初ワイヤレスマウスにおすすめ。重さたった99gの「G304」買ってみた。【レビュー】

ロジクールの新作ワイヤレスマウス「G304」を早速買ってみました。

結論から書くと、ゲーマー向けというよりすべてのPCユーザーにおすすめできるクセのない良作マウスだと感じました。

  • ワイヤレスマウスにしたいが、反応が悪いのも、すぐ電池が切れるのもイヤだ。
  • ワイヤレスマウスは重くて手が疲れる。
  • マウスにマクロを登録したい。
  • 今よりちょっといいマウス欲しい」と漠然と思っている。
  • でも、1万円以上するような高性能マウスを買うほどでもない。

こういった悩みを持つ方には、特にオススメかと思います。

それではレビューしていきます!

G304の主な特徴

  • 光学式ワイヤレスマウス(ただしHEROセンサーというすごいのが付いてる)
  • 解像度:200~12,000dpi
  • ボタン数:6個
  • 電池込み重量:99g
  • 定価:5250円
  • 引用:公式サイトより

と、こんな感じになっております。

特筆すべきは、HEROセンサー搭載という点、価格が税込み5000円代でこの手のマウスにしてはお手頃という点でしょうか。

HEROセンサーって?
ロジクールが独自に開発した全く新しいセンサーで、電池持ちが従来製品の約10倍、しかも性能も3倍くらいアップしているという、控えめに言ってヤバいセンサーです。

死ぬほど時間がある人は4Gamerさんのこちらの記事を読んでいただくと、変態的にディープな開発者インタビューでHEROセンサーのすごさが分かりますw

G304開封の儀&ファーストインプレッション

カラバリはブラックホワイトの2種類。今回ぼくはホワイトを注文してみました。

それではさっそく開梱していきまーす。

包装は必要十分なレベルでシンプル。

▲マウスは袋に入っているだけのシンプル梱包。ロジクールによくある扉付き化粧箱ではありません。

包装にお金をかけてもマウスの性能が上がるわけじゃないので、こういうところはガンガンコストカットしてもらってOK派です。

付属品はUSBケーブル・乾電池・取説のみ。

上の写真を見てもらえばわかる通り、マウスに取説乾電池、あと隠れてUSBケーブルが入っているのみです。

▲USBケーブルっていうのも、レシーバーとマウスの物理距離をなるべく近づけたいというガチ勢のための延長ケーブルです。

▲こうやって使うみたいです。

ちなみにこのUSBケーブルはあくまでガチ勢向けの配慮なので、普通の人はレシーバーをパソコンに直刺しでOKです。

ここら辺の配慮はさすがゲーミングデバイスですよねw

 

あとはよくあるロゴステッカーだとか、そういうファングッズの類は一切入ってません。

あの手のグッズ、ぼくは箱の中で眠らせるタイプなので入っていなくても全く問題ありませんw

左右対称っぽいデザイン。つまみ持ちがしやすい。

▲エルゴノミクスデザインのような形ではなく、左右対称でいかにもマウスという形状。

シンプルですがとてもバランスがよくてかっこいいです。

▲マウス底面から天面に向かって幅が広がるようなデザインになっています。

これにより「つまみ持ち」が非常にやりやすいです。

しかし手のひらに当たる部分の盛り上がりがなく薄っぺらい形をしていますので、「かぶせ持ち」のフィット感はあまりよくないかな、というのが正直なところです。

99gという軽量設計も相まって、つまみ持ち派のぼくにはしっくりきました!

ソールは小さめ。

▲ソールは小さめなものがいくつも付いている感じです。

よく言えばヌルヌル、悪く言えばストッピング性にやや欠けるといったところでしょうか。

ただ99gとかなり軽いので、止めづらいと感じるレベルではなくヌルヌル快適だなーとしか感じませんでした。

ロゴは光りません。

メタリック感のあるロジクールGのロゴ、こいつは光りません。

▲ただし電源をオンにすると、ホイール付近にさりげなくLEDインジケーターがありますね。

マウスのDPI設定を切り替るとLEDの色が変化し、どのモードに入っているか視覚的に分かるようになっています。

マウス内にレシーバーを格納するスペースあり。

カブトムシで言うところの羽の部分を下にスライドさせると、上蓋が外れて内部にアクセスできます。

▲中にはあらかじめLIGHTSPEEDレシーバーが格納されています。

このレシーバーって小っちゃくてすぐなくなるので、マウス本体にしまえるのはありがたいですねw

LIGHTSPEEDレシーバーは、Unifyingレシーバーとの互換性はないので注意!

▲と、ここで注意しておきたいのが、このレシーバー。

見た目はロジクールのワイヤレス製品でおなじみのUnifyingレシーバーと瓜二つですが、これ全くの別物になります。

Unifyingの場合、複数のロジクール製ワイヤレスデバイスを持っているとひとつのレシーバーでまとめて通信できますよーという機能があるんですが、LIGHTSPEEDデバイスはまとめられません。

例えばUnifying接続のキーボードとG304を同時に使いたい場合、USBポートを2つ占有することになります。

ぼくが持っているSurface LaptopにはUSBポートが1つしかついていないので、仮にSurface Laptopで外部キーボードマウスを使いたい場合は、USBハブをかませてUSBポートの数を増やしたうえで接続しなければいけないということになります。

ここらへんは、今後LIGHTSPEED接続のキーボードが発売されることで徐々に解決していくと思いますが、このような使い方をする予定の方は注意が必要ですね。

G304のいいところ

軽くて電池持ちが良い。

電池込みで99gという軽さは、持ってみると非常に快適です。

重さが理由でワイヤードマウスからワイヤレスマウスへの移行を渋っていた方も、このくらいの軽さであれば許容できる人も多いんじゃないでしょうか?

また数日しか使ってないので自分で検証はできていないんですが、一般的なワイヤレスマウスの10倍くらい電池効率がいいらしいので、電池切れというめんどくさいイベントも数か月に1回という頻度でしか発生しません。

ここもワイヤードマウスからの移行を渋っている方が気にされる点じゃないかなーと思うので、G304はワイヤレスマウスのデメリットをうまく克服していると思いました。

安い。

▲ぼくは発売前から予約してたのでガッツリ定価で買いましたが、税込み5670円でした。

しかしロジクール製品って結構頻繁にセールで安くなっていて、定価8000円台のマウスが実売5000円台で普通に売られてたりします。

という事はG304も少し時間が経てば3000円台くらいで売られる可能性も十分ありますので、そうなると断トツでコスパが良いマウスになるでしょうね~!

ワイヤレスマウスとは思えないトラッキング性能。

PCに接続してすぐに、「おーなんか滑らかだ!」と気づくレベルで、トラッキング性能が一般的なマウスとは一味違います。

それはロジクールが独自に開発したHEROセンサーのおかげでして、従来の有線マウスでも不可能だった「直線補正を完全に切る」「加速を完全に切る」といったマウスの永遠の課題をサラッと両方解決しちゃってるんですよね。

「今のマウスでも別に不満なく使えてるよ」という方でも1回このぬるぬるさを体験すると、「HEROセンサー様!」という感想を持たずにはいられなくなるのではないでしょうか。

▲マウスのレビュー記事によくあるやつやってみました。

ソールの設置面積が少ないというのもあってか、思い通りに動かせる感が抜群にいいです。

操作のヌルヌル感はぼくが買ってきたマウス歴代1位かもしれません。

かなり自由度の高いマウスマクロが全ボタンに割り当て可能。

ロジクールのゲーミング製品ではおなじみのロジクールゲーミングソフトウェアにも対応していて、すべてのボタンを好きな機能に割り当て変更することができます。

もちろん高性能なマウスマクロも設定可能。

特定のキーを連打するとか、文字列を挿入するとか、かなり何でもできます。

サイドボタンを押すとエクセルでよく使う関数を打ち込むだとか、ホイールをクリックすると「いつもお世話になっております。」と自動的に入力するとか(そんな機能いらないかw)、ゲーマー以外の方でもマウスマクロを使いこなせば相当な仕事効率化になると思います。

改めて思いましたが、ゲーミングソフトウェア対応で定価5000円台って安いですね。

G304のイマイチなところ

Bluetooth接続ができない。

ここは最初に思いました。っていうかBluetooth接続できると思ってましたw

なのでワイヤレスにしたからといってUSBポートを使わなくて済むようになるわけではないです。

あくまでマウスから生えてるケーブルがなくなるだけですね。

乾電池オンリーで、充電できない。

▲G304にはMicroUSBポートとか一切ついてません。乾電池での駆動のみとなっています。

ちなみにエネループ系の乾電池って少し重量が重たいので、重量をシビアに気にする方はアルカリ乾電池を使うといいでしょう。

滑り止めコーティングとかは特にない。

手汗でもべた付かないラバーコーティングのようなものは施されていません。

その代わり形状がシンプルなので、汚れたたときのメンテナンスはしやすいと思います。

MicroUSBポート等の穴がないので、水没を気にせずアルコールで湿らせたキムワイプ等でガシガシ拭けますね!

まとめ

G304はPCを使うすべての方におすすめできる万能マウス。

いかがでしたでしょうか。

  • 一度使ったら戻れないサイドボタンの類も3つ付いてて、
  • マウスマクロにも対応していて、
  • 軽くて電池もちが良いワイヤレス。

こうして書くと、PCを使うすべての方におすすめできるんじゃないか?っていうくらいクセのない良作マウスですねw

デザインもゴテゴテしてないですし、何となくいいマウス欲しいな~と思っている方は検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください