スマホの写真を、何の道具も使わず今すぐPCに転送する方法!

スマホで撮った写真を今すぐPCに移したいんだけど、USBケーブルもUSBメモリもない…。

ていうか、ケーブルでつなぐのめんどくさい…。

そういうときに便利なのはクラウドストレージですよね!

GoogleフォトDropboxなどのクラウドストレージを使っていれば、何もしなくてもそのうち同期されて写真がクラウドにアップされます。

でも今すぐに写真を送りたいんだって時には、もっと手っ取り早く能動的に転送したくないですか?

そういう時にぼくが使っているSend Anywhereというアプリを紹介します。

ファイル送受信アプリ「Send Anywhere」が便利すぎる

Send Anywhereとは

公式サイト:https://send-anywhere.com/ja/

Send Anywhere(センドエニウェア)は、韓国ソウルに基盤を置くスタートアップ企業「Estmob」が運営するファイル転送サービスです。

いろんなデバイス間のファイル転送は、なぜこんなに不便なのか!」と開発者が思ったところからスタートしたみたいですね。

ちなみにEstmobは、あの有名なファイル圧縮ソフト「ALZip」の開発者や、GoogleやLGといったイケイケ企業出身者で構成された超絶イケイケなスタートアップですw

デバイス間のファイル転送を超簡単にするアプリ

スマホからPCへ写真を送る方法って、結構めんどくさくないですか?

  • USBケーブルでつなぐ…手間がかかる。そもそもUSBケーブルが無いとできない。
  • クラウドストレージを使う…「さっき撮った100枚のうち、10枚だけ転送」みたいな場面だと、超めんどくさい!

こんなにITが進化した時代でも、ファイル転送ってなんか不便なんですよねぇ。

そこに目を付けたのがSend Anywhereで、これを使うとめっちゃスピーディーで簡単にファイルが転送できるんですよ!

どのくらい簡単なのかサクッと解説しますね。

Send Anywhereの使い方

使い方はめちゃくちゃ簡単です!

まずはアプリをダウンロードしましょう。

公式サイト:https://send-anywhere.com/ja/

AppStore、Google Play Storeで「Sendanywhere」「センドエニウェア」などと検索しても出てくると思いますよ!

あ、ちなみに無料ですのでご安心を。

アプリを開くとこんな感じ

▲まずアプリを開くとこんな感じです。

ご覧の通り写真以外のファイルも送れるんですが、今回は写真の転送を例に解説しますね!

表示を写真だけに絞り込むには上のほうにある「最近 写真 動画 音声…」という部分で写真を選択します。

①転送したい写真を選択

▲まずは転送したい画像をタップ!

②送信ボタンをタップ

▲すると送信ボタンが現れますので、すかさずタップ!!

③数字が出てくるので控える

▲すると6桁の数字とQRコードが出てきます。あとはこれを受信側のデバイスで入力するだけです!!!

④番号を入力してダウンロードする

▲数字を入力して受信をクリックするとダウンロード開始!はいおしまい。

基本的な使い方は以上です!

何の道具も使わない!

どうですか。超早いでしょう。

もうね、隣の人がカバンからUSBケーブルを取り出して端子口に挿して、パソコンからフォルダを開いて…なんてやってる間にこっちは転送完了してますよw

そしてなんといってもぼくが一番気に入ってる点は「何の道具も必要ない」という点です!

カフェでも、電車の中でも、どこでもできます。

たとえWi-Fi環境下でなくても、4G電波さえあればいつでもどこでもできるんですよ!

これが本当にヤバイ。イノベーションです…。

スマホ→スマホ、PC→PCも当然OK!

今回はスマホからPCに送る方法を解説しましたが、スマホからスマホPCからPCなどどんなデバイス間でも可能です!

メインPCとサブPC間のファイル共有なんかはクラウドストレージのほうが便利でしょうけど、今すぐに送りたいんだ!って時にはSend Anywhereを使いたい場面もたまーにあるんじゃないでしょうか?

知ってると知らないのとじゃ作業効率が全然違いますね…。

ヘヴィーユーザー向けの便利機能もいろいろ

基本的な使い方は説明した通り超シンプルなんですが、もっとヘヴィーに使いたい人向けの便利機能もいろいろあります。

  • 転送履歴から一瞬で再送信できる。
  • URLを生成して、複数人に転送することもできる。
  • いつも使うデバイスを登録しておくと、番号入力を省略してもっと簡単に転送できる。

とまあこんな感じでかゆいところに手が届くようになっています。

アプリのUIも非常にわかりやすいので、ここらへんの機能が必要な人は使ってるうちに自然とやり方は分かると思います!

まとめ:Send Anywhereは「今すぐに」ファイルを転送したい場合の救世主!

参考になりましたでしょうか?

ぼくはもうUSBケーブルが手元にあってもSend Anywhereで転送していますね~。

そのほうが圧倒的に楽ですからw

ぼくはブログを書くので、特にレビュー記事なんかは写真を撮りながら文章をガシガシ書いて、「この角度の画も欲しいなぁー」とかやりながら書き進めていくので、リアルタイムでPCに転送できるSend Anywhereのスピーディーさは本当にありがたいですね!!

今すぐに写真を転送したいんだよぉ…!とモヤモヤしているお友達がいたら、是非おすすめしてあげてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください