当ブログのコンテンツはアフィリエイト広告を含みます。

400-MA112 レビュー:性能の割に安すぎるサンワサプライのゲーミングマウス

400-ma112 レビュー

サンワサプライのゲーミングマウス「400-MA112」の使用感をレビューしていきます。

PC周辺機器のメーカーとしては有名なサンワサプライですが、まさかゲーミングマウスまで売っていたとは。
しかも結構性能が良いらしい…という噂も聞くので、気になって買っちゃいました。

一般的なゲーミングマウスの約半額で買えてしまうほど安いですが、本当に性能はいいのでしょうか?
早速、どんなマウスなのか見ていきましょう!

目次

サンワのゲーミングマウス「400-MA112」のスペックと外観

400-MA112は、PC周辺機器で有名なサンワサプライが発売しているゲーミングマウスです。

事務用品のイメージが強いですが、ゲーミングデバイスにまで手を出していたんですねw

特徴
  • センサー:PixArt PMW3360
  • DPI:100~12000
  • ポーリングレート:125/250/500/1000Hz
  • 重さ:86g
  • サイズ:約W64×D119×H41.5mm
  • 光学スイッチ採用

7000円〜8000円するようなゲーミングマウスと同じPMW3360センサーを搭載し、なおかつ光学スイッチを採用しているとのこと。

性能だけ見たらめちゃくちゃ高性能じゃないですか。。
なんだこれは…。

400-MA112 レビュー

サンワサプライのロゴが入っているのが不思議なくらい、箱からしてめっちゃゲーミングマウスです。

400-MA112 レビュー

Microsoft IE3.0やZowie ECと同じ系統の、左右非対称なシェイプですねー。

0001
0002
0003
0004
0005
0006
0007
0008
0009
0010
0011
0012
0013
0014
0015
0016
previous arrow
next arrow
0001
0002
0003
0004
0005
0006
0007
0008
0009
0010
0011
0012
0013
0014
0015
0016
previous arrow
next arrow

ただ、後ほど持ってみた写真を載せますが、IE3.0やECと比べるとかなり小さいです。

かぶせ持ち用の大きいマウスだと思って買うと、拍子抜けするかも。

400-MA112 レビュー

ホイールはゴム?シリコン?のような素材で、適度にグリップ感があります。
回したときの「カリッカリッ」というノッチ感も良好で、繊細な操作も問題ないですね。

400-MA112 レビュー

サイドボタンは結構大きめ。

400-MA112 レビュー

DPI変更ボタンは2つ。

このボタンって、ソフトで別の機能に割り当てられるのかな。
後で見てみましょう。

400-MA112 レビュー

ちなみに、ソールの滑りは全然良くないです。
ここは値段相応という感じ。

400-MA112 レビュー ケーブル

ケーブルは布巻きですが、かなり硬い。
ここも値段相応ですね。

400-MA112 レビュー

重さはスペック通りの86g!

数値としては軽いほうだと思うんですが、なぜか少し重たく感じました。

マウス自体が小さいからかもしれません。

400-MA112の握り心地

では、実際に400-MA112を持ってみた感想を書いていきます。

かぶせ持ちの感想

かぶせ持ちで持ってみた感想は、小さいながらもすごくしっくり来ると感じました。

Zowie ECやIE3.0みたいな形は好きだけど、手が小さいから合わない…みたいな人にとっては400-MA112すごく良いですね!

ぼくの手の大きさは18.5cm x 8.5cmくらいでどちらかと言えばちょい大きめかなと思いますが、それでもすごく持ちやすいです。

つかみ持ちの感想

つかみ持ちも問題なし。
薬指と小指がちゃんと安定します。

ただ、指をかぎ爪のように立てて持つ人にとっては、ベストな形状ではないかも。

薬指・小指の置き場所がしっかり確保されている分、指を立てて持つとその膨らみが逆に邪魔だと感じるかもしれません。

つまみ持ちの感想

薬指・小指が当たる部分がちゃんと確保されているので、つまみ持ちも快適です。

指を伸ばし気味でつまむ人には、すごく快適なマウスだと思います。

ただし、86gのマウスをつまみ持ちで持つのは、ちょっと重いかもしれませんね。

400-MA112を持ってみた感想まとめ

持ちやすさを星で評価するとしたら、こんな感じでしょうか。

  • かぶせ持ち:★★★★
  • つかみ持ち:★★★★
  • つまみ持ち:★★★★

小ぶりでクセのない形状なので、どんな持ち方でもわりと持ちやすかったです!

ただ、逆に言うとドンピシャで「これだ!」っていう感動は、どの持ち方でも感じなかったかも。。

ぼくの手が少し大きいからでしょうか。
手の小さい人が使うと、また印象が違うかもしれませんね。

400-MA112を使ってみて気になった点

持ち方以外に感じたことをいくつか書いていきますね。

クリック感が良い

400-MA112 レビュー

400-MA112は光学スイッチを採用しているとのことですが、クリックの押し心地がすごくいいんですよ!

プリトラベルも皆無と言っていいほど少なく、高速クリックがすごくやり易いです。

プリトラベルとは

マウスのボタンが、中身のマイクロスイッチに触るまでのガタつきのこと。 クリックされない程度に軽くマウスボタンを触った時にボタンがカタカタ動く場合は「プリトラベル量が多い」ということになる。

冗談抜きで、最近買ったマウスの中で一番好きなクリック感かもしれません。
(※筆者は毎月1個以上は必ずマウスを買うほどのマウスマニアです。)

リフトオフディスタンスが長い

昔のDe〇thadderほどでは無いですが、リフトオフディスタンスがかなり長いと感じました。

リフトオフディスタンスが長いとマウスを持ち上げてもセンサーが反応し続けてしまうため、カーソルの動きがグチャグチャして厄介です…。

400-MA112 LOD 長い 対策

なので、こうしちゃいました。
パワサポのエアーパッドソールを純正ソールの上に重ね貼りです。

これでも理想よりはコンマ数ミリ長い感じがしますが、でも格段に操作しやすくなりました。
LODを気にする人は、400-MA112と一緒に重ね貼り用のソールを一緒にポチるといいかもですね。

ドライバーソフトが優秀

安いマウスなので期待してなかったのですが、設定ソフトも普通に優秀です。

400-MA112 レビュー 設定ソフト

凄くちゃんとしたゲーミングソフトウェアです。

リフトオフディスタンスの調整(表面校正)までありますね!

400-MA112 レビュー ソフト

ライティングの設定に、

400-MA112 ソフト レビュー

ボタン配置の変更も。
マクロ機能もしっかり搭載されています。

ゲーミングデバイスメーカーのソフトウェアと何ら遜色ありません。
サンワサプライすごいな…。

400-MA112のセンサー性能

ゲーミングマウスを買い慣れている方はセンサー性能も気になると思いますので、測ってみました。

400-MA112 センサー性能

マウスをゆっくり振りはじめ、だんだん速くしていく」という動きを計測してみた結果です。

ぼくの腕が動く限界付近の速度でも、何の問題もなくトラッキングできていますね。
搭載されているセンサーは信頼性の高いPMW3360なので、センサー性能を心配する必要は全くないでしょう。

まとめ

400-MA112 レビュー
  • 値段の割にハイスペック
  • クリックボタンの質感が素晴らしい
  • ソールを重ね貼りしてLODを調整したら快適になった

ゲーミングマウスにこだわりがあるぼくでも、十分満足できる素晴らしいマウスでした。
ソールやLODなど不満が無いわけではありませんが、ちょっとした工夫で使いやすく出来たので良かったです。

欲を言えば、もう少し軽ければ最高だったかな。

「ゲーミングマウスは欲しいけど、マウスに1万円も出せるかぁ!」という人はこれ一択ですね。

URLをツイートする

この記事へのコメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次