2018年式MacBook Pro 13 タッチバー無しモデルを今更購入した理由

どうも、小3から26歳現在までずっとパソコンとともに生きてきたkeshizumiです。

先日、2018年式Macbook pro 13インチのタッチバー無しモデルを買いました。

と言っても、2018年のMacBook Proはタッチバー付きモデルしか更新がありませんでしたので、中身は実質2017年モデルです。

「えっなんでそんな微妙なのを今更買ったの?」って思うでしょうか。

でもぼく的には、今MacBook Proを買うならこれが最適解じゃないかなーと思っています。

ちなみにぼくがMacBook Proで行う作業はこんな感じです。

  • ブラウジング
  • DISCORDやTelegramでのチャット
  • 音楽聞く
  • ブログ投稿
  • マインドマップ
  • 簡単な画像加工(リサイズや圧縮など)

ぼくと似たような使い方をするつもりで、これからMacBook Proを買いたいな〜と思っている方には参考になるかと思います。

ぼくが買ったモデルの詳細スペックはこれ


ぼくが買った構成はこちらになります。

  • CPU:i5(デフォルト)
  • RAM:16GBにアップグレード
  • ROM:最小の128GB

メモリだけアップグレードしています。

今時スマホでも6GBくらいは普通にありますから、ラップトップとはいえ16GBは欲しいですね。

メモリが16GBあれば、チャットにブラウザに音楽プレイヤーにといろんなアプリを複数起動してもサクサクこなせます。

逆にCPUをアップグレードしてもブラウジングしてるくらいじゃ体感速度はそんなに変わらないので、最小構成からメモリだけアップグレードするのは非常にオススメなカスタムです。

今更MacBook Pro13インチのタッチバー無しモデルを新品で買った理由は?

ではなぜわざわざアップグレードされなかったタッチバー無しモデルを今更新品で購入したのか、理由を解説します。

英字キーボードにしたかったから

新品で購入した理由はこれに尽きます。

ぼくは趣味でプログラミングもするので英語をタイピングすることが多く、US配列のキーボードが好きなんです。

単純に見た目がシンプルでかっこいいと言うのもありますが、US配列って慣れると手の移動が最小限で済むのですごくタイピングしやすんですよね。

理由としては、エンターキーが1キー分近いとか、イコールがSHIFT押さなくても打てるとかですね。

逆に日本語キーボードでOKだと言う人は、2017年モデルの整備品でも全然OKだと思います。

ぼくも整備品の在庫を何日か眺めて見たんですが、USキーボードのモデルって全くと言っていいほど流れてこない…。

日本人が手放した個体だとしても、USキーボードだったら海外に持っていかれちゃうんでしょうね。

タッチバーがいらないから

タッチバー無しモデルを買った理由はシンプルにこれです。

何回考えてもノートパソコンにタッチバーなんていらないし、実際ネット上のレビューを見ても「タッチバーマジで便利だからおすすめだよ!」なんて言ってるのを見たことがありません。

ファンクションキーを多用するから

ぼくはカタカナ変換するときはF7を使いますし、アルファベット変換するときはF10を使います。

あとはデスクトップを表示するのにF11も使いますね。

こんな感じでぼくはファンクションキーを多用しますので、タッチバー無しモデルしか考えられませんでした。

一応タッチバーにファンクションキーを表示させておくことはできるみたいですが、万が一タッチバーに不具合があってファンクションキーを使えなかったことを考えると、ゾッとしますので。

CPUにガンガン仕事させるような使い方をしないから

2018年式タッチバー付きMacBook Proは、コア数もからに増え、大幅にCPUの性能がアップしていますね。

動画編集をするような方は、間違いなくタッチバー付きモデルを買ったほうが生産性が向上すると思います。

でもぼくは動画編集どころか、画像編集のPhotoshopすら持っていないので全くCPUをぶん回す機会がないんですよね。

ただひたすら快適にブラウジングとブログ投稿ができればいいかな、と言う理由でMacBook Proを買った人間です。

ぼくのような人は、旧世代の2コアCPUでなんの問題もありません。

「どうせ持て余すけど、せっかくだから新世代CPUにしておこう。」なんて言うノリで差額5万円を払えるほどお金もありませんので…w

つまり2018年にMacBook Proを買うなら、どれがオススメ?

結論:動画編集をしないなら、2017年モデルの整備品がおすすめ。

ということで、動画編集などの重たい作業をするつもりがないけど無印MacBookよりはMacBook Proだよなぁというぼくみたいな人は、

  • 2017年式MacBook Pro 13インチ
  • メモリだけ16GBにアップグレードしてある
  • 整備品

を購入することをおすすめします。

ただ整備品の在庫は常に変動するので、そんなんいちいちチェックしてられないと言うなら新品もありです。

しかし何度も言いますが、今新品でタッチバー無しMacBook Proを買っても中身は2017年から変わっていませんので。

変わっているところといえば、悪名高いキーボードがちょっと改善された程度ですね。

色々言ってるけどぼくはMacBook Proが大好きです

別にMacBook Proを買わなくてもいいんだよ?ほかにもパソコンはあるよ?」と言われかねない記事の内容になってしまいましたが、ぼくはMacBook Proが好きなんです。

実は一度Surface Laptopに浮気したこともあるんですが、どうにもしっくりこない。

やはりMacOSは使いやすいし、ノートパソコンだけで作業を完結させようと思ったら、やっぱMacBook Proなんですよね。

 

色々と文句は言いつつ、結局MacBook Proが大好きな方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください