【間接照明】絶対に失敗しないLEDテープの貼り方。

LEDテープって、便利ですよね。

お手軽にかっこいい間接照明になります。しかも安い。

でも唯一難点があるとすれば、貼り直しができないという点でしょうか。

たいていのLEDテープは、どんな面にも貼り付くようにクッション性のある両面テープで張り付けるタイプかと思います。

でもその両面テープが厄介で、剥がそうもんならノリがめちゃくちゃ残るんですよね…。

なんなら塗装まで一緒に剥がれてきてしまいますw

 

今回はそんなLEDテープの絶対に失敗しない貼り方を紹介します。

この方法だと後始末が簡単ですし、なにより貼りつけ面を傷つける心配がありません。

しかもレイアウトを変更したくなったら、いくらでも貼り直すことが出来ます。

非常に簡単な方法ですので、是非真似してみてください。

LEDテープを普通に貼ると、綺麗に剥がれない…。

たまたま家にLEDテープの切れ端がありましたので、ちょっと実演してみますね。

▲ふつうはこんな感じで、貼りつけたい面に直接両面テープで貼りつけちゃうと思います。

でも、これって剥がすと大変なことになるんですよねぇ…。

ぎゃー!!!ほら言わんこっちゃない!

こうなってしまったらLEDテープの接着力は失われ、二度と貼れなくなってしまいます…。

しかし今回紹介する方法なら、たとえこんな悲劇に見舞われたLEDテープでも再利用することができるんです。

LEDテープの絶対に失敗しない貼り方。

用意するもの。

  • マスキングテープ
  • 結束バンド固定具(マウントベース)
  • 結束バンド(インシュロック)

いくつかアイテムが必要になりますが、どれもそこらへんに売っているものです。

ぼくはたまたま家にあった黄色いマスキングテープを使っていますが、もっと馴染みの良い色のテープを買えば目立たなくていいと思います。

① 貼りつけ面にマスキングテープを貼る。

▲まずは貼りつけたい面にマスキングテープを貼っていきます。

油っぽいような場合は、無水エタノールやパーツクリーナーなんかでよく拭いてから貼りつけるとガッチリくっ付きますよ。

② マスキングテープの上からマウントベースを取り付ける。

▲お次はマスキングテープの上からマウントベースを貼っていきます。

マウントベースのような固いものって、しっかり張り付いてしまうと剥がすのが非常に大変です。

マスキングテープの上から貼ることによって剥がしやすくなり、机も傷つけずに済みます。

③ マウントベースに結束バンドを引っかけて、LEDテープを固定する。

▲マウントベースってご存知ない方もいるかもしれませんが、このように結束バンドを引っかけて何かを縛り付けるためのものです。

ぼくは仕事でよく使うので偶然知っていましたが、このようなケーブルマネジメントにはとっても重宝するアイテムです♪

何かと使えるので、一袋持っておいて損はないと思いますよ!

▲こんな感じに、LEDテープを縛り付けていきます。(途中の図)

あんまりガッチガチに縛る必要はありません。

動かなくなる程度に軽くキュッと縛ればOKです。

④ 結束バンドの余分なところを切ったら完成!

▲ただ縛ったままだと結束バンドの余分なところが邪魔なので、切ってしまいましょう。

ニッパーや爪切りなどを使うと切りやすいと思います。

ちなみにハサミで切るのはあまりおすすめしません。

根本までちゃんと切れないですし、安いハサミだったらハサミが負けて壊れます。

▲余分なところを切ったら、完成です!

貼り直したくなったら、結束バンドを切るだけ。

この方法の何が良いって、「う〜ん、やっぱ別の場所に貼り直したい」って思ったとしても簡単に付け替えられるという点ですね。

▲結束バンドで縛っているだけなので、切ってしまえば簡単に外せます。

▲マスキングテープなので簡単にはがせますし、貼りつけ面も傷つきません。

マスキングテープを使い切ってしまうまで何回でもやり直せるので、LEDの光り具合を見ながら貼りつける位置の調整もできちゃうわけですね!

普通に両面テープで貼ると一発勝負ですからね…w

縛った部分が影になったりはしないのでご安心を。

やり直しが効くのは分かったけど、光源の上から結束バンドで縛り付けたら、影になっちゃうんじゃないの?

ってお思いの方も、もしかしたらいるかもしれません。

▲ぼくのデスク周りの写真です。

LEDテープって光源が無数にありますので、万が一光源の真上を縛り付けてしまったとしても、そこだけぽっかり光が遮られるという事はないと思います。

▲この部分はちょうど光源と縛っている部分がかぶってしまっている部分です。

壁に映った光を見ても、陰になってしまっているということはありません。

スポットライトなら話は別ですが、無数に光源のあるLEDテープであれば、縛り付けるときに光源を避けたりする必要はないでしょう。

まとめ

LEDテープの両面テープはそのまま使うな!

いかがでしょうか?

ここまで本格的にやらなくても、単純にマスキングテープの上から貼るだけでもやり直しが効くのでめちゃくちゃ便利です。

また、同じ方法で延長コードを固定しておく場合なんかにも応用できますし、マウントベース+結束バンドのコンビは持っておくと非常に重宝しますよ!

色々なことに応用できるテクニックですので、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください