMADE IIが最も優れていると思う。なぜなら、数あるマウスバンジーの中でもCAMADE IIはケーブルを最も高く釣り上げることができるバンジーだからだ。

460×400mmの大型マウスパッドを端から端まで使い切るようなローセンシでゲームをプレイしている人は、マウスバンジーを使っても結局ケーブルがマウスパッドに接してしまう。なぜなら「欲しいケーブル長」に対してマウスバンジーの高さが足りないから。ほとんどのマウスバンジーは、スーパーローセンシプレイヤーの事までは考えられていないのである。

その点、このCAMADE IIはアームの長さが他のどのマウスバンジーよりも長いため、ケーブルを長~く伸ばして使うスーパーローセンシ民が使ってもストレスを感じづらい。

筆者の拙い文章よりZOWIEの開発者による解説動画のほうが100倍分かりやすい。一言で要約すると、マウスバンジーの世界では「アームが長い=スペックが高い」なのである。ハイスペックなマウスバンジーが欲しいならCAMADE IIが最強だ。

Hotline Games マウスバンジー

そうはいってもCAMADE IIは正直高すぎる…という人にはHotline Gamesのバンジーがおすすめ。

こちらはCAMADEより少しアームは短いものの、それ以外の点においてはほとんど同じ形状をしている。にも関わらず値段は半額。買うしかないだろう。

一度マウスバンジーを使ってみればよく分かるけど、どんなに有名なメーカーから発売されていようと、マウスバンジーは「ちょっと重い台にアームが付いてる」以上でも以下でもない。

見た目がちょっとダサくなっても良ければアームを伸ばすぐらいならDIYで誰でも出来るし、カスタムマウスバンジーの素材として購入するのもいいだろう。

また、めちゃくちゃカラーバリエーションが豊富なのはCAMADEにはない強み。好きな色選び放題。

Xtrfy B4

四角い台座にシリコンのストローが刺さったような形のマウスバンジー。このバンジーは正規の使い方で使うだけじゃ別にそれほどオススメじゃないんだけど、

Xtrfy B4 レビュー

こんな感じでストローを逆向きに差して台座から飛び出すように設置すると、快適度がぐーんとアップするのだ!

Xtrfy B4 ストローが近いほうがいい理由

原理としてはこんな感じ。同じケーブル長でマウスをセッティングした場合、台座からストローを飛び出させたほうがマウスの可動域が広くなる。つまり快適に操作できるようになる。BenQ CAMADE IIほどではないが、多くの没個性的なマウスバンジーに比べればケーブルの不快感はかなり少ない。

なんで元々こういう設計にしなかったんだろ…と思うくらい正規の使い方よりも快適なので、もしB4を買うならぜひストローを逆向きに差してみて欲しい。それだけで全然違うはず。

お金をかけたくない人は自作もアリ

マウスバンジーを使ってみたい気もするけど、買うほどでは…という人には自作という手もある。ようはケーブルを固定しておければいいわけで、やる気さえあれば別に既製品を買わなくてもなんとかなるのだ。

日用品でマウスバンジーを代用する方法 3選

家の中に転がってるもの、近所の店で手軽に入手できるもので代用するなら、まずは下記を参考にしてみてはどうだろうか。

結束バンドでケーブルを縛る

結束バンドをマウスのケーブルに巻きつけると、マウスのケーブルをちょっと立たせることができる。やり方は下記ツイートを参照。

ケーブルがマウスパッドに擦れる感覚はこれだけでも大幅軽減するので、これさえやっておけばマウスバンジーはいらないと思う人も多いかも。

ただ個人的には、この”結束バンド法”はマウスバンジーと組み合わせることで真価を発揮すると思っている。これ単体でも十分快適なんだけど、マウスバンジーでケーブルの長さを固定しておくと更に快適だ。

スマホスタンドにケーブルを引っ掛ける

スマホスタンドじゃなくてもいいが、なにか適当な台にマウスのケーブルを載せておくだけでもマウスバンジーに近いことはできる。要はケーブルが下に付かないように持ち上げられれば何でもいいのだ。

粘着テープでケーブルを貼る

究極的にはこれでもいい。モニターのベゼルとかにケーブルを貼っておくだけでもケーブルを持ち上げることはできる。ただし実際に試してみたところ、激しく動かしているとすぐに剥がれてきてしまった。

なんかすごい強力なダクトテープ(海外映画によく出てくるやつ)とかでやればもうちょっと耐久性がよくなるのかもしれない…。

先人達の手作りマウスバンジーまとめ

マウスバンジーを自作する理由は人それぞれで、お金を節約したい人もいれば「既存のマウスバンジーじゃ満足できないから」という理由で自分好みの最強マウスバンジーを作ってしまう人もいる。

ここでは、そんな先駆者たちの手作りマウスバンジー作品をいくつか紹介していく。

レゴで作る

ギターの弦

既製品・改

そのへんの棒と輪ゴム

ねじりっこ

既製品のマウスバンジーはみんな同じような形をしているけど、別に形なんてなんでもいいというのが先人達の作品を見れば分かる。要はケーブルを吊っておけるかどうかが全てなわけで、見た目はなんだっていいのだ。

ツイッターで「マウスバンジー 自作」や「マウスバンジー 最強」と検索すると、先人達の叡智の結晶がいくらでもヒットする。興味がある人は検索してみよう。

【結論】マウスバンジーがあれば有線マウスが快適になる!

マウスバンジーはゲームをやり込んでいく上で必ずしも必要ではないし、マウスバンジーを使わなくても世界大会で優勝争いをするほどゲームを極めることはできる。

とはいえ有線マウスのケーブルが突っ張る、引きずる感覚が気持ち悪い…という悩みはマウスバンジーを導入すれば一発で解決するので、ゲーマーなら1つ持っておいて損はない。

ただまぁ、マウスバンジー推進派の筆者から見ても4,000円以上するようなマウスバンジーは明らかにぼったくりだと思う。マウスバンジーの「機能」だけを求めるなら2,000円も出せば十分だ。

« おすすめマウスバンジーを見る

こちらも読まれています

マウスバンジーはいらない?メリット・デメリットを解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェットブロガーのKessyです。
デスク周りが快適になるガジェットが大好物。
初心者でもサクッと理解できるような分かりやすい記事を書くように心がけています。
« 詳しいプロフィールを見る »

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる