XIM APEX用にキーボードを買うなら「左手専用キーボード」がおすすめです

XIM APEXを買ったんだけど、今使ってるしょぼいキーボードだとプレイしづらい…

そもそもパッド民だったからキーボードなんて持ってねぇ…

ゲーミングキーボード欲しいけど、なんかどれもこれもデカくね?

 

そんな人には是非読んでいただきたい記事です。

この記事を書いているぼくは、PS3のCODBO1の時代から約8年ほどマウスコンバーターを使っており、割とマウサー事情には詳しいです。

 

最近はゲーミングキーボードの値段が高騰しており、軒並み1万円超え…

しかもいろんな機能がついていて、筐体の大型化も凄まじいですよねw

それはそれで良いと思うのですが、あの手って、ひろ〜い机を使っている海外のゲーマー基準の商品に思えるんですよね。

▲こんなのとか…「ほしいけど、こんなでっかいキーボード置く場所ねぇ!」って思ってる方も結構いるのではないでしょうか?

 

そこでぼくがおすすめしたいのは「左手専用キーボード」です。

FPSでよく使うキーの部分だけを商品にした、小さいキーボードのことです。

XIM APEXに接続したキーボードは「操作専用」で文字入力には使えませんので、キーボードの右側部分って全く必要ないんですよねw

今回はそんな「左手専用キーボード」のおすすめ機種をいくつか紹介します。

XIM APEXのためにキーボードを買おうと思っている方」の参考になるかと思います。

3分程度でサクッと読み終わるように書いていきます!

XIM APEXに「左手専用キーボード」がおすすめな理由

おすすめっていうか、必要十分だから

そもそも、XIM APEXに接続した時点で、そのキーボードはコントローラーの操作を互換する「操作専用」としてしか使えませんから、PS4でメッセージに返信したりする「文字入力用キーボード」として使うことは出来ません。

なので、WASD、Shift、Ctrl、スペース…など、ゲームを操作するのに押すキー以外は実質全く押す機会がないのですよね。

なので左手で押すキーさえあれば、必要にして十分なのです。

マウスの可動範囲が圧倒的に広がる

これがぼく的には一番大きなメリットです。

昔はマウスコンバーターの性能が微妙で、ローセンシでマウスをぶん回してもうまく反応してくれなかったので、実質「マウスコンバーター=ハイセンシ専用」みたいなところがありました。

しかし今のXIM APEXは昔のXIM3とかに比べると比べ物にならないほど高性能化しており、ローセンシでマウスをぶん回すプレイスタイルも余裕で受け入れてくれます。

そうなると今度は「机が狭い」問題が浮上してくるわけでして…

その点、左手専用キーボードは普通のキーボードの半分くらいのスペースしか取らないので、圧倒的にマウスをぶん回せるんですよね。

▲こんな感じで、めちゃめちゃマウスの可動範囲を広く確保できます。

こんだけあれば、足りないという人はいないでしょうw

XIM APEXに最適な「左手専用キーボード」のおすすめ機種

Koolertron 片手メカニカルキーボード

これあんまり有名じゃないんですけど、控えめに言って神キーボードです。

本当に「左手で押す部分だけのキーボード」って感じで、余計なこと何もしてないっていうのが逆に良いんです。

しかもCherry軸を茶軸赤軸青軸、黒軸の4種類から選べるんですよ…

しかもしかも「Cherry軸はちょっと高いな…」っていう人のためにGateron軸という廉価版も選べるという…

なんていうか、これ系の商品を買おうとしてる人の心理を完全に分かってるという感じがします。

ぼくにはまじでドンピシャなキーボードでした!

余計な機能はいらないからとにかく左手に特化したキーボードがほしい」という方におすすめです。

XIM APEXにも問題なく使えます。

現状最高の左手デバイスはこれ【Koolertron片手メカニカルキーボードのレビュー】

Razer Tartarus V2

そうは言ってももうちょいメカメカしい方が好き、という方にはこのTartarusがおすすめです。

この手の商品にしては1万円を切った良心的な価格で、なおかつ左手用ホイールジョイスティックといったゲームに特化した機能も有しております。

XIM APEXだと、武器チェンジや十字キーの操作などはどうしても数字の1234キーとかに割り当てざるを得ないので、WASDキーから指を離すことになります。

その点こういう親指キーが充実したキーボードだと、移動キーから指を離すことなく色々な操作が出来るので、刻一刻と状況が変わる戦場で無防備になる瞬間を限りなくゼロにできますね。

メカメンブレンという独自のキーを採用していて、コスパと打鍵感をなんとか両立しようというRazerの努力が伝わってきますねw

ゲームに特化した高機能キーボードが欲しい」という方におすすめですね!

FELiCON 片手キーボード K109

いやいや、たけーよ!」という方にはこちらがおすすめです。

記事執筆時点で税込み3000円を切っており、試しに買ってみるのに最適な価格帯かなーと思います。

逆にこれ以上安い製品だと品質的に難ありになってくると思いますので、最低でもこのくらいかな、と思います。

この値段でもちゃんとメカニカルキーボードでして、青軸を採用しているみたいです。

青軸はかなり打鍵音は大きい部類ですが、押し心地は気持ちいいんですよ…。

また、この製品は左端に自由割当可能なマクロキーを搭載しており、使い方によってはかなり便利かなと思います。

まずは安い製品で使い心地を試してみたい」という方におすすめです。

まとめ:左手専用キーボードはニッチ商品だが、いいモノも出揃ってきた!

最近は左手専用キーボードの素晴らしさがやっと世の中に認知されてきたのか、かなり色々な商品が出揃ってきましたね!

その中でもXIM APEXにおいておすすめできるな、と思ったものを3つピックアップしてみました。

XIM APEX用にキーボードを買おうと思っている」という方の参考になれば幸いです。

今回紹介した左手専用キーボード一覧

では今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥6,797 (2018/12/13 22:48:43時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください