アロマディフューザーは買わない方がいいよ、という話。

アロマディフューザーは買うな

なんかお手軽に癒されるグッズが欲しいな~

アロマディフューザーってどうなんだろう?スイッチ入れるだけでいい匂いなんでしょ?

 

という方に、「ちょっと待って!」と言いたい、そんな話です。

先日、下記のアロマディフューザーを買ったみたんです。

フゥー癒されるゼェ~って数日は使っていたんですが、なんかだんだんデメリットが気になり始めて…。

正直に申し上げますと、1週間もたたずに使わなくなりました。

なんで使わなくなってしまったのか、レビューも含めて問題点をまとめました。

アロマディフューザー買ってみたいな~。どんな感じなんだろう。

って思っている方の参考になれば幸いです。

ぼくが買ったのは超音波式のアロマディフューザー

ぼくが買ったのは超音波式というタイプのアロマディフューザーです。

水を超音波でミスト状にして、ファンで送風して上に噴射することで加湿器のようにミストが出てくる仕組み。

水にアロマオイルを垂らしておけば、いい匂いのミストが出てくるってわけですね。

加熱するわけではないので、加湿器とは違ってミストは冷たいです

しかも熱を使わないので電気代もそれほどかからず、やけどの危険性もないので、これいいなー!と思って買いました。

超音波式アロマディフューザーのメリット

  • ミストが出てくる様子は癒される。
  • 冷たいミストが出るので、夏は心なしかひんやりする。
  • 音はかなり静か。

とにかく、ミストが視覚的にいい感じ!っていう感じです。

最初の数日はかなり気に入って、ずーっと付けていましたね。

でもずーっと付けていると、イマイチな部分も良く分かってきてしまいました。

超音波式アロマディフューザーのデメリット

  • ミストは「蒸気」ではないので、床に落ちてきてビッチョビチョになる。
  • 静かだが無音ではない。寝室の枕元に置くと人によっては寝れないくらいの音量はある。
  • 水を使うので、メンテナンスを怠ると雑菌やカビを噴射する生物兵器になってしまう。
  • 電源コードの差込口が底面にあるのが地味に不便。
  • ブザー音がうるさすぎる。
  • デザインは可愛いけど、掴むところがないので蓋を開けるのが大変。

特に致命的だと思うデメリットは太字にしてみました。

なぜ致命的なデメリットなのかを解説しますね。

ミストは蒸気ではないので、床に落ちてきてビッチョビチョになる。

加湿器みたいなもんだろうと思っていたんですが、このミストって空気より重いんですね。

ディフューザーからシューっと上に噴射されるんですが、すぐにそのミストは下に落ちてくるんですよ…。

要はアロマディフューザーって、超細かい霧吹きを上に向かってシュッシュッしてるようなもんですからね。
そのため、風が無い室内で使うと同じ場所にミストが落ち続けるので、ミストが落ちてくる場所がだんだん湿ってきます。

1時間くらいつけていると、もう完全に水たまりと言っても過言ではないレベルにビチョビチョ(笑)

これは完全に盲点でしたね…。

水を使うので、メンテナンスを怠ると雑菌やカビを噴射する生物兵器になってしまう。

アロマディフューザーの使用後は毎回ちゃんと水気を切って乾燥させておかないと、雑菌やカビの温床になります。
(加湿器でも同様の危険性はありますけどね。)

そうは言ってもタンクが取り外せるようになっているわけでもないので、蓋を外して風通しの良いところに置いておくくらいしか出来ません。

疲れてて癒されたいのにこんなに手間がかかるんじゃ、本当に疲れてる人は使わなくなりますよねw

アロマが好きで手間も楽しめる人じゃないと使っていけないと思います。

ブザー音がうるさすぎる。

これはぼくが買った製品固有の問題かと思いますが、操作音のピーっていう音がなんかやたらうるさいんですよね。

静かな部屋だったら、ビクッとなるくらいうるさいです。

このディフューザーにはタイマー機能があるんですが、タイマーで切れるときにもピーって言いやがるんですよ。

しかも寝てる間に鳴ったら「ナンダ!?」って起きるレベルの音量で…。

ぼくは一度寝たら朝まで起きないタイプなのですが、嫁さんは敏感なので、恐らく起きちゃいます。

よって、ぼくの家の寝室では使えません…。

アロマディフューザーを使わなくなった一番の理由

アロマディフューザーってなんか思ってたのと違うな…と悶々とした日々を過ごしていたんですが、試しにアロマディッシュっていうものを買ってみたんですよ。

▲こんな感じです。見た目通り、ただのちょっとした木です。

これにアロマオイルを垂らすだけっていうモノなんですけど、なんていうか、これで十分なんですよねw

「デスクの上でほのかに香ってほしい」程度の使い方だったら、マジで1滴垂らすだけでOKです。

しかもリードディフューザー(瓶に棒が入ってるアレ)とは違い、木が乾燥さえすればいつでも気軽に香りを変更することもできます。
リードディフューザーは瓶に入った液体に香りが入っているので、そう気軽に香りを変更できません。

いちいち水とか入れなくていいし、もちろん電気使わないし、省スペースだし、こっちのほうがハイスペックじゃないか?と思ってきたので、本格的にアロマディフューザーの出番はなくなりました…。

手軽にアロマ始めたかったらアロマディッシュがおすすめ。

アロマディッシュって、ほんとにただの木なんですけど、ぼくにとっては超音波式アロマディフューザーよりハイスペックでした。

アロマディッシュの良いところ

  • 安い(ワンコイン)
  • 省エネ(というかゼロエネルギー)
  • 省スペース(おちょこ1個分)
  • ワイヤレス駆動(ただの木だし)
  • 処分が楽(燃えるゴミにポイ)

▲こう見ると、めちゃくちゃハイスペックじゃないですか?w
このスペックのアロマディフューザーが登場するころには、たぶん22世紀になってます。

もちろんアロマディッシュにもデメリットはありますけどね。

自然にオイルが乾くまで香りは変えられないとか、スイッチオフで香りを消したりできないとか。

でもアロマディフューザーのデメリットに比べたらそんなの超どうでもいい!

というわけで、ぼくのようにアロマディフューザーにガッカリしている方は、アロマディッシュを買ってみてはいかがでしょうか。

気に入らなかったら燃えるゴミに捨てるだけってのも最高です。

クスハンドメイド(KUSU HANDMADE)
¥524 (2019/11/16 10:26:05時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonだとアロマディッシュだけ買おうとしても安すぎて発送してもらえないので、一緒にアロマオイルを買うのもおすすめです。


2019年3月10日追記:いいアロマショップを開拓しました

最初はAmazonで買ったオイルで楽しんでいたのですが、エステ屋を営む友人に「ナチュラスサイコス」っていうアロマショップを教えてもらったので、最近はそこのオイルにハマってます。

なかでもハマっているのがブレンド精油っていう商品で、これは香水のように色々な匂いがブレンドされたもの。

「ペパーミント」とか「レモン」みたいな単品の香りってすぐ飽きるので、もうちょっと複雑な香りがいいという人にはおすすめです。

いろんなブレンドがあって全体的にクオリティ高めなので、コレクター気質な人はクリックしすぎないように要注意ですが…!

もちろん、くすのきアロマディッシュでも問題なく使うことが出来ますよ。

4 COMMENTS

keshizumi

コメントありがとうございます!
アロマディッシュ、いいですよねー。
参考になったようでなによりです。

ようすけ

アロマディフューザーのユーザーですが水で湿ったり音がうるさかったりしたことないです 安物なんですけどね
おそらくよろしくない個体を引いたのかと
ご愁傷さまです

返信する
Kessy

コメントありがとうございます。

そうなんですね!
良いアロマディフューザーに出会えたようでなによりです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください