価格コムで人気の144hzモニターのデメリット【モニターオタクが解説】

144hzモニター 価格

144hzモニターが欲しくて価格コムを見てたんだが、本当にこの機種でいいのかな?

ステマ情報がまぎれていないか心配…。

売り文句はいらないので、デメリットをズバッと教えて欲しい。

という方のための記事です。

この記事は「価格コムを参考にして144hzモニターを買おうとしている方」のために、価格コムで上位表示されている144hzモニターの人気機種について、「こういうデメリットがあるから気をつけてねー」「ここがイマイチだから注意してねー」みたいな情報を共有するのが目的です。

なお、この記事を書いているぼくは、2018年だけでも「60hzモニター4枚→4Kモニター2枚→144hzモニター1枚→240hzモニター1枚」とモニター環境を次々と変えるほどにはモニターオタクです…。
なので普通の人よりはモニターに詳しいと思います。
144hzモニターを購入しようとしている方の参考になれば幸いです。
3分もあれば読み終わるかと思います。

価格コムの144hzモニターランキング上位3機種はこれ

記事執筆時点(2018年12月31日)で人気の144hzモニターは、以下の3つですね。
価格コム内で「144hz モニター」と検索して、人気順に並べ替えて表示された機種を上から3つ選定しました。

MSI OPTIX G24C

このモニターの特徴

  • 湾曲
  • VAパネル
  • FreeSync対応
  • VESAマウント穴なし

BENQ ZOWIE XL2411P

このモニターの特徴

  • モニタースタンドが秀逸(縦モニター可能・高さ調節可能)
  • Black eQualizer(暗所の視認性を向上)
  • Color Vibrance(似たような色をクッキリ描き分ける)

I-O DATA KH2450V-ZX

I-O DATA KH2450V-ZX 最大144Hz対応 24型ワイドゲーミング液晶ディスプレイ「GigaCrysta」

¥24,516 (2019/01/23 12:54:29時点 楽天市場調べ-詳細)

このモニターの特徴

  • 安い

上記の3機種について、モニターオタク的な視点から見た「デメリット」を解説していきます。
購入するな!と言いたいわけではなく、「いいモニターなんだけど、ここに注意してね」という注意喚起というスタンスで書いていますので、製品をディスっているわけではないという点だけご承知おきくださいねw

MSI OPTIX G24Cのデメリット

モニターアームを取り付けることが出来ない

3万円以下でVAパネル湾曲ディスプレイというコスパ最強なモニターなのですが、「モニターアームを付けられない」という弱点があります。
VAパネルなので視野角もTNパネルより広く、かつ湾曲ディスプレイなので多モニター環境にも向いているのに、モニターアームを付けられないってめちゃくちゃ惜しいですね…w

このモニターでトリプルモニター環境を構築する場合は、モニターを3つ置ける広い机が必要になってしまいますね。

ゲーム向けの色補正機能が付いてない

BENQの「Black eQualizer」に代表されるゲームの暗い場面の視認性を向上させるような機能は一切ついていません。
薄暗いゲームをよくプレイする人は、ゲーム向け色補正機能が付いている機種のほうがいいかもしれないです。

とはいえ視認性向上って、言い換えれば「無理やり明るく表示させて雰囲気をぶち壊す機能」とも言えるので、勝つことよりもゲームの世界観重視・雰囲気重視の人には全く必要ない機能ですがw

BENQ ZOWIE XL2411Pのデメリット

スピーカーが付いてない

これはデメリットというほどではないですが、しょぼい内蔵スピーカーすらも付いていません。

別に無くても困らない人のほうが大半だと思いますが、ぼくは何気にモニター内臓スピーカーを使っていましたw
ぼくは基本的にヘッドホン民なのでデスクに別途スピーカーを置いておらず、真剣に見るつもりのないyoutube動画を流し見するときなどにはモニター内臓スピーカーから音を出していますね。

まぁ簡易的なスピーカーを買えばいいだけなんですけど、デスクの上になるべくモノを増やしたくないという人は、注意が必要ですね。

I-O DATA KH2450V-ZXのデメリット

I-O DATA KH2450V-ZX 最大144Hz対応 24型ワイドゲーミング液晶ディスプレイ「GigaCrysta」

¥24,516 (2019/01/23 12:54:29時点 楽天市場調べ-詳細)

応答速度1msのわりには残像感が強いとの意見あり

ぼくはこのモニターを実際に購入したことがないのでネット上のレビューからの情報になりますが、残像が気になるというレビューが多いですね…。
まぁIODATAのモニターをわざわざ選んで買うという人は聞いたことがないので、恐らくほとんどは競合製品より値段が安いからという理由で買うんだと思いますが、安いのにはワケがあるっていうことですね。

ちなみに残像感っていうのは、ゲーム中よりもむしろブラウジング中などのほうが気になります。
ページをスクロールする際に文字の残像がボヤァっと残りながらスクロールするので気持ち悪いですw

なのでこのモニターをゲーム専用として使うなら、そこまで気にならないかもしれません。

まとめ:価格コムのランキングでおすすめされるモニター、普通にいい

という感じで、特に致命的な欠陥もない普通に良質なモニターがちゃんと上位表示されているみたいです。
数か月ごとにモニターを買ってるぼくからしても、普通におすすめできるモニターでした。
細かいデメリットはありますが、使い方によっては全く気にならないようなものばかりですね。

上記はモニターオタクのぼくが、あくまで使ったことのない製品についてモニターの公式サイト情報やレビュー情報から考察した意見なので「モニターに詳しそうな友達に相談したら、こう言われた」程度のノリで捉えて頂けると幸いでございます…w

なお、ぼくがおすすめする144hzモニターについては、【ヌルヌル】144hz以上出るゲーミングモニターのおすすめランキングで解説していますので、そちらも参考にしていただければ幸いです。

では、今回は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

記事内で紹介したモニターリスト

  • MSI OPTIX G24C ※湾曲VAパネルでコスパ最強だが、アームが付けられない。
  • BENQ ZOWIE XL2411P ※内蔵スピーカーがないので、オーディオ機器がないと一切音が出ない。
  • I-O DATA KH2450V-ZX ※わざわざ選ぶ機種ではないが、価格は非常に安い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください