【XIM APEX】マウサーだとバレる瞬間…【バレにくくする方法あり】

どうもマウサーです。

以前マウサーだとバレた瞬間に、一緒にプレイしてたフレンドから軽蔑された経験がありますw

逆の立場だったら当然だなと思っていても、寂しかったです…。

 

ということで、今回は「なぜマウサーだとバレてしまうのか?」というテーマについて考えていきます。

マウサーだと、フレンドにバレたくない。」という人は参考にするといいかもです。

ちなみにぼくはCODプレイヤーなので、CODならではの内容が含まれてしまうことはご容赦ください。

なぜマウサーだとバレてしまうのか?

理由:分かる人からすると、キルカメを2秒見れば分かる

ぼくの場合は自分でも8年くらいマウサーをしておりますので、相手がマウサーだった場合も一瞬で気づくことが出来ます。

理由は簡単で、マウサーならではの「独特の動き」というものがあり、それを知っているだけです。

キルカメを2秒見れば「あっこいつマウサーか」と判別することが出来ます。

このあたりについては以下の記事で「マウサーの判別方法」を書いていますので、参考にしてみてください。

【CS版CODBO4】マウサーの見分け方をマウサー歴8年が解説します

この記事では、マウサーの判別方法とはちょっと違って、「フレンドにマウサーだとバレる瞬間」について考えます。

敵にバレたって別にどうってことないんですが、仲良かったフレンドにマウサーだとバレてフレンドが去っていくという経験は悲しいですからね…w

フレンドにマウサーだとバレる瞬間2選

ボイスチャットにキーボード音・マウスのクリック音が入る

カチャカチャ…カチカチ…

これはもう、一発アウトですw

コントローラーのボタンを押す音とは明らかに違いますので。

ゲーム内の音質の悪いVCを使っていたらまだ言い訳出来るかもしれませんが、SkypeやDISCORDで高音質のVCをつないでいたら、アウトです…。

対策としては、静音キーボードを買う単一指向性マイクを買う、などですかね。

ゲーミングキーボードはどれもこれもメカニカルキーボードばかりでタイプ音はかなりうるさめなので、Realforceの静音モデルとかがいいかもです。

静電容量無接点方式のキーボードは、そーっと打てばかなり音量は小さいです。

 

あと、単一指向性マイクとは正面の音しか拾わないマイクの事で、お金持ってるゲーム配信者の方が良く使ってますね。

ボーカルマイクのような感じの形をしているやつです。

マイクに関しては、お金を出せば出すほど…っていう世界なので難しいのですが、この辺から始めるのがおすすめです。

リア友の家でプレイするとき異常に弱い

オンラインで遊んでいる分にはめっちゃ強いのに、リアルで友達の家に集まってプレイしたときに異常に弱い人っていませんか…?

FPSの場合だと、そういう人はマウサーの疑いありですねw

この問題の対策としては、パッドでのプレイも練習しておく、しかないです。

FPSゲームで強い人って、パッドだろうとマウスだろうと何を使っても強いです。

それはAIMが悪くても頭を使って立ち回りを工夫すればカバーできるからでして、AIM力がどうこうとか関係ない部分が熟練しているからですね。

単純に立ち回りを鍛えるという意味でも、マウサーがパッドを練習するのは非常におすすめです。

あえて弱い武器でプレイする・あえてしっくりこない感度でプレイする、といった自分にとって不利な状況でプレイすると、意識しなくても自然と立ち回りがうまくなりますよ!

マウサーだとバレないようにする方法は?

パッドっぽい動きを研究しておく

自分のプレイ動画をシアターなどで見返し、パッドのプレイヤーとの違いを研究しましょう。

ぼくが自分のプレイを見ていて気付いた点としてはこんな感じです。

  • 振り向きだけが異常に速い。
  • ジャンプ中の視点移動が的確すぎる。
  • △2回押しのリロキャンとジャンプと視点移動を同時に…みたいなパッドができない動きをしてる。

これらを意識的にしないようにしたところ、パッド感を演出できるようになってきました。

こういう動きがマウサーっぽいんだ」と自分で理解しておくと何かと役に立つので、研究しとくのはおすすめです。

何かと理由を付けてVCをしない

野良で目立つほどの強プレイをしてると、知らない人からも「PT組もうよ」とお誘いを受けることも多いです。

その際にも、「マイクがないんで」「壁が薄いんで」「家族が寝てるんで」と、何かと理由を付けてVCをしないようにするといいです。

そうすればそもそもキーボード音が拾われてしまうこともないので、マウサーだとバレません。

パッドでもそこそこ戦える実力を付けておく

パッドで勝てないからマウサーになった」という方にはちょっと大変かもですが、パッドでも野良ロビーでたまに1位になれるくらいの実力があるといいと思います。

パッドでうまくAIM出来ない人のためのコツとしては、「180度振り向きを捨てて、思い切って低感度にする」というのがおすすめです。

これだと咄嗟に振り向けないので立ち回りに気を配る、音をちゃんと聞く、などAIM以外の感覚をビンビンに働かせる必要があり、立ち回りの練習にもなります。

低感度で勝てるようになってきたら、徐々に感度を上げて瞬発的な動きにも対応できるようにしていくといい感じに成長を感じられると思います。

あとは、パッドのスティックにAIM補助用のアタッチメントを付けるのもおすすめです。

最近だとそこら辺の家電屋さんでも売ってますので、数百円で買えると思います。

豆知識ですが、スティック用アタッチメントの元祖はこの「FPS FREEK」という商品ですね。

コントロールフリーク(KontrolFreek)
¥1,100 (2018/12/14 04:43:46時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:マウサーはコソコソするのもマナーだと思う

パッドよりも有利なデバイスでプレイしている以上、「俺つえーだろ?オラオラオラ!」といった感じでマウサー感バリバリのプレイをしていると、周りのプレイヤーは興ざめしてしまいます。

気づけば誰も対戦してくれなくなった…という状況にもなりかねません。

なのでグレーなデバイスを使用している者として、目立ちすぎないようにプレイするのがマナーかなとぼくは思ってます。

(そんなこと気にするならそもそもマウサーやめろ、という話ですがw)

 

XIMは一応グレーゾーンであって違反ではないので使っていいのですが、周りが興ざめしないためにも、マウサー感をうまく隠せる方法を身に着けておくと何かと便利です。

平和的なマウサーの方は、是非参考にしてみてください。

では、今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください