マウサーのデメリットをマウサーが解説します【安易に手を出すな…】

こんにちは、keshizumiです。

8年くらいプレステのCODでマウスコンバーターを使っているマウサーです。

PS3の頃からマウサーっているんですよ。

 

プレステでマウスを使うと、もともとPCでFPSをやっていた人なら超お手軽に強くなれるので、一度使ったらもうやめられまへん…。

パッドでFPSやっている人をバカにしつつ、ボッコボコに狩る事が容易です。

そんなぼくはかつて「マウサーがうざいって?じゃあお前も使えばいいだろwww」という感じの考えだったのですが、最近は打って変わって「安易に手を出さないほうがいいかもな」という考えに変わりました。

 

8年目にして、ようやくマウサーのデメリットというものを意識し始めました…。

今日はそんな「マウサーのデメリット」「マウサーになって後悔した理由」について書きます。

3分程度で読めるかと思いますので、もし「マウサー強い…悔しい…俺もマウサーに…」という考えの方がいたら、まずは読んでみてほしいです。

マウサーのデメリット

マウス前提でしかゲームを楽しめなくなる

最近だと「レッドデッドリデンプション2」とかですが、マウスよりもパッドを使ったほうが明らかにやりやすいゲームってあるんです。

そういったゲームを、「マウスが使いにくいから」という理由で楽しめなくなりました。

ぼくは以前スプラトゥーンをやりたくてSwitchも買いましたが、「これマウス使ったらもっと楽しいよな」と開始10分で思ってしまい、そこまで楽しめませんでした。

ゲームをより楽しみたくてマウサーになったはずなのに、結果的にゲームを楽しめなくなりました。

友達の家でゲームをするとクソ雑魚い

家ではマウスを使ってプレイしているので、もし友達の家でコントローラーでプレイしなければいけないシチュエーションになったとき、「あれ?お前どした?」みたいな空気になります。

わりいwwやっぱ家じゃないと調子でねーわーw」みたいな苦しい言い訳を毎回するのは結構面倒です。

PCでの本来のマウス操作が下手になる

現在マウサーとして活動しているのは、もともとPCでFPSをプレイしていた人がほとんどだと思います。

PCでの自分のFPSの腕前と、パッドを使った時のギャップに苦しみマウスに手を出すと思うのですが、マウスコンバーターを通したエイミングをずーっとしていると、今度は逆にPCでマウスを使った時の感覚がおかしくなってきます。

8年間マウサーをしているぼくは、結果的にPCでのエイム力がかなり落ちました…。

どんどんエイムアシストが強くなるので、ぶっちゃけ言うほど強くない

昔のCODはエイムアシストがかなり弱く、パッド民のエイム力も今ほどレベル高くなかったので、マウスがかなり有利でした。

特に初期のCODMW1なんてパッド向けの補正がほとんど入っておらず、できの悪いマウスコンバーターをつなげただけでほぼPCと同じ感覚でエイム出来ましたね…。

しかしBO3あたりから殆どオートエイムに近いようなエイムアシストが付くようになり、パッドのプレイヤーに撃ち負ける事が多くなりました。

この流れで行くと、BO5くらいにはパッドの方が有利になっている可能性もあります。

そうなった時に「じゃあパッド使うか」と柔軟に切り替えられるマウサーがどれほどいるでしょうか…。

マウサーになって一番後悔したこと

ゲーム内フレンドが離れていった

マウスコンバータっていわばチートツールみたいなものだし、自分のフレンドがもし使い始めたら距離を置くという気持ちは、使っている張本人のぼくですら分かります。

でも実際にフレンドに距離を置かれると結構悲しいですw

今となってはマウサー仲間みたいな人も多少いますが、仮にリアルの友達と一緒にゲームをしていて自分だけマウサーになった場合、リアルの人間関係にも影響するかと思います。

たかがゲームを有利にプレイしたいがために大切な人間関係を犠牲にするのは、浅はかですね…。

まとめ:ぶっちゃけデメリットも多い

パッドで正当にプレイしていて、「マウサーうぜぇなぁ俺もマウス使おうかなぁ」と思っている方に届けば幸いです。

マウサーは一見有利なように見えて、実はわりとデメリットもはらんでいます。

もしマウサーにやられて悔しかったら「こいつはもう正当にゲームを楽しめない可哀想なやつなんだ」と思うと溜飲が下がるのではないでしょうか。

マウスに手を出そうと思っている方。真の意味でゲームが好きなら、よくよく考えてくださいね…。

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください