【最新版】HDR対応4Kモニターのおすすめ機種ランキング

HDRに強い4Kモニターがあると、ゲームや映画が本当に楽しくなる。

HDRをオンにすると明暗のコントラストが非常に豊かになり、同じ作品とは思えないほど画質が良くなる。最近ではネトフリなどのVODでも数多くのHDRコンテンツが配信されているし、エンタメが好きならHDRはぜひ体験してみたほうがいい。世界が変わる。

ということで当記事では、HDRに対応した4Kモニターのおすすめモデルをランキング形式で紹介する。

目次

1分で分かる「HDR」の基礎知識

まずはHDRとは何か、についてサクッと解説していく。

解説が不要な方は下記のリンクをクリック。

おすすめ機種ランキングをすぐに見る »

HDRって何?

HDRとは「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」の略で、一言で説明すると、

  • 明暗(陰影)の表現力をアップさせる機能

だ。

SDR(Standard Dynamic Range=普通の状態)よりも白飛びや黒つぶれを抑えることができるため、HDRをオンにすると繊細な明暗まではっきりと分かるようになる。

▲上記はPC版のデス・ストランディングにてHDR機能のオンオフを比較してみた図。空の白飛びが改善されていると同時に、岩や草の影の描写もより自然になっているのが分かる。

どれぐらい自然に階調を表現できるかはモニターの性能にかかっているが、それなりに高性能なモニターだと本当に美しい画質でゲームをプレイできる。ただゲームを起動して風景を眺めているだけでも楽しい。

よく見るHDRの「規格」

そんなHDRには規格がいくつかある。頻出する用語を2つだけ解説していく。

なお、この後に紹介するおすすめランキングではしっかりHDRに対応したモニターを紹介するので、読みたくない人はこの章はスキップしてくれて構わない。

おすすめ機種ランキングをすぐに見る »

HDR10

モニターを調べていると「HDR10」という文字を目にする機会も多いだろうけど、これは「コンテンツ側の規格」である。例としては「HDR10対応のゲーム」や「HDR10対応の映画」のような感じ。

つまりHDR10対応モニターと書いてあった場合は「HDR10コンテンツを表示できる性能がある」という意味。

ここで注意したいのは、決して「HDR10対応モニターを使えばどんなコンテンツでもHDRになる」わけではないという点。

HDR対応モニターというのはあくまでHDRコンテンツを再生できますよ、というだけであって、コンテンツの画質をHDRに変換する魔法の道具ではない。

DisplayHDR 400, 600, 1000

DisplayHDRというのはモニターの輝度を定める規格だ。こちらはコンテンツには関係なく、モニターの性能を表すための規格になる。

例えば、A社のHDR10対応モニターB社のHDR10対応モニターは、恐らく全然色味が違う。なぜならHDR10は「明暗差の階調が1024段階」と決まっているだけで、暗めの1024階調なのか明るめの1024階調なのか、「絶対値」が特に決まってないからだ。

それじゃ困るよね〜ということで策定されたのがDisplayHDR。
具体的には、液晶ディスプレイの「ピーク時の輝度」を基準に、3つのランクが定められている。

DisplayHDR|ピーク時の輝度
  • DisplayHDR400:1㎡あたり400カンデラ以上
  • DisplayHDR600:1㎡あたり600カンデラ以上
  • DisplayHDR1000:1㎡あたり1000カンデラ以上

要するに、DisplayHDRに対応した機種を買えばHDRコンテンツの高画質を確実に体感できると保証されているわけだ。買ったあとに絶対後悔したくない人は、DisplayHDR対応モデルに絞って検討するといいだろう。

とはいえ、別にDisplayHDRに対応していない機種が悪いというわけでもない。あくまで規格で保証されていないというだけで、DisplayHDR非対応モデルの中にもユーザー評価の高い高画質なモデルはいくつもある。

HDR対応4Kモニターおすすめランキング

というわけで、ここからはHDRに対応した4Kモニターのおすすめ機種を紹介していく。

メーカー各社から現行販売されているモデルを比較検討した結果、おすすめランキングは以下の通りとなった。

第1位「BenQ EW3280U」

sRGBカバー率100%、色がとても正確なモデル。ゲームや映画などのエンタメ用途に特化してるけど、USB-C対応なのでMacbookとの相性も良い。これ1台あれば仕事もエンタメも存分に楽しめる。しかも部屋の明るさに応じて自動で輝度を調節してくれる「明るさセンサー」が搭載されていて目にも優しい。攻守最強。

« EW3280Uのレビュー記事をチェック

スクロールできます
評価項目内容順位
画質sRGBカバー率100%
DCI-P3カバー率95%
2位/3位中
応答速度5ms(GtoG)1位/3位中
コスパAmazon価格:80,545円
3年間保証サービス付き
3年間使った場合の月額コスト:2,237円/月
2位/3位中
HDR性能HDR10対応
DisplayHDR400準拠
HDRエミュレート機能「HDRi」搭載
1位/3位中
デザインブラウン系の渋いデザイン。3辺ベゼルレス2位/3位中
総合評価1位/3位中

第2位「BenQ PD2725U」

厳密な色精度にこだわったプロ仕様モデル。USB-C接続にも対応しており、ゲーマーと言うよりはHDRコンテンツを製作するクリエイター向けのモデル。2021年5月発売の最新機種なので値段はまだ高いが、これより画質の良いモニターはそうそうない。画質を重視するなら今はコイツが一番熱い。

スクロールできます
評価項目内容順位
画質sRGB・Rec.709 カバー率100%
Display P3・DCI-P3 カバー率95%
CalMAN認証およびPANTONEカラー認証取得
1位/3位中
応答速度5ms(GtoG)1位/3位中
コスパAmazon価格:115,100円
3年間保証サービス付き
3年間使った場合の月額コスト:3,197円/月
3位/3位中
HDR性能HDR10対応
DisplayHDR400準拠
2位/3位中
デザイン4辺フレームレス。コントローラ付き。1位/3位中
総合評価2位/3位中

第3位「LG 27UL850-W」

2018年にいち早くDisplayHDRに対応した先駆け的モデルで、いい感じに値落ちしていてコスパが良い。1位2位ほどの性能はないがUSB-Cにも対応しているので十分高性能。安さを重視したいならこれがベストな選択肢。ただし輝度の均一性などは評価がイマイチなので、あくまで予算が限られている人向け。

スクロールできます
評価項目内容順位
画質sRGB99%以上 / ハードウェアキャリブレーション対応3位/3位中
応答速度5ms(GtoG)1位/3位中
コスパAmazon価格:59,900円
3年間保証サービス付き
3年間使った場合の月額コスト:1,663円/月
1位/3位中
HDR性能HDR10対応
DisplayHDR400準拠
2位/3位中
デザイン3辺フレームレス。背面がホワイト。3位/3位中
総合評価3位/3位中

まとめ

EW3280U レビュー

ちなみに筆者は1位のEW3280Uが個人的にも好き。非HDRコンテンツをHDR風の画質に変換してくれる「HDRi」という独自機能にも対応しており、ゲーマーの筆者にとってはかなり重宝するスペックになっている。

これを入手してからPCでゲームをするのが楽しくなったし、USB-C対応なのでMacbookとの相性もいい。ステイホームの時代にピッタリの機種だ。

もう一度ランキングを振り返りたい人は下記のリンクからどうぞ。ランキングまでヒュッと戻れます。

« ランキング1位へ戻る

4Kモニターのおすすめモデルをもっと知りたい人は下記の記事もおすすめ。

こちらも読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップで記事をSNSに投稿(確認画面出ます)
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる